綺麗な肌にする方法とニキビを隠す方法

綺麗な肌にする方法とニキビを隠す方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

190

ニキビを隠すには、やはりメイクで目立たなくする方法をまずとりましょう。ファンデーションやコンシーラーなどベースメイクの方法を変えることでニキビを隠すことができます。そして、ニキビを治し、肌トラブルを防ぐためのケアやマッサージもしっかりおこなっていきましょう。ニキビを隠す具体的なメイク方法とスキンケア方法をご紹介します。

  • 肌トラブルを防ぐスキンケア

  • 肌トラブルを防ぐスキンケア
  • ニキビを隠すメイクをする方法の前には肌のケアをして、土台になる素肌のコンディションを整えます。

    顔の印象を左右するのはメイクだけでなく、肌のコンディションです。紫外線や乾燥で潤いを失っている肌のままではどんなメイクでニキビを隠したとしても、肌が映えなくなります。特別なケアでなはく、毎日のスキンケアを丁寧に行えば、潤いに満ちた肌が手に入ります。

    またストレスや疲れをそのままにしているとニキビの原因になるので、マッサージをして肌をリセットするようにします。

    ニキビを隠す方法で大切なのが、毎日のベーシックケアです。
    メイクの持ちが良くなったり、ニキビを綺麗に隠すことが出来ます。またニキビが出来にくい肌を作ることが出来るので、ベーシックケアで事前にトラブルを防ぐことが出来ます。

    洗顔やクレンジングの後の化粧水は肌の表面にある角質に水分を与えて、肌のきめを整えます。水分を与えることで美容液の浸透が良くなり、しっかり肌に栄養を与えることが出来ます。コットンがひたひたになるくらいに染み込ませて、優しく滑らすように馴染ませます。美容液は広い面から押さえるように馴染ませて、乾燥しやすい口元や目尻は重ね塗りをします。
  • マッサージで綺麗な肌にする方法

  • 肌をリセットするためのマッサージはニキビの原因にもなる老廃物の排出を促したり、リンパの流れを改善します。

    肌がリセットされるので、メイクの持ちが良くなります。老廃物はリンパの流れによって、耳の後ろや鎖骨にあるリンパ節に流されてろ過されます。リンパの流れが悪くなってしまい吹き出物や肌トラブルが起きてしまった場合はニキビを隠す前にマッサージを行って、リンパの流れを改善させます。

    ポイントマッサージは目の下を優しく叩くようにして、目元の血行を改善させます。耳たぶは軽くつまみようにして、耳のツボを刺激して顔全体の血行を促します。
    さらに親指を顎の下において、人指し指を頬骨と小鼻のくぼみにおいて軽く押します。人指し指の側面を頬のラインに沿って、そのままフェイスラインを引き上げます。

    耳の後ろまで来たら親指を押したまま、首筋から鎖骨に下ろしていきます。マッサージは夜に行って、朝にメイクが綺麗になるように準備します。
  • 下地でメイクの土台を整える

  • ニキビを隠す方法で最も大切なのが、ベースメイクです。

    ベースメイクを上手に使うと肌のつやがアップし、ファンデーションが薄づきでも綺麗にニキビを隠すことができ、美しい肌に仕上がります。ムラを無くして、肌の土台を美しくする方法です。

    下地を選ぶときには質感や色で選んで、ニキビを隠します。メイク下地はクリームと乳液状のもの、ジェルやフォームタイプのものがあります。

    乾燥が気になる場合は保湿力のあるクリームタイプのものや、ベタつきが気になる場合はジェルタイプのものを選びます。日本人の肌に馴染むのはベージュやピーチ系のもので、パール感があるものは透明感が生まれます。

    手に小豆くらいの大きさの下地をとって、指の腹を使ってポンポンと顔全体にのせていきます。指を使って顔の中心から外に向かって、力を入れずに薄く伸ばしていきます。皮脂の分泌が盛んな小鼻や顎はよれやすい部分なので、叩き込むように塗ります。
  • ファンデーションでニキビを隠す

  • ニキビを目立たなくする方法でファンデーションを選ぶときには、理想の肌に近づけるタイプのものを選びます。

    つやのある肌にした場合はリキッドファンデーションで、クリアな肌ならパウダーファンデーションを選びます。その中間が好みなら、クリームファンデーションを選ぶようにします。

    リキッドファンデーションを使うときにはよれを防ぐために、指を使って丁寧に塗るようにします。
    おでこの中心と頬は厚めに塗って、外側に行くにしたがって薄くなるようにします。

    リキッドファンデーションを頬とおでこにおいて、頬の中心から外側に向かって伸ばします。おでこの部分も伸ばして、余ったファンデーションで鼻筋を塗ります。指に残っているファンデーションを使って、小鼻や口の周り、目元など細かい部分をカバーします。最後にフェイスラインに馴染ませて、顔と首筋の境目を馴染ませます。

    クリアな肌を目指すなら、パウダーファンデーションをつかいます。力を入れずに、優しく塗るようにします。ファンデーションをのせたスポンジを黒目のすぐ下において、頬にファンデーションを移してからこめかみに向かって伸ばします。

    鏡で横顔をチェックしながら、フェイスラインに馴染ませます。残ったファンデーションで顎と鼻筋に馴染ませて、おでこは生え際に向かって伸ばしていきます。細かい部分はスポンジを折り畳んで、角を使って馴染ませます。
  • コンシーラーで目立たなくする方法

  • ニキビやしみ、クマを隠そうとファンデーションを厚塗りすると上手に隠すことが出来なくなり、メイクも崩れやすくなります。

    下地やファンデーションでは隠しきれないニキビにはコンシーラーを使って、綺麗に隠します。
    範囲が広い肌トラブルにはスティックタイプのコンシーラーや筆タイプのものを使って、広い範囲のトラブルをカバーします。
    リキッドファンデーションを使った場合にはファンデーションを塗った後に、パウダーファンデーションを使った場合にはファンデーションを塗る前に使います。

    筆タイプのコンシーラーはトラブルに沿ってライン状において、力が入り過ぎない程度に馴染ませます。スポンジを使ってムラを無くして、余分な油分を取り除きます。
    スティックタイプを使うときにはニキビの周りに一回りほど大きくおいて、固めのコンシーラーで塗り潰します。ニキビよりも外側にあるコンシーラーを内側から外側に向かって指で軽く叩いて、馴染ませながらぼかします。
    さらにフェイスパウダーで優しく押さえるようにして、コンシーラーを定着させます。
綺麗な肌にする方法とニキビを隠す方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事