花粉症が原因の寝起きの頭痛

花粉症が原因の寝起きの頭痛

Thumb?1414295452 muah♪さん

968

寝起きに頭痛が起こってしまうことがよくありますが、これは花粉症が原因であることがとても多いです。花粉症の季節には朝、色々な症状が起こります。頭痛もその中のひとつです。花粉による症状は、くしゃみや鼻づまりなどが有名ですが、頭痛もよく起こるものです。頭全体が重く、鈍い痛みになることが多いです。花粉症が原因の寝起きに起こる頭痛を少しでも緩和するためには、しっかりと対策することが大切です。


  • 出典: instagram.com

  • 寝起きに症状が起こりやすくなる原因はいろいろとあります。寝ている間に花粉を吸ってしまっている上に、花粉は夜の間に下へと降りていきます。そのため、起きた時にたくさん吸ってしまうことになるのです。他には、自律神経のバランスが原因であるということもあります。自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動している時に活発になり、副交感神経は休んでいる時に活発になります。交感神経は活動の邪魔をする症状を抑えこむ働きがあるのですが、夜は副交感神経が活発な状態になっているので、起きた時は活動の邪魔をする花粉を抑え込むことが出来なくて、症状が出てしまうのです。
  • 出典: instagram.com

  • 症状への対策としては、まず、花粉を少しでも減らすことが大切です。空気清浄機を利用するというのも、一つの方法です。空気清浄機を目覚める少し前に起動させるようにすると、起きる時には花粉が減っていることになります。また、布団を外に干さないようにすることも大切です。外に干すと、花粉がたくさん布団についてしまいます。布団乾燥機を使うようにしましょう。布団乾燥機を持っていない場合は外に干すことになりますが、部屋の中に取り入れた後、掃除機をかけるようにします。
  • 出典: instagram.com

  • 他には、症状の軽減をするために、濡れタオルを使うようにする方法もあります。濡れたタオルをビニール袋にいれて枕元に用意しておき、起きた時に、すぐに鼻や口をおおうようにします。そのようにすると、花粉の侵入を防ぐことが出来るので、症状を緩和することが出来ます。また、体がしっかりと目覚めるまで、布団の中で待つようにする方法もよいです。副交感神経優位から交感神経優位になるまで待つ方法です。両手をあわせてこすりあわせたりして、体を目覚めさせてから、起き上がるようにします。
  • 花粉症が原因で寝起きに頭痛が起こってしまう場合は、色々と対策をすることで、少しでも症状を緩和することが出来ます。布団や部屋の環境を整えたり、濡れタオルを用意したり、体を目覚めさせたりする方法です。色々とありますので、行ってみるようにしましょう。

花粉症が原因の寝起きの頭痛
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事