食べ方は本場イタリアから学ぶ!炭水化物のパスタをダイエット中でも食べられる方法

食べ方は本場イタリアから学ぶ!炭水化物のパスタをダイエット中でも食べられる方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

320

カルボナーラやペペロンチーノ、イタリアンといえばパスタですよね。
特に女性から大人気で、苦手な人のほうが珍しいくらいでしょう。
でもパスタは炭水化物だし、オイリーでカロリーが高そうだから太りやすい!というイメージがもたれがち。

それでも食べたい!というパスタ女子へ朗報です。
パスタを食べるときに、少し工夫を加えるだけで、太りにくく食事を楽しむことが出来ます。
今回は、食と美を両立したい女性へ、いくらパスタを食べても太りにくいテクニックをご紹介していきます!


  • パスタ以外の部分に注目する

  • パスタ以外の部分に注目する
  • パスタと一言に言っても、様々なトッピングやソースを使いますよね。
    パスタの怖いところはトッピングやソース次第で、いくらでもカロリーが変動してしまう点。
    これを回避するためにメニュー詳細を学んでください。
    おおよそのカロリーを知ることが出来ますし、知識も得られますので一石二鳥です。

    トッピングやメニュー選びに気をつけており、かつ適量を食べれば、いくら減量中であってもパスタは食べても大丈夫です。
    大事なのは摂取カロリーを抑えることにあるので、適切なカロリー量を計算できれば食事が楽しくなりますよ。
  • 食べる順番に気をつけて

  • 食べる順番に気をつけて
  • これはダイエット女子の中では基本になりつつありますが、「食べる順番」は大切です。
    そもそもパスタは穀類の中ではヘルシーな部類に入りますが、食事の一番初めに炭水化物を食べると、太りやすくなってしまいます。(具体的には血糖値上昇が早い)

    これはパスタでもスイーツでも同様なのですが、食事の一口目には「血糖値上昇が緩やかな食べ物」を食べましょう。
    たとえば野菜やスープなどが最適ですね。
    最初に控えめなものを口にしていれば、パスタの糖吸収が抑えられるので、結果的に太りにくい状態に繋がるのです。
  • パスタを食べるときにはセットが基本

  • パスタを食べるときにはセットが基本
  • ダイエットをしている最中にパスタを食べるのなら、絶対に「パスタ単品で食べない」でください。
    何故かと言うと、パスタだけを食べると、どうしても炭水化物摂取量(パスタの量)が多くなってしまいます。
    さらに血糖値上昇率が大きくなり、最終的には太りやすくなってしまいます。

    パスタとセットに食べるのなら、野菜やスープ、さらに肉類や魚介類などを並べることをオススメします。
    栄養バランスも良くなりますし、なにより満足感が違います。
    ただパスタ(炭水化物)を食卓に並べるのではなく、そのほかのものと一緒に食べてくださいね。

    ちなみにパスタ発祥の地イタリアでも、パスタ単体を食べることはほとんどありません。
    前菜やメインデッシュの肉類などと一緒に食べるのが基本であり、イタリア文化には自然と理に叶った食事をしています。
    日本も参考にしていきたい部分ですね。
食べ方は本場イタリアから学ぶ!炭水化物のパスタをダイエット中でも食べられる方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事