強い不安や夜眠れないなどのうつ病の代表的な症状

強い不安や夜眠れないなどのうつ病の代表的な症状

Thumb?1414295452 muah♪さん

793

最近眠れない日が続いていませんか?あまりにひどいようでしたら、うつ病の可能性も。


  • 眠れない原因はうつ病かもしれません

  • 眠れない原因はうつ病かもしれません
  • 最近何もやる気が起きない、以前のように食欲がない、気持が沈んでいつも気分がすぐれない状態が続いている。こんな症状が何か月も続いているようなら、もしかしたらうつ病になっているのかもしれません。

    かつてこの病は病気ではなく気の持ちようだと言われた時期がありましたが、この病は誰もがかかる可能性のあるれっきとした病気です。症状は心だけではなく体にもさまざまな形で現れます。その症状の程度は軽度の落ち込みといったものから、自殺を考えてしまうような重篤なものまであり、その原因についてはまだはっきりとわかってはいません。病気にかかっている本人のつらい気持ちを正確言葉で表現するのはとても難しいのですが、悲しくて苦しくて涙がこぼれ落ちそうになり、胸が締め付けられるように感じるといった状態が何日も、あるいは何か月も続いているようなものという表現をされることもあります。

    以前は内因性の病と心因性の病あるいは神経性の病とに分類されていましたが、それぞれの原因がはっきりしないことや内因性の人でも発症するきっかけとなる心因性の原因があることが多いため、症状の形で分類されるようになりました。
  • うつ病の代表的な症状

  • うつ病の代表的な症状
  • まず最も顕著な症状が憂鬱な気分になることです。気分が晴れず、何もやる気が出ないと思い悩み、さらにこうした症状は午前中ほどひどく、午後から夕方に掛けては改善してくることがよくあります。イライラ感が強くなって怒りっぽくなることもあって、それが性格の問題だと間違われてしまうことで、うつ病であることを見逃してしまうこともあるため注意が必要です。

    興味や喜びの喪失も代表的な症状です。それまで楽しんでできていた趣味や活動にあまり興味を感じられなくなった状態です。何をしても楽しさを感じられないし、そもそも何かをしようという気持ちさえ起きなくなります。友人と会って話すといったことを避けたり、運動が好きだったのに熱中できなくなり、テレビや映画を見ても全く面白く感じなくなり、性的な関心や欲求もひどく低下してきます。その結果何をやっても楽しく感じられなくなることで自分の世界に引きこもるようになってきて、その変化は周囲の人から見れば不思議に思えるほど顕著な場合が少なくありません。

    食欲の減退や逆に食欲が異常に増加することも特徴的な症状です。一般的にはうつ病にかかると食欲は低下しますが、それとは逆に食欲が高まることもあり特定の食べ物ばかりがほしくなることもあります。食欲が亡くなった人の場合には何を食べてもまるで砂をかんでいるようにしか感じられない、生きていくために食べなくてはならないと思うから、口の中に無理に押し込んでいるという人がいます。食欲が極端に減退することで、1か月で体重が5キロ前後も減少してしまうこともあります。

    そして睡眠障害も代表的な症状です。強い不安感を感じて眠れないという症状に悩まされる人が多いです。寝つきが悪くなるだけでなく、夜中に目が覚めるとそのあと眠れないようになったり、朝早く目が覚めてしまったり、あるいは悪夢にうなされるというのもよくある症状です。また、眠れない悩みとは逆に、夜の睡眠時間が極端に長くなってしまったり、日中でも寝てばかりいるといった過眠症状が現れることもあります。
  • 眠れない悩みの大敵、焦燥感

  • 強い不安と焦燥感を感じるのも特徴です。ほかの人から見てもすぐにわかるほどに体の動きが遅くなったり、外交的だった人が別人のように口数が少なくなったり、声が小さくなったりすることがよくあります。精神運動制止と言われる状態です。それとは逆にじっとしていられないほど強い焦燥感に襲われ、極端にイライラして落ち着きなく体を動かしたりするようになることもあります。強い焦燥感があるときには、この辛さをなんとかしなければ・・・と焦っていることで延々と話し続けたりするため、周りの人からは元気そうに見えてしまい、かえってうつ病だと気づきにくくなるので注意が必要です。

    そして疲れやすさと気力の減退を訴えるようになります。ほとんど体を動かしていないにもかかわらずひどく疲労感を感じたり、体が重く感じられたりするのも症状の一つです。気力が低下してしまい、何をするのもおっくうになり、髪をとかす、洋服を着るといった日常的なことさえひどく時間がかかるようになります。そんな症状でありながらも何とかしなくてはならないという思いから気持ちだけはひどく焦っているのに、それをするだけのエネルギーが、病気によってわいてこなくなるためです。
  • おわりに

  • おわりに
  • うつ病にかかると精神的に強い苦痛を体験します。そして、その程度にかかわらず、社会的な機能が低下してしまうことで、普段の生活にも支障が生じ、自殺の危険性も高くなります。
    この病は自覚しにくく、よほど重症化しない限り周りで見ていてもわかりにくい病気です。けれども治療すれば必ず良くなる病気なので、早めに見つけて適切な治療をすることが大切になります。
強い不安や夜眠れないなどのうつ病の代表的な症状
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事