エコロジーに配慮した無添加のオーガニック洗剤の特徴とは?

エコロジーに配慮した無添加のオーガニック洗剤の特徴とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

47

自然派志向の方やエコロジーに関心の高い方に、オーガニック洗剤が人気です。
無添加問い特徴をもつオーガニック洗剤は、成分にこだわって作られているため手肌に優しいのが特徴です。

  • エコロジーに配慮した洗剤

  • エコロジーに配慮した洗剤
  • 環境や美容、健康に関心が高い方が増えており、化粧品や洗剤も無添加のものが人気です。

    洗剤は一般的には石油由来の原料が使われており、汚れ落ちが良いという特徴がありますが、地球環境を汚染したり肌の刺激になるといった側面もあります。

    エコロジーの観点から地球環境を汚染せず、肌にも優しい特徴があるオーガニック洗剤は自然派の商品を多く扱うショップなどで販売されています。

    オーガニック洗剤にもいろいろなタイプがありますが、衣類用の洗剤の場合は生分解性が高く、排水から流れてからも川や海を汚染しない成分のタイプは世界中で愛用されています。

    その他にも余計な成分が入らない無添加タイプの洗剤が販売されており、添加物にアレルギーを起こしやすい方に人気です。
    特に人気のタイプに石鹸成分で作られた洗剤があり、汚れ落ちも良く環境も汚染しやすい野が億町です。

    オーガニック洗剤は肌が弱い方にも最適な洗剤で、一般的な洗剤をつかうと肌がアレルギー症状を起こしてしまう方にも安心して使えるメリットがあります。

    オーガニック洗剤というと、汚れ落ちが悪いのではないかという不安を持つ方もいるかもしれませんが、オーガニックや無添加の洗剤はしっかりと汚れを落とせるものも多く、蛍光剤や漂白剤を含まないため衣類の自然な風合いを保つことが出来たり、本来の色を楽しむことが出来ます。

    近年エコロジーに対する関心が世界中で高まっており、環境を汚さない洗剤や化粧品を使う人が増えています。

    洗剤は毎日の生活で必要不可欠なものですが、河川や環境の汚染は目には見えないものですので毎日の積み重ねが大切という考えのもと、多くのブランドからオーガニックや無添加の洗剤が販売されています。

    アトピー性皮膚炎や敏感肌の方は、化学製品が多用されている製品を使うと肌トラブルを起こすケースが多く見られますが、オーガニックや無添加のものの場合肌を健やかに保てる場合が多く、皮膚科医でも無添加やオーガニックタイプを推奨するところが増えています。
  • 安心して使えるエコロジーに配慮した洗剤

  • オーガニック洗剤を使うことで、環境への負担を低減しながら洗濯や掃除をすることが出来ます。

    洗剤に含まれる合成の界面活性剤は河川を汚し、環境を汚染するといわれており、なるべく多く使わないことが推奨されていますが、オーガニックタイプや無添加タイプではそうした点に配慮されて作られていますので、環境に安心して使えるという特徴があります。

    無添加の商品は洗剤に限らず、化粧品や食品などもありますが、どれも環境や人間の身体に優しく美容に良いという特徴があります。

    添加物を入れるメリットとしては、使用感を良くしたり、日持ちをよくしたり、色や香りを楽しむことが出来るといったものがありますが、汚れを落とすことそのものには必要のない成分も多く、環境を汚したり肌にダメージを与えるといったケースもみられます。

    添加物が配合されている化粧品や洗剤を使っていると、アトピー肌や敏感肌の方は肌トラブルを起こしやすく、普通肌の方でも肌の乾燥を促進してしまうことがありますが、オーガニックや無添加のタイプの洗剤は手肌に優しい特徴がありますので、現在肌トラブルが出ている方だけでなく、スキンケアに気を使いたい方にも最適の洗剤です。

    汚れ落ち店でも特に無添加の石鹸成分がベースの製品は洗浄力が非常に高く、衣類をふんわりと洗い上げたり、素材の自然な風合いを残して洗うことを得意としています。

    一般的な選択洗剤には柔軟剤や蛍光剤、漂白剤などが配合されているものもあるため、不自然な白さに洗いあがってしまう事や色落ちしてしまうこともありますが、石鹸がベースの無添加タイプの洗剤にはそうしたことが起こりにくいのもメリットです。

    無添加タイプやオーガニックタイプの洗剤を使い始めてからエコロジーに興味を持つようになったという方も多く、エコロジーの観点から洗剤を使いすぎないようにしている、風呂の残り湯を使って洗濯をするようになったという声もあります。

    一般的な洗剤は手袋をしないと手荒れをしてしまいますが、オーガニックや無添加タイプは素手で触っても安心という特徴があります。
  • 自分にあった商品を選ぶ方法

  • オーガニック洗剤は、様々なメーカーから販売されていますが、価格帯やどのような添加物を配合していないかについては企業のポリシーなどによって異なります。

    オーガニックの概念は有機栽培や化学肥料を不使用という内容ですが、オーガニックの材料をつかっているのでオーガニック洗剤として販売されているものもありますし、成分には徹底的にこだわり、添加物も極力配合しないといった製品もあり、そのこだわりについては商品やブランドによってこだわります。

    予算がきまっているのであれば、予算内でなるべくエコロジーに配慮した製品を選ぶのが良いでしょう。

    エコロジーに対する関心は世界的にも高まっており、世界中のオーガニックショップやブランドから洗剤が販売されています。

    エコロジーに配慮した洗剤の中には、高額な値段で売られているものもありますが、購入すると故意にはコストパフォーマンスに優れているかどうかについて考えるのもポイントです。

    肌に優しい製品や環境に配慮したエコロジーな商品は一般的な製品よりも割高な傾向にありますが、高いほうが肌に優しかというと、そうとは言い切れない面もあります。

    必要なのは汚れをしっかりと落として余計な成分を含まず、環境に優しい成分で出来ている点にありますので、製品の特長をよく理解したうえで選ぶのがおすすめです。

    エコロジーに配慮した製品の口コミや特徴をランキング形式で紹介しているサイトもありますし、個人のブログなどのSNSなどで使用感について紹介されているサイトもあります。

    特に肌質や年代が似通った人の口コミは参考になる点も多く、そうしたユーザーの条件を指定して口コミを知ることが出来るサイトは多くの方に利用されています。

    オーガニック洗剤や無添加洗剤を選ぶ人の多くは、化粧品や食品でも添加物が入らない体に優しいものを選ぶ傾向にありますので、そうした人の口コミを参考に選ぶのも自分に合った自然派洗剤を選ぶのに役立ちます。
    口コミサイトから商品を購入することもできます。
  • 肌に優しく汚れをしっかり落とします

  • オーガニック洗剤を使うようになってから肌トラブルが起きにくくなったという声は多く、特に赤ちゃんや小さい子どもは肌が薄くバリア機能が低いため、添加物の多い洗剤や化学成分が多く入った洗剤では皮膚トラブルが出るケースも多くあります。

    アトピー性皮膚炎の人の症状は化学物質を含む市販の洗剤で悪化するケースがありますが、無添加の洗剤にかえてから症状が出なくなるというケースも多く見られます。

    その場合は、洗剤の添加物に肌がアレルギーを起こしていたことが考えられますので、日常で使う化粧品や洗浄料などは添加物が入らないタイプを使うのが好ましいといえるでしょう。

    実際皮膚科でも無添加タイプの洗剤を使うことが推奨されており、肌の水分を奪ったりバリア機能を壊すことになりかねない添加物が入らないタイプは肌へのやさしさから推奨されています。
    オーガニック洗剤は、子供の衣類だけでなく大人の衣類を洗う際にもメリットがあります。

    生成りのナチュラルな風合いのコットンなどは蛍光漂白剤がはいった洗剤では真っ白になってしまい風合いが保たれないケースが多く見られますが、石鹸成分でできた無添加洗剤は、衣類の本来の色を守って洗うことが出来ますし、たいていの素材のものは洗うことが出来ます。

    洗浄力も古くから洗濯に使われてきた洗濯石鹸をベースとしている無添加洗剤は非常に高く、クエン酸を含む柔軟剤で仕上げるとふんわりと洗い上げることが出来ます。

    エコロジーに気を使う若い方価値からも最近は石鹸をベースとした洗剤が選ばれており、赤ちゃんのおむつを洗うのにも最適として支持されています。

    赤ちゃんは肌がデリケートですし、布おむつは清潔に保つ必要がありますが、洗浄力が高く肌へのやさしさも兼ね備えた石鹸がベースの洗剤なら添加物も配合されていないため汚れをしっかり落としてふわふわの状態に洗い上げることが出来ます。

    市販の洗剤より割高な傾向にありますが、使用感が良いため多くの方から選ばれるのがオーガニックタイプの洗剤です。
  • 洗剤を選ぶ際に気を付けたいこと

  • オーガニック洗剤は、手肌や環境に優しいのが最大の特徴ですので、一般的な使い方をしている場合には重篤な副作用などは報告されていません。

    エコロジーの面では特に非常に環境に優しい商品もあり、毎日洗濯や掃除に使うことで合成の化学洗剤を使った場合と比べると環境を汚染する物質をなるべく排出しないという特徴があります。

    オーガニックや無添加の洗剤は、メーカーによって汚れ落ちや価格、使うのに適した量などは異なりますので、用量を守って洗浄をする必要があります。
    あまり量が少なすぎても汚れが落ちませんし、量が多いからと言って汚れ落ちがよくなるわけではありません。

    オーガニック洗剤だけでは落とすことが出来ない濃いシミなどは、酸素系漂白剤を併用すると綺麗に汚れを落とすことが出来ます。
    塩素系の漂白剤とことなり環境や肌にも優しいエコロジーに配慮した漂白剤で、マイルドな使用感ですがしっかりとつけこむことで大抵のシミを綺麗に落とすことが出来ます。

    毎日の洗濯で使うなら、洗濯機に洗剤と一緒に投入すると、衣類の自然な白さを保ったり、生乾きの嫌な臭いや雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

    まれにオーガニック洗剤を使っていて肌が荒れてしまうというケースもありますし、そういうケースはどのような化粧品や洗剤にもあることです。

    オーガニックは万能ではなく、あくまで環境や手肌に優しくエコロジーに配慮した商品という事ですので、肌に合わないと感じた場合は他の商品を使うなどの工夫が必要なこともあります。

    使っていて肌が刺激を感じた場合は、ゴム手袋を使って洗濯や洗い物をするのが得策です。
    オーガニックタイプの洗剤はもともと手肌に優しいのが特徴ですが、お湯を使った洗い物や冬場などは手指の油分や水分がなくなりやすく、手肌が荒れてしまうことがありますので、そうした場合は手袋を着用の上で使うと良いでしょう。

    長期にわたって使いたい商品が見つかった場合は、大容量タイプを買い求めると、コストパフォーマンスが高まります。
  • 健康や環境に優しい洗剤

  • 植物とミネラルでできた成分がベースとなったエコベールは、洗剤だけでなく色々な製品がシリーズで販売されています。

    オーガニックや無添加といった製品に関心の高いエコロジストたちにも定番的な人気のブランドで、汚れをしっかりと落として洗濯物をふんわりと洗い上げるのが特徴です。

    大容量のボトルも販売されていますので、家族が多い人にも最適です。
    通信販売で購入すれば、重たいボトルでも気になりません。

    最近人気のドラム式洗濯機にも適していますので、洗濯から乾燥まで一気に済ませてしまいたい人にもおすすめです。

    カエルのマークが有名なフロッシュでは食器洗い用洗剤が人気ですが、洗濯用洗剤も販売されています。
    着色料や保存料、蛍光剤など肌や環境に良くない材料を含まない為、エコロジー的な面でも手肌へのやさしさの面でも多くの人から支持されているブランドです。

    石鹸ブランドから販売されている無添加洗剤では、シャボン玉石けんがあります。
    シャボン玉石けんは、石鹸素地をベースに作られており、無添加ですので肌へのやさしさと汚れ落ちの良さが特徴です。

    洗濯用の洗剤は溶けやすいように工夫されて作られていますので、他の石鹸洗剤よりも汚れ落ちや溶けやすさで支持されています。

    より汚れ落ちがよいのは粉石けんタイプですが、冬場の冷たい水でも溶けやすいように液体タイプも販売されていますので、溶かす時間がない時にはおすすめです。

    同様のブランドでパックスナチュロンの洗剤も、汚れをしっかりと落として余分な成分を配合しないため、環境に優しく手肌を傷めません。

    パックスナチュロンの製品もシャボン玉石けんの製品同様使いやすい石鹸ベースの洗剤ですので、赤ちゃんの衣類やおむつをはじめ、風合いや色合いを大事にしたい洋服などもふんわりと洗い上げることが出来ます。

    石鹸がベースの無添加洗剤は、アルカリ性ですので酸の入った衣類のリンスで仕上げるとふわふわの仕上がりになります。
    専用のリンスや柔軟剤を使うのがおすすめです。
エコロジーに配慮した無添加のオーガニック洗剤の特徴とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事