ニキビを治して、美肌にする為にしてはいけないこととは

ニキビを治して、美肌にする為にしてはいけないこととは

Thumb?1414295452 muah♪さん

128

ニキビを治すためには、肌を整えきれいにする為にしてはいけないことを知っておかなければいけません。ニキビを治すには、何より肌への摩擦を防ぐことが大切です。そのため、肌を触りすぎないようスキンケアアイテムやメイク方法を工夫しましょう。また、ニキビが悪化してしまった場合は皮膚科を受診することが大事です。

  • 初期段階のニキビを治す

  • 初期段階のニキビを治す
  • 嫌な肌トラブルの上位に挙げられることも多いニキビ、他の肌悩みに比べると、どうしても肌が脂っぽくなってしまうので、不潔っぽい印象も与えてしまうトラブルゆえ、深刻なコンプレックスになってしまっている場合も多いようです。

    一口にニキビといっても、毛穴が詰まっている初期段階であれば、この詰まりをきちんと取り去れば、それ以上進行することはなく、ニキビを治すことができるので、早いうちに正しい処置を行いましょう。

    目で見てもわかりますが、毛穴に皮脂詰まりを起こしていると、先端が白いものが目立っていたり、その状態が少し進行すると、酸化して詰まりの頭が黒っぽくなります。

    この段階ならアクネプッシャーという器具を使えば、詰まりが取りだせます。ここで美肌にする為にしてはいけないことは、指先や爪を使って絞り出すことです。これは詰まりを起こしている毛穴の周辺の皮膚を傷つけ、色素沈着を起こしてしまうので、絶対にタブーです。
  • ニキビ肌は優しく扱う

  • ニキビのできてしまっている肌は、想像以上に敏感になっています。

    醜い跡残りせずに美肌にする為にしてはいけないことは、ニキビ部分に必要以上の摩擦を与えてしまうことで、スキンケア時に与えてしまう摩擦、日常生活の中で患部に触れるという癖、就寝時に枕などの寝具に顔をこする習慣など、様々な場面で与えてしまう刺激を、極力少なくする、という意識改革が必要です。スキンケアを丁寧に行っても、シャワーの強い水圧をニキビ部分に当てたり、洗顔後にタオルでごしごし拭いてしまったりしていては、意味がありません。

    また、ついつい気になるからと無意識のうちにニキビ部分を指先で触ってしまったり、頬ずえをついたり、髪先がチクチクと当たっているなど、こういったこともすべてニキビ肌には負担が強く、ダメージとなって蓄積され、醜い跡残りへとつながってしまいます。綺麗な元の美肌に戻したいなら、できるだけニキビには触れないということが鉄則です。
  • ニキビ肌用のスキンケアを使う

  • ニキビが出来てしまっている時には、ニキビ専用のスキンケアコスメがお勧めです。

    特にスキンケア時に与えてしまう肌摩擦を少なくする為にも、オールインワンコスメが最適です。

    今、大ブームとなっているオールインワンジェルは、プルンとしたテクスチャーが気持ちよく、保湿成分がぐんぐん肌の奥に浸透し、そのまま潤いを蓄えてくれるので、過剰になってしまっている皮脂分泌を抑え、毛穴詰まりを防ぎます。
    保湿効果が高いにもかかわらず、肌表面はべたつかずにさらっとしているので、しっとり系が苦手なニキビ肌の方にも、気持ちよく使えます。

    洗顔をした後の肌に一つつけるだけで、すべてのケアが一気に出来てしまうので、何度も肌に触れる必要がなく、炎症したニキビを潰してしまうことも回避できます。美白成分が配合されているオールインワンジェルなら、ニキビ跡の赤みや黒ずみも薄くしていくことができるので、ニキビ跡のケアも同時に行えます。
  • 重症ニキビは皮膚科で治す

  • ニキビ専用のスキンケアを使っても、ニキビを治すことができない、次々と出来てしまう、先端が赤く地腫れして痛みを伴っている、黄色い膿を持って炎症している、このような状態が続くなら、敏速に皮膚科でのニキビ治療に切り変えましょう。

    美肌にする為にしてはいけないことは、刺激を与えることですが、この状態では、うっかりと触れればニキビが潰れてしまうことも多く、最悪、皮膚がデコボコと陥没したクレーター跡が出来てしまいます。
    こうなると、もはや美容治療でも、なかなか元の平らな皮膚に戻すことは困難となってしまうので、早急に抗生物質を服用し、身体の中から働きかけ、炎症を食い止めることが先決です。

    美容皮膚科ならば、この治療に加えて、保険外治療でお金はかかりますが、レーザーなどを使って、できているニキビ部分に直接アプローチする治療を行えるので、短期間でニキビを治すことを希望される女性にはお勧めです。
  • ニキビのできにくい肌質に改善させる

  • ニキビは、皮脂詰まりを起こし、アクネ菌が増殖することで進行していきます。

    スキンケア不足で毛穴に汚れが詰まったままであったり、ホルモンバランスの崩れで皮脂量が増えてしまったりと、色々な理由が考えられますが、肌表面のいらない角質がきちんと剥がれ、肌に潤いがあればニキビはできません。

    肌表面に現れているトラブルは、皮膚のターンオーバーが正常に機能していれば、自然と消えていくものなので、ピーリング成分入りの洗顔料などを使い、皮膚の新陳代謝を促進させ、ニキビのできにくい肌質に改善させていくことも大切です。

    同時に、美肌にする為にしてはいけないことである、肌摩擦を減らすため、機能性コスメを使って、スキンケアやメイクアップ時に、肌に触れる回数を減らすようにしましょう。
    ファンデーションよりもBBクリームやCCクリームを使えば、肌悩みもしっかりとカバーでき、紫外線対策もでき、美しい肌作りができます。
ニキビを治して、美肌にする為にしてはいけないこととは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事