手のひらをキレイに維持する為にしてはいけない五箇条

手のひらをキレイに維持する為にしてはいけない五箇条

Thumb?1414295452 muah♪さん

212

手のひらをキレイにしておくことは大事ですが、何事もやり過ぎはよくありません。手肌の健康を守る為にしてはいけないことは、洗浄剤を使いすぎること、洗いすぎること、ゴシゴシと強く洗ってしまうことなどがあります。またアルコール消毒液などは手を乾燥させてしまいます。ハンドクリームなどで適宜ケアをおこないましょう。

  • 手のひらがかさついていませんか

  • 手のひらがかさついていませんか
  • 手が汚れた場合は、一般的に洗って手のひらをキレイにしますが、同時にする為にしてはいけないことが幾つかあります。

    過剰に手のひらをキレイにしたり、する為にしてはいけないことを破ると、清潔になるどころか逆効果になります。

    手のひらは、毛穴と皮膚で構成され、特別何もしなくても良い状態が保てるようになっています。
    しかし、状態によっては洗った方が良いことも少なくないので、過剰にならないようにお手入れをすることが大切です。

    手のひらをキレイにしたい時は、表面の油分や水性の汚れだけが落とせる、石鹸を使った水洗が効果的です。

    仮に過剰な洗浄剤を使うと、毛穴の油分を落とし過ぎて乾燥させたり、ヒビ割れが発生する原因になります。

    長時間熱いお湯で洗うのも、強力な洗浄剤と同じく油分を奪うので、手のひらをキレイにする為にしてはいけないことの一つです。

    強力に洗わなくても、健康な手には発汗や新陳代謝といった、自浄作用がありますから、軽い洗浄でも清潔性を保つことが出来ます。"
  • 手のひらをキレイにするのは必要な時だけ

  • 頻繁に手を洗うようになると、汚れていなくても手が気になったり、何時でも清潔にしたがる癖が生じます。

    手が本当に汚れているか否かに関わらず、手のひらをキレイにする習慣が生まれますから、時に潔癖症状の発症に結び付きます。
    手のひらをキレイにしたい、でもする為にしてはいけないこととは、汚れを見ず手だけを見て、兎に角清潔性を求めることです。

    潔癖症はストレスに変わり、一日中手が気になる切っ掛けとなりますから、この状況を避ける意味で、する為にしてはいけないことを守るのが基本です。
    手が汚れたと感じた場合は、手のひらをキレイにする前に、状態を観察して本当に汚れているか、入念にチェックすることがおすすめです。

    特に汚れが見付からず、気持ち的に汚れている感覚があるなら、ハンカチやタオルで乾拭きすると気持ちが落ち着きます。

    それでもまだ汚れている感覚が残っている時は、アルコールを含まないウエットティッシュで軽く拭き取ると、洗った後のような感覚が得られます。"
  • ゴシゴシ洗いは手のひらをキレイにし過ぎる

  • 子供に手洗いを教える時は、指や爪の間も良く洗いなさいと、そのように指導が行われます。

    清潔な手のひらや指先を保つには、確かに入念な洗浄は必要ですが、本来の意味を意外に間違って覚えていることがあります。
    間違いの原因は、良く洗うというフレーズで、言葉の受け取り方が大人になってからの間違いに繋がります。

    良く洗うとは、ゴシゴシと力を入れる意味ではなく、手のシワや隙間を含めて、丁寧に洗うことを指しています。手のひらをキレイにするには、左右の手で擦り合わせれば、大抵の汚れは短時間で効果的に落とせるでしょう。

    爪を立てて手のひらを擦るやり方は、指先や爪の方はキレイになっても、やり過ぎによって手のひらが荒れたり、炎症や痛みが生じやすくなります。

    摩擦力の強い道具を使って洗うのも、手のひらにトラブルを生じさせますから、する為にしてはいけないことの一つとして、覚えておくことが肝心です。

    手をキレイにする為にしてはいけないことは、手のひらや皮膚を守る意味があり、過剰な乾燥等のトラブルを避ける目的が存在します。
  • アルコールは手のひらを乾燥させ老化を促進

  • 近年の除菌ブームは、清潔を求める消費者が増加した結果ですが、過剰な殺菌や除菌はかえって問題です。

    アルコールは、身近な殺菌作用を持つ成分の中でも、安全性が高く一般的に使用されています。
    ウエットティッシュにも含まれている程ですし、揮発して直ぐに成分が飛んでしまうので、手のひらをキレイにした後に残らないのも、選ばれている理由と考えられます。

    ただ、アルコールはタンパク質を変質させたり、皮脂や水分を奪いますから、肌がカサ付き老化したようになります。老化したように見えるだけなら、アルコールの使用を中断するだけで、元の潤いのある手を取り戻すことが可能です。

    ところが、長期間使用を続け、それも1日中頻繁に使っていれば、本当に手が老化してしまうので注意が必要です。
    適度な潤いと、乾燥から守る皮脂が皮膚には必要なので、アルコールはする為にしてはいけないことの一覧に加え、頻繁な使用を避けることが重要です。
  • 意外に間違いなする為にしてはいけないこと

  • 手をキレイにした後は、保湿や栄養補給を行う目的で、ハンドクリームを使うことがあります。

    ハンドクリームは確かに、塗って使える効果的な保護商品ですが、選び方や使い方を間違えれば、逆効果が発生するのは避けられません。
    塗って使う商品の多くは、適量という基準が存在していますから、付け過ぎを避ける必要があります。
    付け過ぎは、成分の過剰な浸透を招いたり、表面を覆って手のひらをキレイにする、汗と皮脂の分泌を妨げる原因になります。

    皮膚本来の機能を邪魔してしまうので、自浄作用が低下してしまったり、手の保護がハンドクリームに依存してしまう結果になり兼ねません。
    過剰な洗浄や過度な保護、そしてやり過ぎるマッサージも、手のひらをキレイにする目的とは逆に働くことがあります。

    する為にしてはいけないことの殆どは、間違いや過剰さが根底にありますから、最適なケアとは何かを考え、適度な加減を知ることがポイントです。"
手のひらをキレイに維持する為にしてはいけない五箇条
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事