妊婦の頭痛や鼻づまりの対処法

妊婦の頭痛や鼻づまりの対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1835

妊婦になると摂取している栄養は自分の体だけではなく赤ちゃんへと送られます。そのため、妊婦は体調を崩しやすくなってしまいます。そんな時にかかりやすいのが副鼻腔炎です。この名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。副鼻腔炎は鼻づまりや鼻水、頬や顔の痛み、味覚や臭覚異常、鼻耳閉、頭重、頭痛、歯痛などがあります。妊娠していると基本的には効果が高い飲み薬は処方されないので、鼻づまりや頭痛の症状があっても局所的な治療を行うことになります。使うのは吸入やネブライザーです。鼻腔の中を洗浄してきれいにした後でネブライザーで薬液を吸入を5分前後行ないます。


  • 出典: instagram.com

  • その他にできる方法として顔を横にして寝ることはオススメです。副鼻腔にたまった膿が下に流れ出るので痛みが緩和するのです。さらに温かいお風呂に入ることもオススメです。これらは薬ではないので妊婦でも問題なくできます。またツボを押してみるのもいいです。効果的なツボには上星、印堂、迎香などがあります。鼻水や鼻づまりに効果的な上星は鼻筋の真上で、髪の生え際から2cmほどの場所です。鼻水や鼻づまり、眼の充血や頭痛に効果的なのは印堂で眉間の中央にあります。鼻水や鼻づまり、臭覚異常にも効果が期待できるのが迎香で、鼻の穴の横あたりのへこんだ場所がそうです。指圧する時は場所によって変えましょう。上星は下に押し下げるようにし、印堂は押す時と放す時のタイミングを1対1にするのがポイントです。迎香は指の腹で円を描くようにするといいです。

  • 出典: instagram.com

  • もし蓄膿症になってしまった場合には水分の摂り過ぎには注意し、水分も冷たいものは避けて温かいものにするといいです。また食事は和食中心にしてバランスのとれたものに変えるようにしましょう。また適度な運動も効果的です。免疫力を上げて体質改善するという意味では副作用が起こることがない漢方薬を試してみるのも良いです。ただ事前に産婦人科の担当医師に相談してみるほうが良いです。漢方薬はどちらかというと即効性というよりは徐々に体質を変えていくものですから、焦らずに体調が良くなる変化を楽しむつもりでやっていくのがベストです。鼻がつまっているとつい口呼吸になってしまいがちですが、口呼吸は虫歯や口臭の原因になってしまいますので気をつけなくてはいけません。また鼻がつまっていることからいびきをかきやすくなりますし、口呼吸はそれをさらにひどくしてしまいます。早めに改善するようにしたほうがいいです。

妊婦の頭痛や鼻づまりの対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事