眠れない、そんな原因はノイローゼかもしれません

眠れない、そんな原因はノイローゼかもしれません

Thumb?1414295452 muah♪さん

535

眠れない、そんな悩みを抱えていませんか?眠れない原因はストレスかもしれません。


  • 眠れない理由

  • 眠れない理由
  • 現代人にとって睡眠は必要不可欠です。子供の時みたいに、わんぱくに遊んで疲れたら夜、布団に入ってすぐに寝るという、そんなあたりまえだった行為が大人になるととても難しいのです。
    明日、大事なプレゼンがあるのに眠れないと嘆くサラリーマンの方は年々多くなっています。また、社会人に限らず、明日は大切な試験なのにどうしても目が冴えて眠れないと嘆く学生もいます。昔と違って、人間の体に何が起きているのか。原因はストレス社会が大いに絡んでいるのです。現代社会は目に見えないもので縛られ、拘束され、羽交い絞めにされているようなものです。ストレスの多い時代、ノイローゼになるのは無理もありません。上司から無理難題を押し付けられ、許容量を超えるような仕事を与えられ、サービス残業でボーナスはなし、そんな会社がとても多いです。そんな社会ですから、ノイローゼにならないほうがもはやおかしいといっても過言ではありません。
  • 眠れない原因:ストレス

  • 眠れない原因:ストレス

    出典: instagram.com

  • 眠れない原因は多くはストレスです。眠ろう眠ろうと頑張れば頑張るほどに、眠れません。クリニックや心療内科などで薬を処方してもらって、やっと眠りにつく社会人がいかに多いか。
    昔のような牧歌的な暮らしにあこがれを抱き、田舎暮らしを始める若者が増えていますが、それも現代社会のストレスから離れるための策なのでしょう。携帯電話の普及でいつでもどこでも人と瞬時につながることができる現代に、最初は利便性や感動を覚えたものですが、それが今は足枷となり、人々をずっと追いかけているストレス要因になっているのです。そんな日常の中で生きる人間にとって、昼間は仕事でコンピューターと隣り合わせ、仕事が終わる時間も遅いので、就寝時も切り替えができず、頭の中は仕事モードで不眠に陥る人が多数いるのです。
    田舎暮らしができない人も当然います。いや、できる人のほうが少ないでしょう。小さい子供を連れて、都会から田舎へ引っ越しはリスクも多く、経済面でも大変です。都会でいながら、ノイローゼ状態の現実から解放される方法を各々がみつけるほかありません。
    休みの日には、緑のある施設などに赴き、大地の自然と伊吹を感じ、太陽のまぶしさを感じ、生きているという実感を全身で受け止めます。五感をフルに稼働し、子供のころの無邪気だったあの頃に戻れるような、そんなひと時を過ごしてみる。それだけで、リフレッシュでき、睡眠問題の改善にも一歩前進することでしょう。眠れないのは太陽の光を浴びていないことがとても深く関係しているので、晴れた日は積極的に外に出て、光を浴びることが大事です。仕事の昼休みを使って、外へ出てみる。5分だけでも効果はあるでしょう。不眠のみならず、昼からの仕事への取り組み方、仕事のはかどりも全然違ったものになり、効果はバツグンです。それほど、現代人には自然と接する、自然からパワーを享受するということが減っているのです。
  • 眠れない悩みはお医者さんに

  • 眠れない悩みはお医者さんに

    出典: instagram.com

  • 仕事内容によっては、昼休みも決まった時間がなく、不規則な方も多くいることでしょう。それに、自然の力だけでは、どうも改善しないという方もいることでしょう。そんな人は積極的に心療内科を訪れてみるのをお勧めします。心療内科というと、どうも敷居が高く、行きずらい、そんなイメージがあるかと感じますが、今は昔ほど特別な場所ということもなく、気軽に誰でも訪問できる空間になっています。受付、待合室などの雰囲気がそうですし、現代は悩める子羊たちが群がっている時代です。誰しもが何かに悩んでいる時代です。心療内科は決して特別な場所ではなく、医師に話を聞いてもらう現代の寺子屋と思えばいいでしょう。そこで、具体的な悩みを話し、自分の症状にあった適切な薬を処方してもらいます。人と接するのが苦手なら、対人関係などに効果がある、緊張を緩和する薬を処方してくれるでしょうし、不眠をアピールすれば、それにあった睡眠導入剤という睡眠の助けになる薬を処方してもらえます。医師はこれまで、何千、何万も患者を診てきています。このような症状にはこの対処法が一番、この人はまずはこの薬から始めてみよう、そんな具合で的確に処置をしてくれます。それで、処方された薬が自分に合わないとなると、また医師と相談し、違う薬に変えてみたり、または日常生活を見直すなどして、改善をはかります。医師は的確なアドバイスと処置を施してはくれますが、最後は誰の力でもなく、自分本人が積極的になって、病状を改善していくしかありません。
  • おわりに

  • ネット社会はいろいろなストレスを生むのと同時に、また情報のオンパレードです。身近に自分と同じような悩みを持った人がいないかを調べるのには、大変有益なツールです。自分ひとりで悩んでいるのがばからしくなるくらい、他人も悩んでいることに気づかされ、また、心療内科やクリニックに通ったり、自分なりに睡眠の問題と果敢に取り組んでいる人を発見するでしょう。現代はストレスフル社会ではありますが、それは避けることはできません。自分がいかにして付き合うか、それが問題なのです。
眠れない、そんな原因はノイローゼかもしれません
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事