無添加で肌に優しい上に環境にも優しいエコな洗剤オーガニック洗剤とは

無添加で肌に優しい上に環境にも優しいエコな洗剤オーガニック洗剤とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

57

環境にも優しく、肌にも優しいことが注目されているオーガニック洗剤ですが一体どのような洗剤なのか気になりますよね。では、特徴や商品、注意点などについて説明します。

  • オーガニックな洗剤ってどんなもの?

  • オーガニックな洗剤ってどんなもの?
  • オーガニック洗剤は石鹸でもなく合成洗剤でもないものですが、日本の家庭用品品質表示法では石鹸と合成洗剤の二つの分類しか存在していないため、どちらに属するのかと言われたら合成洗剤に属することになります。

    しかし、実質的には合成洗剤とは異なるものであるため、家庭用品品質表示法では合成洗剤になりますが合成洗剤と区別するためにオーガニック洗剤という名称で呼ばれています。

    石鹸と合成洗剤の違いは合成界面活性剤の有無であり、石鹸が手を荒れさせたり環境に害がないのは石鹸に含まれている界面活性剤は濃度が薄まることで界面活性剤としての性質を失うからです。

    体を洗う時に水に薄まったり、排水溝へ流れて行く中で水に薄まる時に界面活性剤ではなくなるとされます。一方の合成洗剤は石鹸ではないものという括りであり、水などで濃度が薄まっても界面活性剤としての性質は失われることがないため、界面活性剤は肌に良くないとか環境に良くないといわれています。

    オーガニックと見聞きすると、天然素材・自然派・植物性のイメージが強いと思います。

    洗剤に配合させる界面活性剤は基本的に天然由来を使用することが難しいため、天然系とされる脂肪酸系・アミノ酸系・ベタイン系が配合されています。

    天然由来の界面活性剤であるレシチンやサポニンは洗浄力が弱いことから洗剤には不向きなので、天然系を化学的に合成させたものを用いることが多いようです。要は、天然のものをそのまま使用しているわけではなく、天然の素材を化学合成して使用しています。

    メーカーによって配合している天然系の素材は違うので、天然とか自然と記載されていても肌や環境に良いかは配合成分を確認しないと分かりません。

    洗剤には体を洗う用・衣類を洗う用・食器類を洗う用など色々ありますが、どの洗剤にもオーガニック洗剤は存在しています。

    天然素材をそのまま使用しているわけではないことが現実としてありますが、肌に優しく環境にも悪影響を与えない商品があることは確かです。
  • 用途ごとの特徴とエコや無添加について

  • 生活の中で使う洗剤の中で最も肌のことを考える洗剤は、ハンドソープやボディーソープといった肌を洗うためで使用する洗剤ですよね。

    ハンドソープやボディーソープでは洗浄力が第一に考えられていましたが、最近は洗浄力に加えて保湿力も重視されるようになっているので、保湿成分が配合されていることが多いです。

    オーガニックは無添加のことなので加えて配合される保湿成分も天然系の素材で、洗浄力を発揮する素材に保湿効果もある場合もあります。

    次に食器用洗剤についてですが、食器用洗剤でも肌への影響が考えられています。食器類を洗う時に手強い相手となるのは油汚れなので、油汚れがしっかり落とせる素材が配合されます。

    メーカーによって異なりますが、泡切れの良さなどの使い心地の面でも意識して作られている商品もあります。エコがちゃんとされている商品では排水溝へ流れていく際に配合成分が分解されて、環境に悪影響のないようになっています。

    最後に、衣類を洗う洗濯用の洗剤についてです。食器類とは別の汚れであり、臭いを落とす効果も必要となります。

    天然系には変わりないのですが、肌に直接触れるソープ類や食器用と違った成分が配合されており、汗や土汚れなどを洗浄する洗浄力の高さを意識して作られています。使用後、エコのために排水溝へ流れていく時に微生物による分解が起きる商品もあります。

    肌に直接触れるオーガニック洗剤は無添加で肌への優しさを重視して作られ、洗濯用のように洗浄力重視のオーガニック洗剤ではエコが重視されていることが多いようです。

    メーカーによってエコ重視か人体への影響重視か違うので、商品を製造しているメーカーを調べてみることでどのような方針でエコや無添加を謳っているのかが分かります。

    健康や美容のために無添加、環境のためにエコを考えたいものですが、商品によってエコ度と無添加の真実味に差があるので間違いなく使用するためには配合成分を調べたりメーカーの考え方を知ると良いと思います。
  • 無添加と無添加ではない洗剤の見分け方

  • オーガニック洗剤は無添加の洗剤のことなので、添加物が含まれていない洗剤が真のオーガニック洗剤となります。

    添加物とは香料・漂白剤・蛍光剤・合成着色料・保存剤などのことで、洗剤だけでなく食品類の表示でも見たことがある人は多いと思います。
    洗剤では原料・製法・成分をチェックすることでオーガニック(無添加)なのかオーガニックではないのかを見分けることができます。

    始めにチェックする部分は、原料です。

    無添加ではない洗剤では石油系や天然油脂が使用され、無添加な洗剤では天然油脂が使用されます。どちらにも天然油脂が使用されることがあるため始めにチェックする項目となりますが、石油系使用の場合は明らかに無添加ではないのでオーガニック洗剤を使いたい場合は避けましょう。

    原料が分かったら、製法をチェックします。原料が天然油脂で製法が化学合成であった場合は、無添加ではありません。

    たとえ原料が天然油脂でも化学合成をする時に天然ではない物質が含まれるので、純粋な自然原料ではなくなります。無添加の製法は中和法かケン化法ですが、製法については商品に記載されていないこともあるので記載されている場合に確認しましょう。

    最後に、最も判別がつきやすい成分表記をチェックします。無添加な洗剤の成分は脂肪酸ナトリウムか脂肪酸カリウムで、これら成分で作られるのは合成洗剤ではなく石鹸です。

    石鹸に分類される商品は完全なる無添加であり、石鹸を作るために必要となる成分以外は配合していません。

    無添加ではない洗剤にはアルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)やアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(ラウレス硫酸ナトリウム)など難しい名前の物質が配合されており、記載した2種類の他に2000種類以上の物質が合成洗剤に用いられます。

    簡単な見分け方では、成分及び原料をチェックして表記が1行で収まっている洗剤は無添加、2行以上記載されている場合は無添加とは言えない成分が配合されているようです。
  • オーガニック洗剤を使う良さは?

  • オーガニックな洗剤を使用するメリットは、環境を汚染しないこと、肌に優しいので荒れるなどのトラブル防止になることにあります。

    オーガニックな洗剤が開発された最初の目的は、水質汚染問題でした。今となっては肌に優しいから美容やアトピー対策で使用するものと思われていますが、はじめの開発理由は自然界の水質が人間の生活排水によって汚染されてしまった状況を良い方向へ変えるためです。

    自然界の水はその水の中で生きている生物の生死を左右するものであり、人間が生きていくためにも大事なものです。そのことから、自然環境に悪影響を与えない洗剤を作ろう!ということになったのです。

    オーガニックな洗剤は自然環境及び水質汚染改善のために開発されましたが、技術の進歩と共に人間の健康・美容・使いやすさについても考えられるようになります。

    時代の流れで登場した、商品によっては進化した結果として保湿効果も忘れないオーガニックな洗剤や香り付きのオーガニックな洗剤に関心を持つ女性が増え始めます。そして、オーガニックという言葉が一般的によく知られるようになり、肌に優しいことが話題となってからはアトピーであったり肌が弱かったり敏感肌である人向けの商品も登場するようになります。

    オーガニックな洗剤や石鹸を使用することで得られるメリットは、現代では肌への余分な刺激を軽減させられることが大きいでしょう。

    水質汚染に関することは二の次である場合が多いのが現代で、特に日本には優れた水質に関する技術があるので生活水の問題はその技術に関係のある人でない限りはあまり気に留めないことかもしれません。

    それでも、肌に優しくて環境にも優しいと見聞きすると魅力的に感じられる人が多いとされます。ボディーソープや食器用洗剤では肌の優しさと洗浄力を重視が重視されますが、人体に優しくて洗浄力も高く環境を汚染することもない洗剤は理想的ですよね。

    水質汚染問題から進化を遂げた末に使いやすさも考えられたオーガニックな洗剤は、使い手にとっても自然界にとってもメリットがあるのです。
  • オーガニック洗剤を選ぶ時の注意点

  • 無添加を選ぶ理由は肌質の問題や環境への配慮など人それぞれの思いがありますが、自然派とか天然由来といったオーガニックを想像させる商品の中には無添加でもない上にエコでもない商品があるので、選ぶ時には配合成分表記を要チェックすることが大事です。

    特にアトピーなど肌が弱い人がオーガニック洗剤を選ぶ時には失敗があってはならないので、慎重に選ぶようにします。

    商品は成分表記に嘘がある場合は販売することが許されないので、避けたい成分を知っておきましょう。要注意な成分は、合成色素・合成香料・ホルムアルデビド・イソプロピルアルコール・パラフィン・メチルパラベン・メチルイソリアゾリンオン・プロピレングリコール・DEA・MEA・TEA・ラウリル硫酸ナトリウムなどです。

    合成洗剤ではラウリル硫酸ナトリウムが使用されるので、無添加やエコを謳っていてもラウリル硫酸ナトリウムが配合されている商品はエコでオーガニックな洗剤ではなく、肌や環境に悪影響が及ぶかもしれない合成洗剤です。

    オーガニック洗剤は健康意識や美容意識、環境への配慮意識が高い人に注目される洗剤で、人気があるものなので謳っている内容とは違う配合成分の商品も存在します。成分表記を必ずチェックして、正しく無添加で本当にエコな商品を選びましょう。

    体に触れるもので気になるのは副作用ですが、本物のオーガニック洗剤には副作用はありません。
    本物ではないオーガニック洗剤では肌荒れなどの副作用が現れる可能性が否定できませんが、無添加で人にも環境にも優しいオーガニック洗剤で副作用が現れることはまずないでしょう。

    無添加と謳われている若しくはオーガニックと謳われている商品で肌が荒れたりヒリヒリしたり、何かしらの副作用的な状態を感じたら商品の表記を確認してみます。

    もしかしたら、オーガニック洗剤ではないかもしれません。商品に問題は見つからないけど合わないといったことは肌質に関係なくあるので、合わない場合は別の商品を試すと良いです。
  • 選ぶ時の参考になる商品例

  • 〇ソネット

    ソネットはドイツにて1977年に設立された自然環境に配慮する気持ちの強い洗剤会社です。

    ソネットの名はフランス語で小さな石鹸を意味し、1960年代に水質汚染が問題となったことをきっかけとしてエコな洗剤を作り始めたと言います。

    ハンドソープとボディーソープ・食器用洗剤・洗濯用洗剤を製造販売していて、天然油脂を原料としています。

    ヤシ油・オリーブ油・ココナッツ油・菜種油などの天然油脂を使用し、肌への優しさ、自然環境の水質を汚染しない製品つくりを心がけています。

    香りにもラベンダーやレモングラスなどの天然素材を使用し、エコと使い手の使いやすさの全ての面を考えて作られた洗剤を扱っています。長く多くの人に愛されている洗剤で、現代も人気の高い洗剤です。


    〇名もなきオーガニック洗剤

    名前からして印象的ですが、自然なライフスタイルを実施しているコミュニティーである三角エコビレッジサイハテによるオーガニックな洗剤です。

    原料として使用されているのは松の油と水なので、本当に無添加な自然派洗剤となっているようです。

    肌への優しさはもちろん、環境にも優しくて洗浄力もしっかりしています。驚きなのが体を洗うボディーソープや手を洗うハンドソープとして使う他、食器を洗う食器用洗剤としても使えて、衣類を洗う洗濯用洗剤にも掃除用にも使える洗剤とされています。これ一つあれば洗うことなら何でもできるといった商品で、惹かれる要素の多い洗剤です。
    どのような肌質でも使用可能で、アトピーで肌が弱い人にも敏感肌の人にもおすすめです。

    排水溝へ流れる際には約1週間で自然に還るので、水質汚染の心配もありません。洗浄効果の他、除菌効果・消臭効果・柔軟効果・静電気防止効果もあるようなので、衣類用洗剤として使用する時には柔軟剤の代わりにもなるのかもしれません。

    他にもオーガニック系の洗剤はたくさんありますが、今回紹介したのは長く多くの人に愛される知名度の高いソネットと、三角エコビレッジサイハテによる名もなきオーガニック石鹸でした。

    自分に合う商品を探すことが大事なので、成分をよく調べた上で色々試してみると合った商品が見つかります。
無添加で肌に優しい上に環境にも優しいエコな洗剤オーガニック洗剤とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事