家庭崩壊の危機?夫が妻を嫌いになった理由

家庭崩壊の危機?夫が妻を嫌いになった理由

Thumb?1414295452 muah♪さん

227

妻が旦那さんを嫌いになるという話はよく耳にします。妻から旦那さんへの不平不満は、いつでも巷に溢れているものなのです。
しかし、それを考えれば当然、逆の話もあるということになります。旦那さんが妻を嫌いだと思っていることも多いのです。
このような火種を見逃してしまえば、いつか家庭は崩壊してしまうでしょう。そのため、女性は旦那さんの不満を知り、改善していく必要があるのです。

では、男性は妻のどのような部分を嫌いになるのでしょうか。紹介していきます。

  • 女性として見れなくなった

  • 女性として見れなくなった
  • 家族として長く暮らしていれば、新婚のときのような気持ちを長く持ち続けられなくなってしまいます。
    それはある意味、本当の意味で家族になったということなのですが、なかにはそのような状況に満足できない男性もいます。
    特に、女性が家庭に入ると化粧などをしなくなり、女性らしさが失われていくことに不満を覚える人は多いです。そのような不満はいつしか妻が嫌いという感情を生み出し、浮気や不倫という行動を起こさせてしまいます。結果的にこのことが、離婚に直結する原因になることもあるのです。
  • 自分は贅沢するくせに小遣いは少ない

  • 自分は贅沢するくせに小遣いは少ない
  • 多くの家庭では、女性が家庭のお金を管理し、旦那さんにはお小遣いを渡すという体制をとっていることでしょう。子供のことや老後のことを考えれば、できれば貯蓄しておきたいものですので、旦那さんのお小遣いを少なくしているという人も多いのではないでしょうか。
    旦那さんが納得しているということであれば、この方法は何も問題がありません。
    しかし、旦那さんの小遣いは少ないのに、奥さんが贅沢をしているということになると、納得していたはずの旦那さんも不満を感じてしまうことになります。明らかに不平等な話ですので、旦那さんが不満を感じるのは当然です。
    そのようなことにならないように、金銭面ではある程度、平等というものを意識しておきましょう。
  • 家事をまったくしない

  • 家事をまったくしない
  • 旦那さんが仕事をしており、奥さんは専業主婦であるにも関わらず、家事を全て旦那さん任せにしている、という状況は、誰の目から見ても異常です。
    当然のように旦那さんも不満を感じます。女性が家事をするもの、という考えは古い考えですが、だからといって男性に全てを任せるのは理不尽な話です。
    家事は時間があるほうが行うというのが、家庭円満の秘訣です。
  • 恐怖の対象としてしか見れない

  • 恐怖の対象としてしか見れない
  • いわゆる、かかあ天下の家庭。
    意外とこのような家庭のほうが、様々なことがうまく回るものですが、男性の中にはこのような状態が嫌だという人もいます。奥さんを奥さんとしてではなく、恐怖の対象としてしか見れないというのです。
    かつて愛した人をそこまで言うということは、それなりのことがあったのでしょう。
    嫌われているという話とは少し別の話になってしまいますが、このような感情で妻を見ている男性も存在するのです。
  • 子供に悪口を吹き込む

  • 子供に悪口を吹き込む
  • 夫婦として長年生活をしていれば、必ず夫婦喧嘩というものが起こります。そのようなことがあった直後、復讐の一部として、子供に夫の悪口を吹き込み、二対一、という構図を作ろうとする女性がいますが、これは最悪の行為です。
    当然、このようなことをすれば、夫は妻に嫌悪感を抱きます。また、子供が父親を尊敬できなくなる状態は、教育方法としても最悪です。子供を怒らなければいけないとき、父親の言葉が意味を持たなくなってしまうからです。そのため、このようなことは絶対にしないようにしましょう。
  • 付き合いをしない

  • 付き合いをしない
  • 義母や義父、夫の友達などとの付き合いをおろそかにする妻も、夫に嫌いと思われる妻の特徴です。
    夫はそのような奥さんの人付き合いの悪さが露呈すると、恥をかくことになります。嫌いと思われてしまっても仕方がないでしょう。特別に何かをする必要はないですが、少しくらいは愛想を振りまいてあげるようにしましょう。
  • 理解を求めるくせに理解しようとしない

  • 理解を求めるくせに理解しようとしない
  • 自分のことを理解して欲しい、これは誰もが思うことです。それ自体はなんら不思議なものではないですし、悪いことでもありませんが、自分に対する理解を求めておきながら、夫を理解しようとしない、となると話が変わってきます。
    夫婦とはいえ元々は他人です。ぶつかり合うことや違う部分もあるものですが、それらは何度も喧嘩して、折衷案によって一つ一つ物事を解決しなければなりません。しかし、自分の要求ばかりを通そうとするような人は、その暗黙のルールを守れていないということになります。嫌われてしまってもしょうがないでしょう。
  • すぐにヒステリーになる

  • すぐにヒステリーになる
  • 男性は女性がヒステリーになると、かなりイライラします。男性は論理的に物事を考えるように脳が発達しているので、このような論理の通用しない状態が嫌いなのです。そのため、妻が頻繁にヒステリーになると、愛想をつかしてしまうことになります。
  • まとめ

  • まとめ
  • 妻を嫌いになる理由を紹介してきましたが、夫が悪い部分もありますし、妻が改善するべき部分もあります。
    互いがそのことを意識して生活をすれば、家庭崩壊に繋がるような、夫が妻を嫌いと思う感情は産まれないでしょう。
    互いに譲歩するということが、家庭円満の秘訣だということです。
家庭崩壊の危機?夫が妻を嫌いになった理由
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事