寝相が悪いことと快眠の関係を知る

寝相が悪いことと快眠の関係を知る

Thumb?1414295452 muah♪さん

465

毎日快眠を得ているという人もあれば、あまり眠れずに悩まれている人も少なくありません。
よく眠れ日は疲れがしっかり取れ、頭もすっきりしますが、逆に良い睡眠が得られない場合は疲れが残ってしまったり、頭がぼんやりしてしまうこともあります。さらに睡眠不足は肌にも影響が出やすいので、睡眠不足はしっかり改善していきたいところです。
まずは、どうして眠れないのかその眠れない原因についても考えてみましょう。


  • 寝相と睡眠の関係を調べる

  • 寝相と睡眠の関係を調べる
  • 出典: www.tumblr.com

  • 快眠を得るためには寝相についても注目したいところです。人により寝相には個人差があり、あまり動かずにきれいに寝ている人もあれば、かなり動きまわって、布団を蹴飛ばしたりするなど寝相が悪い人もあります。
    多少寝相が悪い場合も、よく眠れているのであれば、それほど問題はないと言えますが、寝ているときの姿勢の乱れが睡眠を妨げてしまっている場合は、やはり改善を考えてみましょう。
    寝相が悪くなってしまう原因は人それぞれ違いがあり、精神的なストレスが原因している場合もありますし、何らかの疾患が原因している場合もあります。
    さらに合わない寝具が睡眠を妨げてしまっている場合もあるものです。
    よく眠れない日が続くことは健康に良いとは言えませんし不自然な姿で寝ていることは背中や肩、首などに負担がかかってしまうことにつながります。
  • 寝具の改善も考える

  • 寝具の改善も考える

    出典: www.tumblr.com

  • 快眠を得るためには寝相を改善していくことも考えていきたいところです。寝室の環境についても見直してみましょう。
    まず、部屋が明るすぎる、暗すぎるなども寝相に影響が出る場合もありますので眠りやすい明るさを選びましょう。、部屋の室温が高すぎるなども悪い寝相につながりますので、快適な温度に調整してみましょう。
    さらに寝具についても見直してみましょう。まず掛け布団が重すぎると、無意識に布団を蹴飛ばし足り、布団の中から出ようとしますので、悪い寝相につながります。布団の重さが負担となっている場合はより軽くて保温性の高いものに変えてみるのも良いでしょう。
    さらにマットレスの固さも柔らかすぎても体が沈んでしまい、寝返りも打ちづらくなりますし、逆に固すぎても背中の痛みにつながってしまう場合があります。
    そして枕の高さや固さも大事です。合わない枕を使っている場合は首にも負担がかかりますので見直してみましょう。
    シーツや枕カバーも清潔に保っておくとより気持ちよく眠ることが出来ますので、洗濯や交換もまめに行なっておきたいところです。

寝相が悪いことと快眠の関係を知る
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事