短時間睡眠でも疲れがとれる眠り方のコツ

短時間睡眠でも疲れがとれる眠り方のコツ

Thumb?1414295452 muah♪さん

457

休日などで長時間寝ることができたのに疲れが残っていてすっきりしなかったり、寝すぎて疲れてしまったと感じるなど長い時間眠ることができたからといって必ずしも身体の調子がよくなるわけではありません。
逆に短時間睡眠しかできなかったのに妙に頭がすっきりとして調子がいいという経験がある人も多いのではないでしょうか。
長時間でも短時間睡眠でも大切なことは良質な睡眠をとることです。そうすれば目覚めも良くなり疲れもとれますので、毎日が快適な生活を送ることができるでしょう。
良質な睡眠をとるコツを知っていれば短時間睡眠でも十分に疲労回復をすることができるのです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 良質な睡眠をとるためには、眠るための準備と眠る時間が重要になります。
    まず眠るための準備ですが、寝る2時間くらい前にはパソコンやスマートフォンの画面から離れる必要があります。最近は多くの人が寝る間際までパソコンなどの画面を見ている事が多くなっていますが、この画面を見ているという行為が実は良質の睡眠をとる妨げになっているのです。画面からの光や操作するという動作が脳の交感神経を刺激してしまって一種の興奮状態を維持してしまいます。ですからリラックスをするためにも寝る前には画面を見ないという時間を作ることが必要なのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 次のお風呂は寝る1時間前に入りましょう。お風呂には身体をリラックスさせる効果があります。血管が拡張して血のめぐりがよくなります。血のめぐりがよくなれば睡眠も深くなるのです。またお風呂によって体温が上昇し、それが急激に落ちることによって睡眠を誘発してくれます。お風呂に入ってすぐに寝るのではなく、体温が落ちるのを待って寝るのがコツなのです。
    お風呂に入ることができない場合などは、血管が多く集まっている首元を温めるだけでも効果的です。同じように目元を温めるとリラックス効果があり、血のめぐりもよくなります。
    寝る時間に関しては90分の倍数の時間眠ることが良質の睡眠をとるコツです。
    人は浅い眠りと深い眠りを交互に繰り返しています。これがノンレム睡眠とレム睡眠なのですが、この周期が90分なのです。ですから90分の倍数である3時間や4時間半といった短時間睡眠でも疲れをとることができるのです。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 仕事や子育てなどで忙しい日本人は特に世界的に見ても平均睡眠時間が短いというデータがあります。
    それでも短時間睡眠でも疲労を回復することができるコツを知っていれば、寝つきや目覚めをよくすることもできますし疲れも十分とることができ快適な毎日を過ごすことも可能なのです。

短時間睡眠でも疲れがとれる眠り方のコツ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事