妊娠初期に発生する頭痛の対処方法

妊娠初期に発生する頭痛の対処方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

578

妊娠の際の苦しみの代表といえば、つわりですが、なかには頭痛が発生してしまうという人も多くいます。


  • 妊娠は体が大きく変化します。

  • 妊娠は体が大きく変化します。
  • つわりと頭痛、また出産への不安などが相まって、大きなストレスを抱えてしまう妊婦さんも少なくありません。元気な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中のストレス解消は欠かせないものなのですが、やみくもに薬を使用するわけにも行かないので悩んでしまいます。どうすれば頭痛は治まるのでしょうか。
    そもそも、妊娠するとこめかみの辺りが痛む頭痛が発生してしまうのは、ホルモンの大量分泌が原因だといわれています。特に妊娠初期には、体が赤ちゃんのために最適な環境を作り出そうとするので、黄体ホルモンが大量に分泌されるのです。ですが、体がその急激な変化についていけずに、吐き気やだるさなどの症状を引き起こします。つまり、頭痛の原因としては、つわりと同様の原因なのです。
  • よくでる症状

  • よくでる症状
  • 症状としては、偏頭痛のような症状が多いです。頭の前側、こめかみの辺りなどがズキズキと痛むような頭痛で、大きなストレスとなってしまいます。
    このような偏頭痛を緩和するためには、患部を冷やすということが重要です。偏頭痛は血管が膨張し、神経に触れてしまうことで痛みが発生してしまいます。冷やして血管の膨張を防げば、痛みは緩和されるはずです。
    また、ストレスなどによって、首や肩の筋肉が張っていれば、それも頭痛の原因となります。そのような際にはゆっくりで構わないですから、ストレッチを丁寧に行い、筋肉をほぐすようにしましょう。お風呂などに入って、ストレッチを行うというのも良いです。
    そして、このような場合には、ストレス解消を行うということも大事です。妊婦はストレスがかかりやすいものですから、そのような日は家事を旦那さんにやってもらったり、大きな声を出すなどのストレス解消を行いましょう。運動などは、妊娠初期にはオススメできませんので、安定期まで我慢するしかありません。
  • もしもの時はお医者さんへ

  • もしもの時はお医者さんへ
  • それでも頭痛が止まない場合や、どうしても耐えられないという場合には、お医者さんに相談してみましょう。何かしらの解決策を提示してくれますし、あまりにも耐えられないような痛みであれば、薬も処方してくれるかもしれません。
    妊娠の際に起こる頭痛によって、不眠になってしまうという人もいます。つまりそれは、早めに解決しなければ、胎児に影響を及ぼしてしまう可能性もあるということです。一人で悩まず、まずは誰かに相談するようにしましょう。
妊娠初期に発生する頭痛の対処方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事