寝過ぎによる頭痛はリフレッシュで解決

寝過ぎによる頭痛はリフレッシュで解決

Thumb?1414295452 muah♪さん

492

睡眠不足が原因で頭痛に悩まされるようなことはよくありますが、逆に寝過ぎてしまったことで頭痛が起こる場合もあります。
疲れてしまった日は睡眠をたっぷりとることで体もしっかり休めることができますが、ついつい翌日もその翌日もダラダラと暇を持て余してしまい、寝過ぎてしまうということは良くあることです。
ですが寝過ぎてしまうと朝と夜の区別がしっかりつかず、脳がいつまでも寝た状態のままになってしまうこともあります。
朝、昼、夜の区別がしっかりつかなくなったことで体調も乱れ、頭痛を感じるようになってしまうので、寝過ぎで頭痛を感じるような時は生活リズムをきちんと正すことに集中しましょう。
夜決まった時間に寝て、朝も決まった時間に起きるという早寝早起きの生活習慣に戻すことが大事です。


  • そして、寝過ぎで頭痛がする時は脳をしっかり起こすことも大切です。
    目覚めの苦いコーヒーを飲むなどもいいですが、外の風に当たることも大切です。
    外の空気に触れることで脳も冴えますし、気分的にもリフレッシュできるでしょう。
    また、寝過ぎの時は睡眠時間は十分足りているのに、まだまだ眠い、といったこともあります。
    そういった時はちゃんとした就寝時間までは頑張って眠りを我慢し、とことん眠くなってから適切な睡眠時間を取るようにする、ということもいい方法です。
    そして、寝過ぎで頭痛を感じる時は運動不足であることも多いので、運動でリフレッシュして頭痛を解決するということもいいでしょう。
    体を動かしている時というのは頭痛が気にならなくなるということも多いので、運動で気分転換するのも最適です。
    激しい運動でなくても、自宅でのストレッチでも気分は快適になります。
    体の筋肉をほぐして、頭痛の原因を防ぎましょう。

  • 寝過ぎの時というのはまず脳をシャキッとさせることが大事なので、脳に刺激を与えることがいいです。
    あまりに痛くて行動する気になれないような時も、ダラダラと過ごすようなことはやめましょう。
    家の中にずっといるような時も、外の空気を入れるだけでも脳の目覚めには効果的なので、窓を開けて空気の入れ替え程度は行うといいでしょう。
    また、寝過ぎにならないように普段から自分のスケジュール管理をきちんとしておくといいです。
    何もない日は家でゴロゴロするのもいいですが、何もすることがないと寝過ぎにもつながります。
    オンとオフの使い分けをうまく管理できるようになれば、寝不足防止にもなっていいでしょう。

寝過ぎによる頭痛はリフレッシュで解決
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事