オイルトリートメントでツヤ髪に!正しい使い方とおすすめアイテム

オイルトリートメントでツヤ髪に!正しい使い方とおすすめアイテム

Thumb?1414295452 muah♪さん

114

オイルトリートメントに変えてみようかな?何だかトリートメントを上手に使えていない気がする…そんな風に悩んでいませんか?オイルトリートメントは適切に使えば、髪が広がる、はねる、ボリュームがある、ツヤがない…などさまざまな悩みから開放してくれるおすすめのアイテムです。そんなオイルトリートメントの特徴や正しい使い方、そしておすすめのアイテムをご紹介します!

  • オイルトリートメントとは?特徴とメリット

  • オイルトリートメントとは?特徴とメリット
  • オイルトリートメントは、洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)の中でも、油分が多いタイプのトリートメントです。

    洗い流さないトリートメントには、いくつかタイプがあり、油分が多いもの、水分が多いもの、中間のものがあります。

    オイルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ミストタイプなどと呼ばれます

    オイルよりのものは油分が多くしっとりとして艶やかな仕上がり、ミストよりのものは水分が多く軽やかな仕上がりになります。

    ヘアトリートメントは、基本的に油分と水分を補い、ハリのある艶やかな髪にする役割があります。

    その中でも、オイルトリートメントは、油分が多いため髪をしっかりコーティングしてくれます。

    そのため、傷んで開いてしまったキューティクルをピッタリと密着させることができます。

    キューティクルが開いてしまうと、そこから髪の栄養や水分が抜けてしまいます。

    すると、水分がある部分と無い部分ができて髪が曲がり、うねりや広がりになってしまいます。

    オイルトリートメントを使うと、油分でコーティングされるので、ドライヤーの熱、空気の乾燥や湿気、紫外線、ホコリなどから髪をガードしてくれます。

    また、髪の内側から栄養や水分が外に出てしまうことも防ぎます。

    油分そのものに重みがあるので、ボリューム感のある髪や、広がってしまった髪を落ち着かせたい場合にも向いています。

    ただ、コーティング力が強いため、シャンプーでしっかりオフしないと、コーティングが積み重なり不快なベタつきになってしまうことがあります。

    そのため、付けすぎないことや、丁寧なシャンプーを心がけた方がいいとされます。

    なお、マッサージ、リラクゼーションのひとつとして、肌にオイルを直接塗り素手で施術することもオイルトリートメントと呼ばれることがあります。
  • 2種類のオイルトリートメント

  • 2種類のオイルトリートメント
  • オイルトリートメントには2種類あります。

    1種類のオイルのみの純度100%のヘアオイルと、さまざまなオイルや髪に良い成分が配合されたオイルタイプのトリートメントがあります。

    ヘアオイルとして販売されている植物性や動物性のオイルには、髪や地肌に良いとされるビタミン類やミネラル類、オレイン酸などが含まれているものが多いです。

    その中でも、注目成分が含まれるものや、粘度が高すぎないものや、酸化しにくいもの、オーガニックの材料を使用しているものなどが人気です。

    ホホバオイル、アルガンオイル、椿オイルなどは頭皮やフェイス、ボディのケアにも使えるのでとくに人気があり商品も多いです。

    さまざまなオイルや髪に良い成分が配合されたオイルタイプのトリートメントは、複数のオイルをブレンドすることで、それぞれが持つ成分を併せ持っています。

    そこに、保湿成分や美容成分など髪に必要だとされる成分を追加しています。

    また、オイルをブレンドすることで程よい粘度する、香りの良いオイルも配合する、シリコンでサラサラ感を出してより心地よい使用感を演出するなど、工夫が凝らされています。

    どちらが良いのか気になるかもしれませんが、化粧品やヘアケアアイテムはどうしても相性や好みがあり、一概に言うことはできません。

    自分に合うものを見つけることが一番の近道です。
  • トリートメントの役割

  • トリートメントの役割
  • まず、知ってほしいのは、傷んでしまった髪を「修復」することはできないということです。

    そもそも髪は、髪が作られる毛根部分以外は死んだ細胞であり、一度傷んでしまうと、再生することはできません。

    一度剥がれてしまったキューティクルが再生されることはありませんし、枝毛になってしまったらくっつけることはできません。

    ですから、髪のダメージを予防することが最も重要なヘアケア方法と言えます。

    しかし、ドライヤーやアイロン、コテ、パーマ、カラー、シャンプーでのこすれ、紫外線、空気の乾燥・湿気など、どうしてもダメージを受けやすい環境です。

    さらに、髪や爪は最も栄養が届きにくいとされ、食事バランスが悪く栄養が足りなかったり、運動不足やストレスなどで血行不良になると頭皮まで栄養が運ばれなかったりと、髪の健康を維持するのは大変です。

    髪のトリートメントいらずの心身ともに健やかな状態を目指すことも大事ですが、現実的に難しい場合がほとんどでしょう。

    傷んだ髪は、さまざまな悩みを引き起こします。そんな悩みを解決してくれるのがヘアケアアイテムです。

    とくに洗い流さないトリートメントは、長時間髪につけていますし、外部からの刺激から髪をガードしてくれます。

    だからこそ、色々なアイテムを試して納得できるものを選んでほしいです。
  • オイルトリートメントの正しい使い方

  • オイルトリートメントの正しい使い方
  • オイルトリートメントは油分が多いため、つけすぎるとベタつきの原因になってしまったり、重さがでてしまいます。

    トリートメントの正しい使い方を覚えて、よりきれいで扱いやすい髪を目指しましょう。

    一般的な、入浴後のヘアケア時のオイルトリートメントの使い方をご紹介します。

    タオルドライである程度髪の水分をとってから髪にオイルトリートメントを塗布し、ドライヤーで乾かします。

    なお、オイルトリートメントの適量は、アイテムによって異なるので、そのアイテムの説明に従いましょう。

    もし、適量が書いてない場合は、ショート1~2滴、セミロング、2~3滴、ロング3~4滴くらいを目安に、毛量や傷み具合を考えて調整しましょう。

    1 オイルトリートメントを両手になじませる



    髪の一部分にオイルトリートメントがついてしまうと、ベタつきの原因になってしまいます。

    まずはオイルトリートメントを手に取ったら、両手や指の間にまでしっかりともみこみましょう。

    2 毛先からオイルトリートメントをつけていく



    痛みやハネがでやすい毛先からオイルトリートメントをつけていきます。

    ある程度髪に長さがある場合は、毛先をひとまとめにしてつけていきましょう。


    3 髪の内側にオイルトリートメントをつける



    髪の表面に先につけてしまうと、べっとりとした印象になってしまうことがあります。

    毛先から少しずつ髪の内側に手を入れ、なじませていきましょう。

    頭皮にはオイルトリートメントがつかないよう気をつてください。

    4 髪の表面にオイルトリートメントをつける



    髪の表面にもオイルトリートメントをつけていきます。表面は軽くなじませるだけにとどめましょう。

    ほかに傷みが気になる部分があれば、少し多めにつけても良いでしょう。

    5 ドライヤーで髪を乾かす



    オイルトリートメントをつけ終わったら、ドライヤーで髪を乾かします。

    濡れた髪は柔らかく傷みやすいですし、頭皮に雑菌が増える要因になるなど、良いことはありません。

    トリートメントでコーティングされているとはいえ、ドライヤーの熱も髪にとっては良くありませんので、できるだけ短時間で乾かすようにしましょう。

    最後に絡まりの防止のため、ブラッシングをして終了です。
  • おすすめ!5つのオイルトリートメント

  • おすすめ!5つのオイルトリートメント
  • 使用感が良く、しっとり艷やかな髪にしてくれるオイルトリートメントを5つご紹介します。

    純度100%のヘアオイルと、さまざまなオイルがブレンドされたオイルタイプのトリートメントをどちらもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
  • まとめ

  • オイルトリートメントは、しっとりとした触感と艶を与え、刺激からガードしてくれるコーティング力が強いアウトバストリートメントです。

    上手に使うと傷んだ髪でもとても扱いやすくしてくれるアイテムですから、ぜひ活用してくださいね!
オイルトリートメントでツヤ髪に!正しい使い方とおすすめアイテム
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事