臨月に不眠になる原因と対策

臨月に不眠になる原因と対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

373

妊娠初期は眠くてしかたがなかったのに、臨月になると不眠になる人は多いです。


  • 赤ちゃんの成長によるもの

  • 赤ちゃんの成長によるもの
  • 出典: instagram.com

  • 臨月になると不眠になる原因としては、お腹が大きくなることで寝返りが打てないようになります。そのため、寝苦しさを感じたり、寝つきが悪くなってしまいます。また、子宮が大きくなることにより膀胱が圧迫されるようになるため、頻尿になりやすく、夜中に何度も目が覚めるようになります。胎児は昼夜関係ないため、夜中にも胎動を感じることがあります。激しい胎動により眠りが浅くなってしまい、すぐに目が覚めるようになります。他にも、眠りを浅くする作用のある女性ホルモンであるエストロゲンは妊娠後期になると活発化するため、不眠を引き起こします。
    臨月時の不眠対策としては、マイペースに睡眠をとることです。
  • できるだけ休めるように

  • できるだけ休めるように

    出典: instagram.com

  • 臨月になると不眠になるのは仕方ないと考えます。寝ようとする気持ちがプレッシャーとなり余計眠れなくなるため、無理に寝なくてもいいと決めるだけでも気持ちが軽くなります。特に初めて出産の場合などは不安な気持ちにもなりやすいですが、あまり思いつめずに穏やかに過ごせると前向きに捕らえることです。夜に眠れないのであれば、昼寝を取ることです。寝ないよりは昼寝で少しでも睡眠をとったほうが体力も回復でき、心の負担も軽くすることができます。夜眠れない場合でもベッドや布団に入り寝転がるだけでも体の疲れはとれます。
  • 運動も大切

  • 運動も大切

    出典: instagram.com

  • また、眠るためには、適度な運動も必要です。臨月になると外出が怖くなることもありますが、安産のためには体力をつけることも大切です。運動することで、出産に備えた体力つくりにもなり、体が疲れることで、自然と眠れるようになります。散歩する場合には、運動に適したウォーキングシューズやスニーカーなどを履き、動きやすい服装で行います。母子手帳や保険証、水分補給用の飲み物、携帯電話などを小さなリュックや斜めかけのポーチなどに入れ、いざというときは両手が使えるようにしておきます。ただし、切迫早産や切迫流産と診断されている場合には、無理は禁物のため、状況に応じて適度に動くことです。
  • 気持ちを穏やかに

  • 好きなことをしてリラックスすることも効果的です。臨月を楽しめるのは今しかないため、クラッシック音楽やヒーリング音楽を聴いたり、本を読んだりとリラックスできることを行うことです。テレビやスマートフォンなどのブルーライトがでるものは脳を覚醒させる効果があるため、見すぎると余計に眠れなくなることがあります。

臨月に不眠になる原因と対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事