ニキビを治す過程で起きる副作用と対処方法とは

ニキビを治す過程で起きる副作用と対処方法とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

73

ニキビを治すには、自分に合う治療法や市販薬を選ぶ必要があります。どんな薬にも副作用が出る可能性がありますし、肌に合う、合わないもあります。ただ、どうしても自分に合う化粧品かどうかは実際に試さないとわからないものです。ですから、返金保証のある化粧品などで、しっかり自分に合い、副作用がおきないものを選びましょう。

  • ニキビの改善には柔軟性が必要

  • ニキビの改善には柔軟性が必要
  • ニキビに悩まされる方は男女共に非常に多く、皮膚科での治療の他ドラッグストアでは市販薬が販売され、サプリメントや化粧品など、ニキビを治すための様々なサービスや商品が販売されています。

    ニキビを治すことが確実にできる商品は現在のところ存在せず、人それぞれに効果が出る方法や副作用の出る薬などは異なるため、副作用が出たら薬の使用を中止したり、手ごたえがある治療や商品は続けるなど、様子を見ながら対処することがニキビを治すためには必要です。

    皮膚科で処方されるニキビ薬についても、非常に効果が高いものである一方で、副作用で肌がかぶれたように赤くなってしまうケースがあります。
    どのような薬にも副作用はありますので、効果が出ないからと言ってニキビを治すことをあきらめず、ある程度は体質だと理解して根気よく自分に合った治療法を編み出すことがきれいな肌になるために必要なプロセスです。

    肌に合うスキンケアやちょっとした工夫でニキビが治ることも十分あります。
  • 外的要因でできるニキビ

  • ニキビの原因として、外的要因が潜んでいることがあります。

    ニキビは雑菌の繁殖によりふえることがありますので、ファンデーションや日焼け止めの使用には注意が必要です。
    肌につける化粧品は、毛穴をふさぎにくいノンオイルまたは余分な油を使っていないタイプ、肌に優しい処方のものがおすすめです。

    ニキビができやすい肌はデリケートですので、敏感肌用の化粧品も適しています。
    ファンデーションは油脂分が多いですので、理想としては使用しないほうが良いですが、赤みを隠すのに有効ですので、必要な場合はパウダータイプを薄くつけるのみにとどめましょう。

    ニキビ肌用のブランドから販売されているファンデーションは、毛穴をふさぎにくい処方になっていたり、ニキビの赤みがきれいに隠れるのでニキビ肌のメイクに最適です。

    大きなニキビができている場合は、肌色のニキビ肌用コンシーラーを使うと、肌の他の部分に負担をかけずにしっかりカバーできます。
  • 気軽に試せる化粧品について

  • ニキビ肌に適した化粧品は様々なメーカーから販売されています。

    テレビコマーシャルなどでも、有名なニキビ肌用ブランドがプロモーションしており、ニキビ肌の方の多くは試したことがあるかもしれません。
    ニキビ肌用の化粧品を試すとき、今回もだめかもしれない、肌に合わなかったらどうしようと考える方もいるかもしれませんが、考えすぎもストレスになるのでよくありません。
    肌に合っていればラッキーというくらいに気楽に考え、試してみる位の気持ちで使うのが良いでしょう。

    又、ニキビ肌には経済的な負担もつきものです。
    最近は、結果に満足できない場合は全額返金できるシステムを導入している化粧品メーカーもあります。このシステムなら、気軽に化粧品を試してみて、肌に合わなかったら返品をすることが可能ですので、このようなシステムは大いに利用するのがおすすめです。

    ニキビ肌用の化粧品は刺激が強いものも多く、かぶれたり副作用が出ることも珍しくありません。
  • 市販薬と皮膚科での処置

  • ニキビには、市販の薬が効果的な事があります。
    市販薬は、たいていアクネ菌の働きを抑えたり、余分な皮脂を吸収したり、肌の炎症を抑えるといった効果をうたっています。

    初期のニキビには市販薬で十分対応可能なことがありますが、重度のニキビには効果が出ないことが多いため、重度のニキビ肌の方は皮膚科の受診をする方が、早めに治すことができる可能性があります。
    皮膚科では、化膿したニキビの場合つぶす処置をしてくれるところがあります。

    これは、特殊な器具を使って行うもので、ニキビの中につまった皮脂を押し出してくれるので、ニキビの治癒を早めることができます。
    自分で行おうとすると雑菌が繁殖したり、ニキビ痕が残るケースがありますので、医療機関で処置してもらうほうが良いでしょう。

    顎にできるニキビの場合、頬杖が原因でできることがありますので、汚れた手で頬杖をつかないよう注意が必要です。頬杖をつく癖がある方は、やめることで改善することがあります。
  • 食生活とサプリメント

  • サプリメントコーナーには、ニキビ肌のためのサプリメントが販売されており、手軽にできるニキビ対策として注目を集めています。

    ビタミンB群やCが不足するとニキビの原因になるといわれているため、ニキビ肌用のサプリメントにはそれらのビタミンが含まれます。
    実際にビタミン剤だけでニキビを治すことは難しいですが、食生活が乱れがちな方は予防も含めて服用することでニキビが治ってはできるといった悪循環を防ぐことができる可能性があります。

    食生活でニキビに良くないといわれてるものに、刺激物や脂っぽい食事が挙げられます。
    辛いものやコーヒー、チョコレート、揚げ物などはニキビを悪化させるという説もありますが、必ずしも万人にそのような作用があるわけではありませんし、我慢するストレスもよくありませんので、少量ずつ試して問題無いようであれば、禁止する必要はありません。

    ビタミンやミネラルは肌の為に必要ですので、グリーンスムージーを毎日飲むことで、便秘が原因によるニキビを防いだり、ビタミン不足によるニキビを予防することができます。
ニキビを治す過程で起きる副作用と対処方法とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事