妊娠初期 つわりを軽くしたい時

妊娠初期 つわりを軽くしたい時

Thumb?1414295452 muah♪さん

384

つわりは一般的に多くの妊婦さんが苦しむ妊娠初期の症状ですが、場合によってはそれより長く続くことがあります。症状も期間も妊婦さんそれぞれに違うため、中々他人に自分の苦しみを理解してもらえません。だからこそ出来れば少しでも軽く済むにこしたことはありません。ちょっとのコツを知ることで辛いつわりを乗り切ることができます。


  • 自分のパターンを知る
    つわりには自分なりのパターンがあるものです。何を食べることができて何を食べることができないのか、最も気分が悪くなる時間はいつなのか、においは、だるさは・・。自分だけの「つわりメモ」を作るなどして自分のパターンを出来るだけ分析してみましょう。苦手なものを知ることは、つわり軽減への一番の近道です。

    食べられるものはいつでもどこででも
    つわりで一番多いのは食べ物に対する変化です。味の好みが全く変わってしまうことも少なくありません。今まで好きだったものが食べられなくなるのに対し、自分でも驚くようなものが無性に食べたくなったりします。妊娠初期は特別栄養など気にせずに食べたいものだけを無理なく食べましょう。栄養が偏ってもまだ胎児に影響のある時期ではありません。特に食べないと気分が悪くなる「食べづわり」の人は食べられるものを常に手の届くところに置いておくことをおススメします。それは寝るスペースも含まれます。朝起き掛けに気分が悪くなる場合が多いので、寝ながら一口つまめるようにいつも枕元に置いておくとよいでしょう。一度にたくさん食べるのではなく少しずつ何度も食べるほうが気分が悪くなりにくいでしょう。
  • においから身を守る
    つわりの症状として、においにとても敏感になる人が比較的多くいます。シャンプーや石鹸のにおいがダメになってしまったら、たとえお気に入りのものがあったとしても、治まるまでは無香料にするのが一番です。食べ物や料理のにおいに関してはそれ自体を排除するしかありません。旦那さんの好きな料理が作れなくなっても外で食べてきてもらえばよいのです。外出中にはどんなにおいがあるのかは見当がつかないものです。常にマスクをしてミントの飴やガムを携帯するなどの対策をしましょう。

    吐きたい時は迷わず吐いてしまう
    つわりで一番苦しいのはやはり「吐く」ことだという妊婦さんは多いものです。でも気持ちが悪いときに吐いてしまうとウソのようにスッキリするものです。吐けそうなら我慢せずに吐いてしまいましょう。吐いた後はうがいをしておくとスッキリするでしょう。
  • 睡眠を十分に取り体を休める
    妊娠したことや辛いつわりが原因で、睡眠の質やタイプが変化する人がいます。眠気やだるさを一日中感じるわりに、夜は中々まとまった睡眠が取れなかったりします。昼寝など眠れるときに横になり少しでも眠って体を休めましょう。
妊娠初期 つわりを軽くしたい時
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事