妊娠初期の症状や過ごし方

妊娠初期の症状や過ごし方

Thumb?1414295452 muah♪さん

307

妊娠初期は自覚症状がなく妊娠に気づくのが遅くなってしまう方や、妊娠がわかってからも不安な毎日を過ごされている方がとても多いと思います。
そんな不安の毎日を解消するため、妊娠初期の症状をご紹介いたします。


  • 妊娠初期症状を知ろう

  • 妊娠初期症状を知ろう
  • 妊娠初期症状は人によりますがこのような自覚症状がや体の変化が出てきたりします。
    ※生理の際の症状と似ていますので必ずとは言えません。

    ●基礎体温を測っていると少し高めの高温期が生理予定日を過ぎても続いている。
    ●胸がいつもより張ったり、大きくなる。
    ●眠くて眠くて仕方がない。逆に眠れなくなる。
    ●立ちくらみが起きやすくなったり、貧血症状がでる。
    ●疲れやすい。
    ●微熱があるようなだるさや、悪寒がある。
    ●便秘がちになる。
  • つわり(妊娠悪阻)について

  • つわり(妊娠悪阻)について
  • 妊娠すると出てくる大きな症状として「つわり(妊娠悪阻)」があります。
    つわりの症状も人により大きく異なります。つわりが無い人軽い人、酷い方だと入院されるほどの重症な人など様々です。
    つわりの原因はいろいろな言い伝えがありますが、本当の理由ははっきりとわかっていないのが現状です。

    つわりの症状もたくさんありますが代表的なものをいくつか挙げたいと思います。

    ●吐き気、嘔吐
    ●においに敏感になる
    ●食べ物を見たくなくなる
    ●精神的不安定や情緒不安定になり、涙が出やすくなる
    ●胃痛、胸焼け
    ●便秘や下痢
    ●唾液が増え気分が悪くなる
    ●疲れやすくなる、やる気が起きない
    ●空腹になると気分が悪くなる

    …etcあり、この主な症状から

    吐きづわり→食べても食べなくても吐いてしまう。
    食べるづわり→胃の中に何か入っていないと気持ちが悪くなってしまう。
    よだれづわり→よだれがたくさん出て気分が悪くなる。

    と呼ばれることがあります。
  • つわり(妊娠悪阻)とうまく付き合おう

  • つわり(妊娠悪阻)とうまく付き合おう
  • 「ちゃんとにご飯が食べれないから栄養は大丈夫かな。」
    「体重が減ってて赤ちゃんは元気かな。」
    つわりが始まると心配なのが赤ちゃんのことですよね。
    この時期の赤ちゃんは卵黄嚢と呼ばれる栄養を持っており、母体からはまだ栄養をとっていないため、ストレスがかかってしまう方が胎児によくないので、好きなものを食べれるだけ食べ、休みたい時は体を休めるなどしストレスをためない生活を心がけるほうが大事です。
    気を付けることとして、吐きづわりの方は脱水症状になってしまうと母子ともに危険な状態になってしまうので水分はこまめに取りましょう。もし水分を取ることが難しい状態でしたら、産婦人科で点滴などの処置をしていただけるので医師に相談してみましょう。
    また、妊娠中は「葉酸」が必要になります。葉酸は1日400mgを摂取すると赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果があるといわれており、野菜やサプリメントなどから摂取できますのでつわりの状態がよかったら摂取するように心がけましょう。
妊娠初期の症状や過ごし方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事