寝過ぎで頭痛がするのはなぜ?

寝過ぎで頭痛がするのはなぜ?

Thumb?1414295452 muah♪さん

318

睡眠不足も体調不良の原因ですが、逆に睡眠をとりすぎてもかえって体調が悪くなってしまうことがあります。日頃の仕事が忙しく慢性的に睡眠不足の方は、休日に日頃の疲れを取ろうとして一日寝て過ごしたのに、起きてみると何故か頭が痛くて最悪の気分、という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
ここでは、寝過ぎによって頭痛が起こる原因と、その対処法をご紹介します。


  • 原因は「脳の緩みすぎ」

  • 原因は「脳の緩みすぎ」
  • 寝過ぎによる頭痛の原因は、脳の血管にあります。
    睡眠中は身体の様々な器官が活動を緩やかにしますが、脳も例外ではありません。眠っているときは脳の活動も緩やかになり、脳内の血管が弛緩して膨張します。寝過ぎると必要以上に血管が膨張し、脳の神経を圧迫、刺激してしまい、これが頭痛となって表れるのです。
  • ・対策その1「冷やす」

    寝過ぎによる頭痛の原因は、脳の血管の膨張にあることが分かりました。つまり、症状を早く抑えるためには、膨らみすぎた血管を収縮させるのが効果的なのです。
    頭を冷やすことは血管を収縮させるのに効果的で、冷たいタオルや氷枕、おでこに貼るタイプの冷却シートなどを使って頭を冷やしましょう。
    逆に、入浴などの頭を温める行為は血管の膨張を促進してしまうので逆効果です。頭痛が収まってから入浴するようにしましょう。また、頭を揉んだりしてマッサージをするのも血行を促進してしまうので、頭痛がするうちは控えましょう。

    ・対策その2「カフェインを摂取する」

    カフェインには血管を収縮させる効果があります。カフェインはコーヒーや緑茶、紅茶などに多く含まれているので、寝過ぎて頭が痛いと感じたら、濃いお茶やコーヒーを飲んでみましょう。ただし、あまり飲みすぎると今度は逆に眠れなくなってしまうので、飲み過ぎには注意してください。

    ・対策その3「放っておく」

    目が覚めれば、脳は再び活動を開始し、それに伴って緩んで膨張した血管も引き締まり、元の状態に戻ります。病気による頭痛ではないので、慌てずに治るときが来るのを待つのも一つの方法です。あまり心配せずにリラックスしていた方が精神的にも楽でいられるでしょう。
  • 質の良い睡眠を目指しましょう

  • 質の良い睡眠を目指しましょう
  • 寝過ぎが頭痛を引き起こすとは言え、普段睡眠時間があまり取れないので休日はたくさん寝たいという場合は、睡眠の時間よりも質を重視してみましょう。質の良い、深い眠りの熟睡ができれば、短時間でもすっきりと目覚めることができ、疲れも解消されているはずです。熟睡のためには定期的な運動やバランスの取れた食生活など、規則正しい生活習慣が大切です。眠りが浅いという方は、一度ご自身の生活リズムを見直してみると良いかもしれません。
寝過ぎで頭痛がするのはなぜ?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事