レジャーに必要な日焼け止め、SPF値はどのくらい?

レジャーに必要な日焼け止め、SPF値はどのくらい?

Thumb?1414295452 muah♪さん

340

つい先日まで厚手のコートに手袋など防寒対策をしていたこともあり、この時期、予想以上の日差しを受けて、つい日焼けをしてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。一日の日照時間から考えて、シーン別に上手に使用してみてください。


  • ワンシーズンで買い直しを

  • ワンシーズンで買い直しを
  • いよいよレジャーシーズン到来、日焼け止めが手放せない季節がやってきました。つい先日まで厚手のコートに手袋など防寒対策をしていたこともあり、この時期、予想以上の日差しを受けて、つい日焼けをしてしまったという方も少なくないのではないでしょうか。
    基本的に一度開封した日焼け止めは、ワンシーズンで使い切ることが理想とされています。早速、日焼け止めの購入を検討しましょう。
  • 悩んでしまうSPFとPA数値

  • 悩んでしまうSPFとPA数値

    出典: instagram.com

  • 購入時に悩むのがSPFとPAの数値です。
    SPFは、サン プロテクション ファクター(Sun Protection Factor)の略です。シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。
    PAは、プロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略です。皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すものです。
    UVBはUVAよりも有害とされており、まず防御する必要があります。UVBをカットするSPFには1〜50+まであり、数値が高いほど効果が高くなります。数値が20であれば、何も塗らない場合と比べ、UVBを20倍防ぎます。何も塗らないで1時間外に出るのと、SPF20の日焼け止めを利用し20時間外に出るのとが同じものとなります。 だいたい0〜12で弱、13〜29で中、30〜50で強となります。SPF50+とのものは50以上の超強力なUVB防止効果を持っている製品です。
    しかし、ただむやみやたらに数値が高いものを塗ればいいということにはなりません。数値が高いほど、日焼け止め自体が肌へ負担をかけてしまい、特に肌の弱い人は注意が必要です。
    外出時間や場所、行動内容により使い分けることが大切です。通常の家事、洗濯物を干したり、近所へ買い物くらいなら15〜20をおすすめします。
  • 塗りっぱなしは逆効果

  • 塗りっぱなしは逆効果

    出典: instagram.com

  • 問題となる今の季節、レジャーシーズンには長時間の外出が予想されます。海、山、川など紫外線を直接浴びてしまう場所では30以上のものが良いでしょう。
    長時間の外出になり、特に汗をかく場合には、日焼け止めをこまめに塗りなおす必要があります。数値が高いからといって終日塗りっぱなしでは肌を痛めるばかりで逆効果です。むしろ数値が低くても、こまめに塗りなおすほうが効果的で、肌への負担も少なくてすむのです。
    実際に30を超すと、紫外線カット効果は大きくは変わらないといわれています。肌への負担を考慮すれば、一日の日照時間から考えてもそこまで高い数値のものを使用する必要はいのではないでしょうか。1〜30くらいのものをシーン別に上手に使用してみてください。
レジャーに必要な日焼け止め、SPF値はどのくらい?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

SPF
PA
PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事