ノンケミカルの日焼け止めはどのような効果があるのか

ノンケミカルの日焼け止めはどのような効果があるのか

Thumb?1414295452 muah♪さん

343

ノンケミカルの日焼け止めは安全性が高くて、品質の改良も行われてきて非常に使いやすいものとなってきました。紫外線の強い夏の日だけではなく一年中使用する人も増えてきた日焼け止めですが、最近良く耳にするノンケミカルの日焼け止めとは一体どういったものなのでしょうか?


  • ノンケミカルの日焼け止めとは一体どういうもの?

  • ノンケミカルの日焼け止めとは一体どういうもの?
  • 紫外線の強い夏の日だけではなく一年中使用する人も増えてきた日焼け止めですが、最近良く耳にするノンケミカルの日焼け止めとは一体どういったものなのでしょうか?
    意味は科学的なものを使用していないということです。すなわち安全性が高いといったことを謳っている日焼け止めということになります。小さな子供や敏感肌の方でも使用できるためそのような商品が最近は増えて来ています。それではノンケミカルとそうではない商品の比較と効果を見ていきたいです。
  • ノンケミカルとそうではない商品の比較と効果

  • ノンケミカルとそうではない商品の比較と効果
  • 一般的にノンケミカルかどうかということは、紫外線吸収剤を使用しているのか否かということで区別されています。紫外線吸収剤とは化学物質を利用して紫外線を取り込んで熱に変えてから放出する働きをもっています。この作用を利用して肌の表面に塗ることによって肌への紫外線の影響を防ぎます。特徴としては滑らかな塗り心地で白浮きもしにくいです。また紫外線カット力も強く長時間持続するメリットもあります。しかし肌への負担が大きいことがデメリットとしてあります。
    次にノンケミカルの商品の特徴は紫外線散乱剤を使用していることです。紫外線散乱剤とは文字通り紫外線を跳ね返して肌への影響を防ぎます。紫外線散乱剤の成分は無機顔料の酸化チタンや酸化亜鉛を使用していますので、紫外線吸収剤に比べて肌への負担が抑えられます。問題点として白浮きしやすいという点がありましたが、最近の商品は粒子を細かくするなどの改良が行われ白浮きしにくくなってきています。またSPFが高ければ紫外線を防ぐ力は強くなりますが、肌への負担も大きくなってしまいます。そのためお肌への優しさを謳っている商品はSPFがあまり高いものはありません。しかし日常的に紫外線を防ぐには十分な効果があります。
  • クレンジング剤の使用による肌への負担も軽減

  • クレンジング剤の使用による肌への負担も軽減
  • このようにノンケミカルの日焼け止めは安全性が高くて、品質の改良も行われてきて非常に使いやすいものとなってきました。また最近ではより安全性を考えてシリコーンや合成ポリマーといった日焼け止めには必ずといっていいほど含まれている成分も排除した商品も販売されています。このような完全無添加のものでしたら赤ちゃんでも使用できるほど安全性が高く作られています。またケミカルな成分が含まれていますと石鹸だけでは落としきれずに、クレンジング剤を使用しなければいけない場合もあります。しかしそのような成分を全てカットしていますので、クレンジング剤の使用による肌への負担も軽減できます。
ノンケミカルの日焼け止めはどのような効果があるのか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事