妊娠初期のつわりのタイプ別乗り切り法

妊娠初期のつわりのタイプ別乗り切り法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1132

妊娠して、つわりを経験する妊婦さんは9割近くもいます。
赤ちゃんが順調に育っているとはいえ、食事の用意をしなければならない女性にとって
つわりはとても辛いものです。
妊娠初期のつわりのタイプ別乗り切り法をお話しします。
赤ちゃんのため、頑張ってママ!


  • そもそもどうしてつわりは起こってしまうの?

  • そもそもどうしてつわりは起こってしまうの?
  • 妊娠すると腸の動きが妨げられ、胃液が増えるので気持ちが悪くなります。
    血糖値が下がるとつわりがひどくなることもわかっています。

    つわりにも色々なタイプに分けられます。
    また、複合タイプもあるのでこれまた厄介!

    ・ずっとムカムカ気持ち悪い
    ・食べづわり(口に何か入れていないと気持ち悪い)
    ・吐きづわり(水も受け付けず何回も吐く)
    ・においで気持ち悪い

  • タイプ共通!つわり軽減に効く!

  • タイプ共通!つわり軽減に効く!
  • 妊娠すると血中のマグネシウムとカリウムが自分の筋肉や胎盤に取り込まれ減ります。
    そうすると腸の動きが悪くなり、胃液が増え気持ち悪いつわりの症状となります。

    ・トマト、バナナ、メロン、スイカ、リンゴ、ミカン、イチゴなどの果物や
    じゃがいも、とうもろこし、かぼちゃなどのカリウムを含む食事をとる。

    ・1日150mlくらいの炭酸を飲んで腸の動きをよくする。
    大量に飲むと逆効果になるので注意!

    ・ストレスはマグネシウム不足の引き金になるので、ストレスを上手に解消。

    症状が重い方は主治医に相談して下さいね。
  • 食べづわり乗り切り法

  • 食べづわり乗り切り法
  • 妊娠すると空腹時に血糖値が下がり気持ち悪くなります。
    食べると気持ち悪さがなくなります。
    これが「食べづわり」の症状。
    食べづわりの乗り切り法をご案内します。

    ・飴をなめる
    ・朝起きた時に気持ち悪くなる場合、枕元に小さいおにぎりやパン、飲むタイプの栄養補給もおススメです。
    ・カロリーなしの清涼飲料水を飲む
    ・コンビニの冷たいおにぎり+おかず
    ・料理になんでもお酢をかけてみる
    ・フルーツをこまめに食べる
  • 吐きづわり乗り切り法

  • 吐きづわり乗り切り法
  • 血中のカルシウム値が高まると、腸のぜん動運動がおさえられて胃液の分泌が起こって吐いてしまいます。また、妊娠6〜12週にかけて血液が水を引き寄せる力が下がるのも原因の1つです。
    水さえも受けつけず何回も吐きます。この症状を「吐きづわり」と言います。
    吐きづわりの乗り切り法をご案内します。

    ・真水を飲むとさらに悪化しますので塩分を含む水がおススメです。
    ・ストレスをためずに休む時は好きなことをする
    ・炭酸水を飲む(炭酸水+フルーツ酢を加えると甘ずっぱく気分転換になります)
    ・スポーツドリンクを飲む
    ・胃液対策のために柑橘系のガムをかむ
    ・飴をなめる
    ・水にレモンを絞って飲む
    ・食べられるものを少しずつ食べる(ゼリー、グミ、漬物、果物など)

    辛いつわりですが、赤ちゃんが順調に育っている証拠です。
    自分に合った乗り切り法を試して下さいね。
妊娠初期のつわりのタイプ別乗り切り法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事