ノンレム睡眠の睡眠の障害とはどんなものか

ノンレム睡眠の睡眠の障害とはどんなものか

Thumb?1414295452 muah♪さん

307

レム睡眠やノンレム睡眠という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。レム睡眠は夢を見る眠りで、それほど深い眠りには陥っていません。それに対してノンレム睡眠は深い眠りの状態で夢を見ることがないといわれています。この状態の時には基礎代謝が下がって心拍数も減ります。さらに体の深部の体温を下げています。これらによってエネルギーが温存されるのです。このノンレム睡眠が関係している睡眠の障害としてあるのが睡眠時遊行症や夜驚などです。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 睡眠時遊行症は子供によく見られるものですが、いわゆる夢遊病のことです。これは無意識の状態で眠っている状態から起き出して歩き回ったり何かをしたりします。しかし起きた時にはそのことは全く覚えていません。この障害は眠りに入ってから1時間後から3時間後のノンレム睡眠の時に起こることがわかっています。原因は興奮状態のまま眠りに入ってしまうことや精神的なストレスによるともいわれています。時々その原因がはっきりとわからず、なかなか治りにくくなってしまうということがあります。夢遊病患者の行動中に無理に起こそうとしたり制止しようとすると無意識の中で危害を加えられることがあります。ですから、夢遊している状態の時は何か危ない状態にでもならない限りはそっと見守っていることが大切です。もし危険な場合は救急車や警察を呼んで対応しましょう。
  • 出典: www.tumblr.com

  • 睡眠時遊行症は子供によく見られるものですが、いわゆる夢遊病のことです。これは無意識の状態で眠っている状態から起き出して歩き回ったり何かをしたりします。しかし起きた時にはそのことは全く覚えていません。この障害は眠りに入ってから1時間後から3時間後のノンレム睡眠の時に起こることがわかっています。原因は興奮状態のまま眠りに入ってしまうことや精神的なストレスによるともいわれています。時々その原因がはっきりとわからず、なかなか治りにくくなってしまうということがあります。夢遊病患者の行動中に無理に起こそうとしたり制止しようとすると無意識の中で危害を加えられることがあります。ですから、夢遊している状態の時は何か危ない状態にでもならない限りはそっと見守っていることが大切です。もし危険な場合は救急車や警察を呼んで対応しましょう。
  • 出典: www.tumblr.com

  • しかし夜驚症は深い眠りから突然目が覚めたような状態になるので、脳が半分しか目覚めておらず、中途半端な状態になるのです。ですから夜驚症の症状が出ている時には声をかけても本人には届きません。基本的には見守るしかありません。原因ははっきりとはわかっていませんが、脳の未発達が原因ではないかと考えられており、成長と共に改善されるのはそのせいだといわれています。ただなんらかの恐怖体験が関係していることもあるので、その恐怖体験が何だったのかがわかれば夜驚症は改善される可能性があります。

ノンレム睡眠の睡眠の障害とはどんなものか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事