意外と多い?臨月の便秘を早く治すべき理由と対処法

意外と多い?臨月の便秘を早く治すべき理由と対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1000

普段からもともと便秘がち…という女性は多いですが、妊娠中は、いつもならばお通じがスムーズな女性でも便秘になることがあるものです。ホルモンバランスの乱れ、腸の圧迫、臨月の便秘はなって当たり前!といっても過言ではありません。そんな便秘を放っておくと、実は怖〜い代償が起こることがある、ということをご存知でしたか?


  • 妊娠中の便秘はなって当たり前?

  • 妊娠中の便秘はなって当たり前?
  • 普段からもともと便秘がち…という女性は多いですが、妊娠中は、いつもならばお通じがスムーズな女性でも便秘になることがあるものです。ホルモンバランスの乱れ、腸の圧迫、臨月の便秘はなって当たり前!といっても過言ではありません。そんな便秘を放っておくと、実は怖〜い代償が起こることがある、ということをご存知でしたか?そこで、臨月の便秘は早く治すべき理由と、臨月に起こる便秘の対処法をご紹介します。
  • 臨月で便秘に気づいたら、早めに対策をとりましょう

  • 臨月で便秘に気づいたら、早めに対策をとりましょう
  • 意外かもしれませんが、妊娠中から産後にかけて痔になる方はとっても多いです。臨月でいきみにくいから…と便秘になり、産後は母乳に水分を取られて便が硬く、切れ痔になってしまいなかなか治らなくなることも、稀なことではありません。恥ずかしいからと、便秘を放っておくと、さらに言い出しにくい痔にまで進んでしまいます。臨月で便秘に気づいたら、早めに対策をとりましょう。
    便秘になってしまうと、強くいきみすぎることで、破水してしまうことがあります。破水するだけならまだしも、赤ちゃんが出ようとして、トイレの中で早産になったら…恐ろしい話です。臨月ならば、赤ちゃんがいつ生まれても大丈夫とは言われていますが、できればトイレでいきんでいる時にお産をむかえるなんて避けたいものですよね。衛生的な環境でお産に臨むためにも、便秘は解消しておくことがオススメです。
  • 生活習慣の改善は必要なし!臨月の便秘は病院で早めに相談

  • 生活習慣の改善は必要なし!臨月の便秘は病院で早めに相談
  • 臨月に入ってからの便秘は、ホルモンバランスの乱れと腸の圧迫によるものがほとんどです。そのため、食事や運動、水分摂取をどんなに気をつけていても、治りにくく、悪化する傾向があります。便が硬いな、便秘っぽいかも、と思った時には早めに産婦人科で相談しましょう。もちろん、生活習慣を全く気にしなくて良い、ということではありませんので、おなかにいる赤ちゃんのためにもバランスの良い食事、適度な運動と水分補給は続けてくださいね。
    臨月の便秘で悩む妊婦さんは、全体の7割と言われているほど、便秘は妊娠中によくあるトラブルです。なかなか治らない便秘には、恥ずかしがらずに産婦人科で相談が一番の解決策ですので、便が硬いかも?と感じる時には早めに薬をもらってくださいね。
    産後、痔にならないためにも、生まれてくる赤ちゃんのためにも、臨月の便秘は早めに治して、スッキリしたおなかでお産をむかえましょう!
意外と多い?臨月の便秘を早く治すべき理由と対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事