寝起きの頭痛と機嫌の対策

寝起きの頭痛と機嫌の対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

524

寝起きで頭痛が起こったり、不機嫌になってしまうことがあります。よく眠ったはずなのに、しっかりと睡眠時間はとっているのに朝から寝起きで頭痛がすると、とてもいやな気持になってしまいますし、機嫌も悪くなってしまいます。しっかりと眠ったはずなのに、どうして、寝起きで頭痛が起こったりするのでしょうか。それにはいろいろな理由があるのです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 寝起きで頭痛が起こってしまう時は、低血圧が理由になっていることがよくあります。低血圧の人は急に起きると、頭が痛くなってしまったり気持ちが悪くなってしまったりします。朝はとても不機嫌で、何を言われてもイライラする人もいますし、食欲もない人も多いです。いつも穏やかで温厚な人でも、別人のように朝は不機嫌になってしまうことがあるのです。あまりにひどすぎる場合は病院へ行って診察してもらった方がよいですが、起きることが出来る場合は、色々と工夫をするようにしましょう。まず、急に起きないようにします。起き上がる時、急に勢いよく起きると、頭が痛くなることが多いです。血が一気に動くためです。ゆっくりと起きるようにします。起きる前に、布団の中で伸びをします。その後、両手の指先をあわせて、ぎゅっと押し合うようにします。そうすることで、体が少しずつ目を覚ましていくのです。深呼吸を繰り返してから、ゆっくりと起き上がるようにします。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 寝起きに頭が痛い場合は、肩こりや首のこりが原因になっていることもあります。寒くて首をすくめて眠っていたり、枕があっていなかったりすると、肩や首が凝ってしまって、起きた時に頭が痛くなってしまうのです。そんな時は、部屋をあたためるか、首周りをおおって眠るようにしましょう。ネックウォーマーなどをつけるようにするとよいです。枕もとても大切なので、自分の体にあった枕を探すようにします。店で首の高さを測って、体にあった枕を用意してくれるところがあるので、そのようなところで探してみるようにしましょう。

  • 出典: www.tumblr.com

  • 朝、起きた時に頭が痛かったりすると、とても気分が悪くなってしまいます。低血圧が原因であったり、首や肩の凝りが原因であったりすることがあります。低血圧の場合はゆっくりと起きることが大切ですし、首や肩の凝りの場合は枕やネックウォーマーで対策をするようにします。ただ、頭痛は、他にも病気が隠れていることもありますので、あまりにも長く続く時は病院で診察を受けるようにしましょう。

寝起きの頭痛と機嫌の対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事