臨月の不眠はホルモンの影響かも

臨月の不眠はホルモンの影響かも

Thumb?1414295452 muah♪さん

464

妊娠初期は眠かったのに臨月になると全く眠れなくなってしまうという人も多いです。臨月に眠れなくなるとストレスを溜める原因にもなってしまいます。


  • 臨月の不眠

  • 臨月の不眠
  • 出典: instagram.com

  • そこでなかなか臨月に眠れなくて悩んでいるという場合、その原因と対策について知っておくと良いでしょう。臨月が近づくと体に異常が生じていない場合でも、さまざまな原因や体の変化により、十分な睡眠が取れなくなってしまうことがあります。まずよく見られるのが頻尿なのですが、これは赤ちゃんが大きくなることで膨張した子宮が膀胱を圧迫し、頻繁に尿意を催す状態になってしまうとされています。また、就寝時の姿勢の問題などもあり、お腹が大きくなると思うように体を動かすことができなくなってしまうため、眠りが浅くなってしまいます。また、成長した赤ちゃんが忙しく動き回るようになるため、なかなか眠れなくなることもあります。
  • 原因とは

  • 原因とは

    出典: instagram.com

  • ホルモンバランスの変化も睡眠に影響を与えるとされており、妊娠後期になると眠りを浅くする作用のある女性ホルモンの分泌が活発になるため、不眠の原因となる場合もあるのです。眠れないことでストレスが溜まってしまうかもしれませんが、臨月の不眠はある程度仕方のないことだと考え、心の負担を取り除いていくことも大切です。また、もうすぐ出産だと思うと不安な気持ちにもなることもあるでしょう。しかし、あまり深刻に考えすぎず、お腹の赤ちゃんと穏やかに過ごせる時間として前向きに捉えることがポイントです。体が重いからという理由であまり動かないようにしているという人もいるかもしれません。しかし、運動をすることで出産に備えて体力をつけることができますし、体が疲れることで眠りやすくなります。しかし、切迫早産や切迫流産と診断された場合は無理に体を動かしてはいけないため、状況に合わせて適度に運動をしていくと良いでしょう。
  • 元気な赤ちゃんを産むために

  • 元気な赤ちゃんを産むために

    出典: instagram.com

  • また、どうしても眠れないのならリラックスして過ごすというのも良く、本を読んでいるうちに眠くなるということもあるかもしれません。しかし、テレビやパソコンなどはブルーライトによって脳を覚醒させる効果があるため、眠れない時などはあまりみないようにしましょう。お腹が大きくなると眠る時の姿勢に困ってしまうかもしれませんが、眠りやすく腰に負担のかからない姿勢を見つけることが大切です。ちなみに、夜になると眠れないという場合、昼寝をして睡眠時間を確保するという方法もあります。

臨月の不眠はホルモンの影響かも
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事