オーガニック歯磨き粉で歯と歯ぐきを労りながら効果的にホワイトニング!

オーガニック歯磨き粉で歯と歯ぐきを労りながら効果的にホワイトニング!

Thumb?1414295452 muah♪さん

65

毎日使う歯には、様々な食べ物や飲み物が少しずつ付着することで、黄ばみが生じてきます。一度付着した歯の黄ばみを落とすには、ホワイトニング専用歯磨き粉を使用するのが効果的です。中でも、特におすすめなのが安全な「オーガニック歯磨き粉」です。

  • オーガニック歯磨き粉とはどんな歯磨き粉?

  • オーガニック歯磨き粉とはどんな歯磨き粉?
  • 毎日の歯磨きでは、ほとんどの方が何らかの歯磨き粉を使用して磨いていると思います。

    歯磨き粉には、歯の悩みや目的などによってそれぞれ得られる効果が違うため、様々な種類が存在しています。

    私達は、多種多様な歯磨き粉の中から自分の歯に合ったもの選んで使用していますが、これらの歯磨き粉の多くは化学合成成分が数多く配合されています。
    言い換えると、私達は色々な化学合成成分を口の中に入れているということになります。


    「別に、歯磨き粉は飲み込んでしまうわけではないから大丈夫でしょう!」と思っている方も多いのではないでしょうか?
    しかし、たとえ歯磨き粉を飲み込んでいなくても、合成成分は歯磨きをしている時に、口腔内の皮膚から少しずつ吸収されているのです。


    皮膚内に吸収される合成成分の量がほんのわずかであったとしても、それを何十年も使い続けることで、吸収された合成成分が体内に蓄積されていくことになります。

    合成成分は、天然成分と違い高い効果を得るために人工的に作られた成分です。そのため刺激が強く、体内に吸収されると消滅することなくそこに留まり続けるのです。

    特に、最も刺激が強いとされる石油系界面活性剤などは、体内に留まることで発がん率を高めるとされています。こうしたことから、1日に何度も口の中に入れる歯磨き粉にも、気を配る必要があるのです。
    では、刺激の強く有害な合成成分を使用していない歯磨き粉には、どのようなものがあるのでしょうか?

    合成成分無添加の歯磨き粉には、無添加の植物性歯磨き粉があります。中でも、原料となる植物素材の栽培にもこだわった「オーガニック歯磨き粉」がおすすめです。

    植物性歯磨き粉であっても、原料となる植物成分がどのようにして栽培されていたのかが明確でないと、少々不安があります。大量栽培を行うために、化学肥料を大量に使用していては、本当の植物性歯磨き粉とは言えません。

    オーガニック歯磨き粉は、原料となる植物を栽培する際、化学肥料は一切使用せず、また農法も有機栽培にて行われます。そうして栽培された植物は、オーガニック認定を受けることで初めてオーガニック素材となります。

    こうして作られた素材を使用して製造されたものが、「オーガニック歯磨き粉」なのです。
  • オーガニック歯磨き粉の特徴とその効果

  • オーガニック歯磨き粉の特徴は、

    ①化学肥料や農薬などを一切使用せず、有機肥料と有機農法のみで栽培された植物であること
    ②オーガニック認定機関の厳しい基準に合格したものであること

    という2つの項目を満たした原料を使用して作られた歯磨き粉です。

    また、オーガニック原料の他に配合する成分にもこだわっており、石油系界面活性剤はもちろん、合成着色料、合成香料、発泡剤、防腐剤などの化学成分も一切使用していないものが多いです。

    そのためオーガニック歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉のように豊富な泡立ちはありません。

    一般的な歯磨き粉には、発泡剤と呼ばれる泡立ちを良くする成分が含まれています。ボディソープやシャンプー、キッチン用洗剤などでも言えることですが、泡立ちが良くないとしっかりと汚れを落とせていないような気分になりますが、決してそんなことはありません。

    汚れを落とす役目をするのは、発泡剤ではなく界面活性剤です。
    また、歯磨き粉の場合では、泡立ちの良すぎる歯磨き粉を使用すると、返って泡が邪魔になり歯をきれいに磨けないことがあります。

    オーガニックの歯磨き粉には、発泡剤は含まれていないため泡立ちは良くありません。
    しかし、無駄な泡が無い分きれいに歯を磨くことができます。

    使用している洗浄成分は、石油系ではなく植物由来の洗浄成分です。そのため、口腔内の粘膜から成分が吸収されても影響はなく、安心して使用できます。

    植物由来の洗浄成分では、洗浄力に不安を感じる方も多いと思います。天然成分には素晴らしい力を持っているものも多く、歯磨き粉に使用されている洗浄成分は、歯に付着した汚れを吸着して除去する力に優れています。
    そのため、歯磨き前にはザラザラしていた歯も、歯磨き後にはつるつるになります。
    オーガニックの歯磨き粉にも、ホワイトニング効果を得られる製品もあります。

    一般的なホワイトニング歯磨き粉には、研磨剤が配合されているものが多くあります。
    研磨剤を配合することで、歯を擦って色素沈着を取り歯を白くしていくのです。

    しかし、研磨剤入りを使い続けることで歯に細かな傷を付けてもろくしてしまいます。また、研磨剤は歯ぐきにも刺激を与えるので、歯ぐき下がりの原因にもなります。

    オーガニックの歯磨き粉には、研磨剤が含まれておらず、天然由来の成分が汚れを浮かして取り去ります。そのため、大切な歯や歯ぐきを傷付けることなくホワイトニングが行えます。
  • オーガニック歯磨き粉はどう見分ける?

  • 多種多様な歯磨き粉の中から、オーガニック歯磨き粉を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

    オーガニックの歯磨き粉の全てが、化学成分を全く使用していないわけではありません。中には、オーガニック認定素材の他に、合成成分を含んでいるものもあります。それでも、オーガニック認定を受けている素材を使っていればオーガニックを名乗れてしまうのです。

    本物のオーガニック製品を選ぶためには、いくつかのポイントを満たしているかチェックすると良いでしょう。


    ①オーガニック認定を受けているか

    オーガニックと名乗るためには、認定機関の証明が必要となります。日本では、2001年から「有機農産物と加工品の検査・認証制度」が施行され、合格したものには「有機JASマーク」が付与されます。このマークが付与されなければオーガニックを名乗ることができません。
    歯磨き粉に「オーガニック」と書かれていた場合には、「有機JASマーク」があるかどうかを確認しましょう。


    ②刺激の強い合成成分が無添加である

    安全なオーガニック製品は、天然由来成分のみで作られています。そのため、石油系の合成成分などは一切使用されていません。裏面の成分欄を確認し、界面活性剤に何が使われているか見てみましょう。

    特に刺激の強い石油系・高級アルコール系の界面活性剤としては、ラウリル硫酸Na(ナトリウム)・ラウレス硫酸Naなどがあります。これらが配合されているものは避ける必要があります。


    ③研磨剤が配合されているか

    ホワイトニング効果を得るために研磨剤が含まれているものがありますが、研磨剤は歯を傷付けてもろくしてしまう他、歯ぐきも傷付ける可能性があります。そのため、研磨剤が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

    研磨剤としてよく使われる成分には、リン酸水素カルシウム・炭酸カルシウム・無水ケイ酸・水酸化アルミニウムなどがあります。

    オーガニックの歯磨き粉には、「シリカ(珪素)」と呼ばれるミネラル成分が研磨剤として配合されています。シリカは皮膚や骨、毛髪、血管に含まれている成分なので、歯をホワイトニングしながら歯ぐきもケアも行えます。

    従って、研磨剤としてシリカを使用しているオーガニック製品を選ぶと効果的です。
  • オーガニック歯磨き粉のメリットとは?

  • オーガニックの歯磨き粉を使うことで、様々なメリットを得ることができます。

    ①人体に悪影響を与えない

    石油系界面活性剤やその他の石油系合成成分は、皮膚や粘膜への浸透率が非常に高く、気付かないうちに体内に化学成分を取りこんでしまいます。また、発がん性も高いので人体にも良くありません。

    このような成分が無添加のオーガニック製品を使用することで、人体に悪影響を与えることがありません。


    ②磨き残しが無くなる

    オーガニック製品には発泡剤が含まれていないので、一般的な歯磨き粉のような泡立ちがありません。そのため、泡が邪魔することがないのでしっかりと歯磨きができ、磨き残しが無くなります。


    ③ホワイトニング効果も得られる

    研磨剤が不使用のオーガニック製品には、海泥などの天然成分を配合したものがあります。この海泥は、長い年月をかけて蓄積された海洋動植物の成分が含まれており、様々なミネラルが豊富です。

    これを歯磨き粉に配合することで、歯に付着した色素を強力に吸着して除去してくれます。そのため、研磨剤を使用しなくてもホワイトニング効果を得ることができます。

    また、歯茎も傷付けることがないので歯ぐき下がりも防ぐことができます。


    ④環境にも優しい

    天然成分のみで作られている歯磨き粉なので、下水に流れた後は微生物たちに分解されて自然へと還ります。石油系合成成分は、刺激が強く微生物たちを死滅させてしまうため、下水に流れてもそのままの状態で留まり続けます。これが環境破壊の原因の一つとなっています。

    歯磨きは1日に2回~3回程度を毎日行います。その習慣に使用する歯磨き粉をオーガニック製品に替えることによって、下水の水質を悪化させることがなくなります。小さなことですが、これを何十年を続けることによって将来の地球を守ることにもつながります。


    ⑤飲み込んでしまっても大丈夫

    この歯磨き粉は、天然由来の成分のみで作られているので、もし間違って飲み込んでしまっても特に人体に影響が出ることはありません。そのため、お子さんにも安心して使用することができます。
  • オーガニック歯磨き粉の注意点

  • オーガニックの歯磨き粉における注意点としては、「オーガニックだから全て安心!」だと決めつけないことです。

    オーガニック素材を配合していても、全ての成分がオーガニック素材であるということではありません。
    数ある成分のうち、1つでもオーガニック素材が配合されていれば、それはオーガニック製品として販売されます。ということは、オーガニック素材の他に化学成分が配合されていてもオーガニック製品となるわけです。

    従って、オーガニックの歯磨き粉を選ぶ際には、化学成分が無添加の製品を選ぶことです。

    特に、化学成分にアレルギーを持っている方は、注意して成分を確認しましょう。もし、選んだ歯磨き粉に化学成分が配合されていた場合、それを使ったことで口の中が痒くなったり、口内炎などができるなどの副作用を引き起こす可能性があるからです。

    オーガニックの歯磨き粉でも研磨剤が含まれているものがあります。歯が弱い方や歯ぐきに炎症が起こっている方などは注意が必要です。

    歯や歯ぐきにトラブル抱えている方が、研磨剤入りの歯磨き粉を使用することで、更に歯をもろくしてしまったり、研磨剤の種類によっては炎症を悪化させる可能性があります。
    ホワイトニング効果を得たい場合には、天然の色素吸着成分が配合されたものを選ぶようにすると効果的です。

    例えば、海底の泥が含まれる歯磨き粉を使用することで、海泥に含まれる豊富なミネラルが歯に付着した黄ばみを強力に吸着させて落とします。

    そのため、研磨剤入りの歯磨き粉でゴシゴシと磨く必要もなく、歯や歯ぐきを傷めることがありません。

    無添加のオーガニック歯磨き粉は、一般的に販売されている歯磨き粉と比較すると価格が高めです。
    これは、使用する素材にこだわっているため大量に生産することができないからです。

    人工的に作られる石油系合成成分は原料も安定しているため、大量生産が可能であり価格も安価にすることができますが、オーガニック製品は厳しい基準に合格しなければ素材として使用することができません。

    こうしたことから、価格は少々高めになってしまいます。しかし、人体や環境のことを考えれば少々高めでもオーガニック製品がおすすめです。
  • おすすめのオーガニック歯磨き粉をご紹介!

  • オーガニック歯磨き粉の中で、ホワイトニングもできるおすすめ製品をいくつかご紹介します。


    【しろえ 歯磨きジェル】

    この歯みがき粉は、天然素材を使用した機能性の高い製品です。人工的な合成成分ではなく、古来から伝わる12種類の植物成分によって健康的に歯を白くすると共に、虫歯を効果的に守ります。

    30日間使用しても効果が得られない場合には、全額返金保証制度が利用できます。返金保証が付いているということは、それだけ製品に自信がある証拠でもあります。

    内容量は1本50gで、価格は1,480円(税込み)となっています。


    【メイド・オブ・オーガニクス オーガニック ホワイトニングトゥースペースト】

    この歯磨き粉は、天然由来成分100%の無添加製品であり、そのうち実に96.3%がオーガニック成分で作られています。

    歯と歯ぐきのことを考え、バンブーパウダーとシリカの2つの天然成分で、効果的に歯を白くしていきます。ペーストも柔らかいので、1日何度でも使用することができます。

    内容量と価格は75gのレギュラーサイズで1,512円、130gのビッグボトルで2,376円(税込み)となっています。

    インターネット通販でも幅広く販売されており、更にお得に購入することも可能です。


    【Sinn Purete' (シン・ピュルテ) トゥースペーストWH】

    この歯磨き粉は、口の中をph8.1のアルカリ性を維持して、口腔環境を清潔に保ちながら虫歯を予防します。

    天然成分のシリカ配合で、デリケートな方でも優しく磨き上げて効果的に黄ばみを落としていきます。
    プロポリスエキスが口内環境を浄化して、爽やかなミントフレーバーが口臭を予防します。

    体内に入っても安全な成分で作られているので、歯ぐきマッサージやデンタルフロスでの歯間ケアにも効果的です。

    この歯磨き粉は、実際に使用した方達の評判も非常に高く、リーピート率が高いオーガニック歯磨き粉です。

    内容量は1本75mlで、価格は1,188円(税込み)となっています。
オーガニック歯磨き粉で歯と歯ぐきを労りながら効果的にホワイトニング!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事