歯ぐきに良いものやホワイトニング効果のある「オーガニック歯磨き」

歯ぐきに良いものやホワイトニング効果のある「オーガニック歯磨き」

Thumb?1414295452 muah♪さん

73

最近ではオーガニックフードや化粧品などが注目を集めています。オーガニックとは化学農薬や肥料を使っていない食品や製品のことであり、歯ぐきのケアに使える歯磨き粉の中にもオーガニックのものが登場しています。

  • オーガニック歯磨きがおすすめ

  • オーガニック歯磨きがおすすめ
  • 薬局やドラッグストアなどで販売されている歯磨き粉の成分についてはよく分からないという人もいるかもしれません。

    さまざまな成分が含まれているのですが、ほとんどの成分は人工的に作られたものとなっています。

    成分の中には歯や歯ぐきに対して良くないものもあるので注意点を知っておくと良いでしょう。

    多くの歯磨き粉には泡立ちや清涼感を得られるように発泡剤が含まれているということですが、泡立ちが良いことと汚れが落ちることはほとんど関係ありません。

    逆に泡立ちが良すぎる商品の場合、汚れがしっかり落ちていなくても磨いたような気持になってしまいます。磨き残しの原因にもなりますし、口の中が泡でいっぱいになってしまうと丁寧に磨くことが難しくなります。

    唾液には口内の健康を保つ作用や自浄作用、歯の再石灰化の促進などといった役割があります。しかし、発泡剤として使われる合成界面活性剤には、唾液を取り除く働きもあるのです。

    また、界面活性剤の中には長時間使用すると体に悪影響を及ぼす可能性のあるものも存在しています。一般的な歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いのですが、毎日力を入れて歯磨きを行うと研磨剤で歯の表面のエナメル質に傷がついてしまいますし、その傷に歯石などが付着する原因となってしまうのです。

    さらに、歯周病などで歯ぐきが下がると歯の根が露出してしまうため、研磨剤入りの歯磨き粉で磨くと知覚過敏を引き起こすこともあります。
    特にホワイトニング効果を謳う歯磨き粉には研磨剤が含まれていることが多いので注意しましょう。

    ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使えば歯の汚れは落ちやすくなりますが、歯や歯ぐきへのダメージが大きくなってしまうこともあるのです。

    オーガニック歯磨きには泡立ちをよくするための発泡剤などはほとんど含まれていませんし、発泡剤として使われる界面活性剤も含まれていません。

    唾液が余分に取り除かれることもありませんし、ホワイトニング効果のある成分も体に負担の少ないものを選んで使っているということです。オーガニックということで天然成分のみを使っていますし、長時間使っても体への影響を心配しなくて良いでしょう。
  • オーガニックの特徴とは

  • 最近ではオーガニックフードや化粧品などが人気となっており、健康や美容を意識する人が多くなってきたと言えるでしょう。

    モデルや芸能人の中にもオーガニックの商品を使っている人が増えていますし、興味を持っている人も多いかもしれません。

    オーガニックというと、食品をイメージする人が多いでしょう。確かにオーガニックフードも体に良いものとして注目を集めていますが、オーガニック歯磨きはリピート率が高いと言われています。

    一度使い始めると普通の歯磨き粉を使えなくなるという人もいますし、その魅力についてしっておくと良いでしょう。オーガニック歯磨きにはまず、あまり泡立たないという特徴があります。

    泡立たないと聞くとあまり良くなイメージがあるかもしれません。しかし、これが歯や歯ぐきを綺麗に保つために必要な歯磨き粉の特徴であり、泡立ちの良い歯磨き粉を使うとしっかり磨いていなくても磨けたような気分になってしまうので注意しましょう。

    オーガニック歯磨きはすぐに泡立つような発泡剤を使っていないことが多く、ほとんど泡立たないようになっています。そのため時間をかけて丁寧に歯を磨けるようになるでしょう。

    もちろんオーガニックだからといって洗浄力が弱いわけではありませんし、天然由来の洗浄成分を使っているということです。

    特に海の泥を使っている歯磨きは汚れの吸着力に優れており、磨いた後は歯が綺麗になります。
    一般的な歯磨き粉は発泡剤や研磨剤、洗浄剤によって作られていますが、オーガニック歯磨きは歯ぐきの健康や口腔内環境を保つのに役立つハーブや植物成分なども配合しています。

    一般的な歯磨きには体への影響が心配な成分も多く含まれています。歯磨きは毎日使うものですし、安全性の高いオーガニック歯磨きを使った方が安心です。

    歯磨きした後に味覚が変わったと感じたことのある人も多いでしょう。これは歯磨きに含まれる合成界面活性剤の影響であり、美味しく食べるためにもオーガニックの商品がおすすめです。
  • オーガニックを選びましょう

  • オーガニック歯磨きといってもいろいろありますが、まずは有効成分を確認すると良いでしょう。

    虫歯予防のための効果が実証されているのはフッ素であり、配合濃度の高いものの方が効果が高いとされています。

    歯垢中の細菌は日々の食事を餌にして酸を出し、歯の表面のエナメル質を破壊してしまうということです。フッ素は歯垢による酸の産出を抑制し、再石灰化を促進してくれますし、歯の表面を酸に強い構造に変えてくれる効果も期待できます。

    また、歯の再石灰化にはミネラルが必要であり、ミネラルが不足してしまうと虫歯になってしまいます。
    そのため歯磨きにミネラルがきちんと含まれているかどうかも確認しましょう。

    オーガニック歯磨きは泡立ちがあまり良くないという特徴があります。しかし、泡立ちが良すぎるとしっかり磨いていなくても磨いた気分になってしまうため、あまり泡立たないものを選んだ方が良いのです。

    日々の食事によって歯の表面には着色汚れがついてしまうのですが、このような汚れは歯ブラシで磨いただけでは落とすことができません。ホワイトニング効果のある歯磨き粉には研磨剤が含まれており、着色汚れを落とす効果が期待できます。

    しかし、ホワイトニング効果が強すぎると歯の表面を削ったり、歯ぐきを傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

    そのような歯磨きを使い続けた場合、逆に着色しやすくなったり、知覚過敏の原因になってしまうこともあります。知覚過敏は歯の表面のエナメル質の内側にある象牙質に刺激が加わることで起こってしまうものであり、磨きすぎや歯ぎしりなどで歯ぐきが下がってしまうことが原因です。

    内部の象牙質が露出することで知覚過敏が起きやすくなるため、外部からの刺激に対してバリアを作ってくれる硝酸カリウムや乳酸アルミニウムなどの成分が入っているものを選ぶのもおすすめです。

    ちなみに、歯周病は細菌による感染症であり、殺菌作用のある成分が配合されている歯磨きもありますが、歯周病の原因菌は膜に覆われているので歯磨きをしてもあまり効果を期待できません。
  • オーガニックのメリット

  • オーガニックフードやオーガニック化粧品などは環境にも体にも優しいと言われています。

    歯磨きにもオーガニックのものがあるのでチェックしてみると良いでしょう。

    一般的な歯磨きには泡立ちを良くするために発泡剤などの添加物が含まれています。このような添加物は体への負担が大きいのですが、オーガニック歯磨きは含まれていないことがほとんどです。そのため一般的な歯磨きと比べて泡立ちが悪いと感じるでしょう。

    泡立ちが悪いとしっかり磨けていないと感じるかもしれませんが、歯を綺麗にする効果と泡立ちについてはほとんど関係ありません。

    もともとオーガニックというのは化学農薬や肥料に頼らず、添加物をできるだけ使わないようにした製品のことであり、安心して使えるようになっています。

    一般的の歯磨きには研磨剤が入っていることが多く、強い力で長時間磨くと歯のエナメル質を傷つけてしまうこともあります。しかし、オーガニック歯磨き粉には歯への影響が少ない研磨剤を使っており、歯に対して与える影響について心配しなくても良いでしょう。

    ホワイトニング効果を謳っている歯磨きにはより多くの研磨剤が含まれていることがあり、歯の汚れは落ちても歯のダメージが大きくなってしまうことがあるのです。

    オーガニック歯磨きは歯にも口内環境にも優しいと言われていますが、即効性を期待できるわけではありません。すぐに虫歯の予防をしたい場合やホワイトニング効果を得たいという場合、目的に合わせて歯磨きを選んでいくのがおすすめです。

    歯磨きは毎日行うものですし、安全性の高いものを選ぶことは大切です。オーガニックの場合は何度使っても体への影響は心配ありませんし、安心して使うことができるでしょう。

    ちなみに、このような歯磨きは薬局やドラッグストアではあまり見かけないかもしれません。そこで購入したいと考えているなら通販サイトを利用すると良いでしょう。通販サイトなら手軽に購入することができますし、使い方などもチェックできます。
  • オーガニックなら安心して使える

  • フッ素という成分について知っている人もいるでしょう。

    この成分は歯磨きなどに多く含まれており、一般的な成分となっています。

    フッ素の含まれた歯磨きは安全面が心配かもしれません。歯磨き粉は毎日使うものですし、口の中に入れるものなのでできるだけ安心できるものを選んでいくことが大切です。

    フッ素は虫歯を予防する成分として知られているのですが、最近になってからその成分の危険性が指摘され始めています。

    高濃度のフッ素を利用することで吐き気や腹痛、下痢といった症状が起こってしまうこともあるので注意しましょう。

    特に子供がフッ素の入った歯磨きを使う際には大人よりも注意が必要とされています。乳幼児はフッ素を沈着しやすいとされており、中毒症状が起こりやすいと言われています。

    フッ素を飲み込むと血液中をめぐって全身に届きます。大人なら9割程度のフッ素が尿とともに排泄されるのですが、乳幼児の場合は6割程度しか排出されないということです。

    また、フッ素によって発がん率が高まるという意見もあるため、毎日使う歯磨きの選び方を知っておくと良いでしょう。
    使い方や使う量を適切なものにすれば問題ないという意見もありますが、最近ではフッ素の入っていないオーガニック歯磨きなども登場しています。
    毎日の歯磨きで安全なものを使いたいという場合、このような商品を探してみると良いでしょう。

    オーガニックと聞くと歯磨きとしての効果が低そうだと感じるかもしれません。
    しかし、最近ではホワイトニング効果のある商品なども登場しており、気持ちよく磨けるものが人気となっています。オーガニックなら歯がしみにくいですし、泡立ちも少ないので丁寧に歯を磨くことができるでしょう。

    歯磨き粉は食べ物ではありませんし、その安全性はあまり気にしていなかったという人もいるかもしれません。
    しかし、うがいの時などに飲み込んでしまうこともあるため、安心できる成分で作られた歯磨きを選んだ方が良いでしょう。特に小さい子供がいる場合は注意が必要です。
  • オーガニックが人気です

  • オーガニック歯磨きは安心して使える歯磨きとして人気となっています。

    オーガニックには有機という意味がありますが、これは化学肥料や農薬などを使っていない製品のことを指しています。

    単純に無農薬や有機栽培というだけではオーガニック認定されませんし、3年間化学肥料を使用していない土地で育てたことや遺伝子組み換え原料を使用していないこと、衛生管理がしっかりされていることなどの条件を満たす必要があります。
    しっかり認定を受けているものにはマークが表示されているため、購入する時に確認してみましょう。

    歯磨き粉は口の中に入れるものですし、安全性が高いものを選びたいという人も多いかもしれません。

    日本の歯磨きはもともと安全なものがほとんどなのですが、さらに安全なものを使いたいならオーガニック歯磨きを選ぶのがおすすめです。一般の歯磨きの中には発泡剤というものが配合されており、この成分には泡立ちを良くしたり、汚れの除去を促進するなどの効果があります。

    しかし、発泡剤は界面活性剤が使われていることが多く、その毒性についても指摘されています。ちなみに、界面活性剤はアイスクリームやマヨネーズなどの食べ物にも配合されていますし、そこまで危険な成分は使用できないようになっているはずなのでそこまで心配しなくても良いでしょう。

    それでも口腔内は粘膜に覆われているので吸収が早いですし、歯磨きは口の中に入れるものなのでやはり気になってしまう人もいるかもしれません。そのような人におすすめなのがオーガニックの商品であり、体への影響が心配な発泡剤が使われていないため、安心して使うことができるでしょう。

    発泡剤が入っていないとほとんど泡立ちませんが、しっかり丁寧に磨くことができるでしょう。また、一般の歯磨きには着色料が使われていることもあります。

    オーガニック歯磨きなら着色料も使っていませんし、体に安全な製品と言えるでしょう。また、このような歯磨きは手作りすることもできるため、作り方をチェックするのがおすすめです。
歯ぐきに良いものやホワイトニング効果のある「オーガニック歯磨き」
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事