臨月の吐き気を伴う悪阻

臨月の吐き気を伴う悪阻

Thumb?1414295452 muah♪さん

6321

妊娠初期につわりはなかったけれども、後期に吐き気があるという人も中にはいます。臨月に入ると、出産に向けてホルモンバランスが変化してきます。そのため体調がかわってしまうのです。


  • ホルモンバランスの変化により起こる体調の変化

  • ホルモンバランスの変化により起こる体調の変化
  • 出典: instagram.com

  • 臨月に入ると、出産に向けてホルモンバランスが変化してきます。そのため体調がかわってしまうのです。そんな変化が起こるととまどいがちになってしまいますが、中でも臨月の吐き気というのは、出産兆候だとも言われています。臨月の吐き気の主な原因は、ホルモンのバランスの変化です。妊娠の後期には、女性ホルモンの分泌が大きく変化して、黄体ホルモンは減少しますが、卵胞ホルモンは臨月から出産まで増加し続けるのです。このようなホルモンバランスの変化によって、赤ちゃんはおなかの中で育ちやすくなりますが、胃腸内や胃のまわりの筋肉が弛緩されることで、胃酸が戻ってきて吐き気を催しやすくなってしまうのです。さらに、臨月になっても赤ちゃんはどんどん成長していくものです。赤ちゃんの成長に応じて、子宮もどんどん大きくなるのです。これが原因となって、腸や胃が圧迫されて、妊娠後期から臨月にかけて吐き気に悩まされる妊婦さんは少なくないのです。臨月の吐き気の際の対処法ですが、食事は消化のいいものを食べることが大切になってきます。
  • 食べられるものでチャレンジ

  • 食べられるものでチャレンジ

    出典: instagram.com

  • うどんなどの麺類は、消化もいいですし食べやすく、素早く吸収をしてくれます。吐き気があまりにもひどいときは、繊維質は避けるべきです。また食事は少しずつでもとることが大切です。吐いてしまうからといって、一度にたくさん食べてしまうと、胃に負担がかかってしまうのです。1日5回という回数になってしまってもいいので、少しずつ食事をとることが大切なのです。そして、食べた後はしばらく起きていることが大切です。吐き気や気持ち悪さがあると、体がつらくなってしまいます。そのため、食べたあとにすぐに横になってしまいがちですが、食べたすぐ後は胃が活動的になっているので、すぐに寝てしまうと胃酸が逆流してしまい、逆流性胃腸炎のような症状になってしまうのです。最低でも、食後30分は、リラックスすることが大切ですし、自分が集中できることをするなどして起きていることが大切になってくるのです。いくら後期悪阻だといってもあまりにも体調が悪いときは病院にいくべきです。嘔吐だけではなく、激しい下痢も伴う場合は、感染症の疑いもあるのです。
  • ひどい場合は病院へ

  • ひどい場合は病院へ

    出典: instagram.com

  • あまりにもひどい症状のときはすぐに病院にいくべきです。妊娠初期にはつわりはなかったけれども、後期に吐き気があるという人もおられます。赤ちゃんが生まれてくるのを楽しみにして乗り切ることが大切です。

臨月の吐き気を伴う悪阻
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事