臨月の吐き気と出産の苦痛の対処法

臨月の吐き気と出産の苦痛の対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

6915

妊婦に限らず人間というのは、様々な不安を感じると、吐き気をもよおしてしまう事があります。出産が近づいた臨月期には不安を感じやすく、吐き気をもよおす事も多いのです。ここでは、そのような吐き気の対処法として、不安をなくすための方法をご紹介しています。


  • 臨月期に起こる吐き気の原因は?

  • 臨月期に起こる吐き気の原因は?
  • 出典: instagram.com

  • 臨月の場合は基本的には吐き気が起こりにくいとされていて、その理由としては、おなかの中の赤ちゃんが下腹部のほうに下がっていくので、胃の圧迫感がなくなることで、空腹感を感じやすくなって、胃腸が動くので気持ちが悪くなったり、吐き気をもよおすことがなくなるからです。吐き気が起こる場合は緊張感などから交感神経が刺激されてしまって胃の動きが止まってしまうことが原因であると考えられていて、出産の不安や苦痛を和らげることで胃の調子が良くなることがあります。
  • 出産に対する不安

  • 出産に対する不安

    出典: instagram.com

  • 妊婦に限らず人間というのは、自分を防御する働きを持っていて、それが自律神経で、自分の力ではコントロールできない神経です。
    交感神経が興奮してしまうというのは不安があったり、恐怖を感じたときで、この時の体の反応としては、排便や排尿などをしないように胃腸の動きを止めてしまったり、呼吸が速くなり、心臓の脈拍が速くなるなどがあるのですが、胃腸の動きが止まると、内容物を外に排出しようとするので、吐き気をもよおしてしまうのです。
    臨月の場合は出産に対する不安を和らげることで、この吐き気を起こらなくすることができるのですが、そのためには適度な運動をして、出産時のイメージトレーニングや呼吸法をしっかりと身に付けることが大切で、これらの練習をすると、瞑想や自律訓練法のような効果があるので、不安を感じにくい精神状態になります。
  • 冷静でいられるように心がけましょう

  • 冷静でいられるように心がけましょう

    出典: instagram.com

  • また臨月の吐き気の原因としては、食べすぎがあり、これは胃の圧迫感がなくなったことで、今までの反動が出てしまって、急激に食欲が増してしまう状態で、塩分のとりすぎや、辛いものを食べ過ぎたりすると胃酸が大量に分泌されて、胃酸過多が起きてしまって、吐き気をもよおしてしまいます。

    出産のときの苦痛も妊婦を不安にしてしまう要素の一つで、それを和らげるためにできるのは、イメージトレーニングと呼吸法をしっかりと訓練することしかないので、健診や講習会には必ず参加をして、イメージトレーニングと呼吸法をマスターしておく必要があります。特に呼吸法は瞑想のような効果があるので家にいるときも、1回5分から10分程度練習をするとセルフコントロールができるようになるので、出産のときの不安を和らげることができます。またイメージトレーニングは、しっかりと自分の出産している姿をイメージして行うことで、実際に出産になったときにパニックにならずに落ち着いて赤ちゃんを出産することができるようになります。

臨月の吐き気と出産の苦痛の対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事