レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知っておこう

レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知っておこう

Thumb?1414295452 muah♪さん

291

人によっては、短時間の睡眠時間で健康で過ごせる人と長時間の睡眠が必要な人が存在します。
健康な人の平均的な睡眠時間は、7時間から8時間程度と言われており、質の良い眠りを得ることで心身の健康を維持できます。


  • 出典: www.tumblr.com

  • 一日に平均で、7時間ぐらいの睡眠を取る人は平均寿命が長い傾向があります。
    睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、違いを知っておく必要があります。
    レム睡眠を取っている時は、比較的眠りが浅い状態にあり、脳は活発に動いていますが、筋肉は緩んでいる状態で体は休息を取っています。
    この時に夢を見ることが多いですし、体の筋肉が緩んでいるため、金縛りなども起こりやすくなっています。
    眼球が活発に動いていることが多く、血圧が不安定になっている傾向があります。
    レム睡眠の時間は、20分から30分程度のことが多いです。
    この時は、ちょっとした物音でも目が覚めやすいですし、トイレに行きたくなることも多いです。
    脳は目覚めているため、この時間に起きるとすっきりと目覚められる傾向があります。
  • 出典: www.tumblr.com

  • ノンレム睡眠について知っておきたい。

    ノンレム睡眠は、眠りが深い状態のことで、大脳は休息を取っており、筋肉は緊張をしていることが多いです。
    心拍数は血圧は安定しており、レム睡眠と比べると時間が長い傾向があります。
    ノンレム睡眠の時間に大脳を休めることができるため、ストレスを解消したり、ホルモンの分泌を促しています。
    質の良い眠りを得ることで、しっかりと休息が取れますし、美しいお肌を維持したり、成長期の場合は身長を伸ばすためのホルモンが分泌されます。
    レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知っておくことで、質の良い眠りを取ることが出来ますし、健康を維持したり、体の成長に役立てることができます。
    短時間の睡眠で生活ができる人と、長時間の眠りが必要な人では違いがあるため、最適な眠りを取るように心掛ける必要があります。
  • 病気があると、眠りに変化が訪れます。

    うつ病や不安神経症、統合失調症などの病気を持たれている場合は、眠りの質が悪くなって、不眠になることが多いです。
    不眠になると集中力が低下して、仕事や家事に影響が出てきたり、昼間に眠気を感じることが多くなります。
    不安感や緊張、イライラなどの変化が見られる場合は、専門クリニックに通院をして、診察を受けることも大事です。
    こたつなどに入っている時は、うっかりと居眠りをすることが多いですが、この時はぐっすりと熟睡しています。
    普段の生活では、高品質で上質な寝具を整えるようにしたり、ストレスを溜めないようにして下さい。

レム睡眠とノンレム睡眠の違いを知っておこう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事