臨月は不眠対策をしてマタニティーブルーを回避しよう

臨月は不眠対策をしてマタニティーブルーを回避しよう

Thumb?1414295452 muah♪さん

1236

臨月になると、不眠に悩む方も多くなります。その原因はいくつかありますが、主たるものはお腹が大きくなったことです。


  • 眠れない原因

  • 眠れない原因
  • 出典: instagram.com

  • お腹が大きくなると、その重さで仰向けで眠ると苦しくなりがちです。また、寝返りも難しくなるため、眠りが浅くなって不眠になることがあるのです。更に、臨月になると子宮も大きくなっていますので、内臓を圧迫することになります。そのために尚更仰向けで眠ることが難しくなります。また、子宮が暴行を圧迫するので、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めることも多々あります。臨月になると胎児も成長し、活発に活動するようになります。夜眠っている時に胎動があると、その刺激で目が覚めることもあります。
    この様に、妊娠して臨月にもなると、不眠になる原因が多くなり、実際に不眠に悩んでマタニティーブルーになってしまうお母さんも多くなってしまうのです。そこで、不眠対策が重要になります。
  • 不眠対策

  • 不眠対策

    出典: instagram.com

  • 臨月の不眠対策は、とにかく睡眠時間を確保することです。上記のような理由で夜に十分な睡眠をとることができないのならば、昼寝をすることも重要です。眠らなければ胎児に悪影響があるかも、等と考えて無理に眠ろうとするとかえって逆効果です。不眠もあると言うことを知って、夜に眠れないならば昼寝をすればよいと言うくらいのリラックスした考えでいましょう。
    適度に運動することも大切です。特に臨月になると体が重くなって運動を敬遠しがちになります。しかし、出産という大仕事が待っているこの時期に運動不足になることは、決して良いことではありません。体力が落ちてしまいますし、身体を動かさないことでストレスが溜まったり、寝つきが悪くなる原因にもなるからです。そのため、臨月でも体調を見ながら散歩などの軽い運動をするように心がけましょう。自然と体力がついてくるので、長い出産になってしまった場合でも頑張ることができますし、外の空気を吸うことで、出産に対する不安などから来るストレスを解消することにも役立ちます。また、運動すれば夜の寝つきも自然と良くなります。
  • 安定のマタニティーライフを

  • 安定のマタニティーライフを

    出典: instagram.com

  • 眠れないからと言って、床に入って一生懸命眠ろうとすると、逆に眠れないばかりでなく、ストレスが溜まる原因にもなります。眠れないならば、軽い書物を読んだり、落ち着いた音楽を聴いたりして眠くなるまで起きていても構いません。不足した睡眠は昼寝をしっかりと取ることでリカバリーすればよいのです。大切なのは、一日の中でトータルで十分な睡眠をとっておくことと、ストレスを溜めないこと、そして適度な運動をして体力を落とさないことで、マタニティーブルーを回避し、元気に出産を迎えることです。

臨月は不眠対策をしてマタニティーブルーを回避しよう
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事