眠れない夜や夢をよく見る人は夢日記をつけてみましょう

眠れない夜や夢をよく見る人は夢日記をつけてみましょう

Thumb?1414295452 muah♪さん

469

睡眠は人間にとって欠かすことの出来ない欲求です。どんな人でも毎日のように眠気が襲い、寝たい衝動にかられるのです。これは脳や体が休みたい、休息したいというサインであり、この欲求に従わなければいけません。睡眠欲求を無視した生活では次第に体のホルモンバランスなども乱れ、健康状態を維持するのが難しくなります。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 肌荒れや生理不順が見られたり、メンタルが落ち込みやすくなったり、日中も注意力や集中力が欠如していくのです。また睡眠は免疫などとも深い関連性があり、睡眠不足でいると抵抗力が落ちてウィルスや細菌に感染しやすく、風邪など病気がちな体質になってしまうのです。また慢性的な睡眠不足は最近では老化を促進するとも一説では言われているのです。午後10時から深夜3時にかけては若返りのゴールデンタイムとも言われており、この時間にしっかり睡眠をとることで若返りホルモンのサーチュイン遺伝子が大量に分泌され、全身にアンチエイジング効果を発揮すると言われているのです。そのためこの時間に寝ていないということは、サーチュイン遺伝子やホルモンの分泌を阻害することになり、老化を促進することになるのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • こうしたことを踏まえて、10時ごろから床に入り、しっかり寝ようと努めるものの眠れない夜が多く、睡眠不足に悩まされる人も多いのです。また眠れない夜が多いほか、少し寝たと思うが頻繁に夢ばかり見ているという人も少なくないのです。夢ばかり見たり、夢を頻繁に見る人は実は眠りが非常に浅く、脳がしっかり休まっていない証拠なのです。眠れない夜が多く、夢を頻繁に見る人は毎日見た夢を夢日記に記していくとよいのです。心理学者のフロイトによると夢は自分の願望や希望、未来や今抱えている悩みなどを映像化したものであると説いているのです。夢日記をつけていれば自分が本当はどう在りたいのか、何を欲望として抱えているのか、不安やストレスの根源は何なのかなどが顕著に見えてくるようになるのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 夢日記を毎日つけ、精神科医や心理学者、心理カウンセラーなどにその日記を見せることでストレスや悩みの根源が解明され、その解消方法などを見つけることができるのです。効果的にストレスや不安を払拭できるようになると、眠れない夜が少なくなり、床に就けばスムーズに入眠でき、夢を頻繁に長時間見ないようになるのです。深い眠り、浅い眠りのレム睡眠、ノンレム睡眠が波のように交互に見られるようになり、非常に良質な睡眠をとることができるようになるのです。

眠れない夜や夢をよく見る人は夢日記をつけてみましょう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事