臨月と呼ばれる期間はいつからか

臨月と呼ばれる期間はいつからか

Thumb?1414295452 muah♪さん

768

赤ちゃんを授かってからいよいよ出産に向けて本格的な準備に入る時期が臨月です。


  • 臨月は楽しみな反面、不安も

  • 臨月は楽しみな反面、不安も
  • 出典: instagram.com

  • 間もなく生まれてくるわが子に会えるのが楽しみな反面、無事に生まれてくれるか、お産は苦しくないかなど、妊婦にとっては何かと不安な感情が生まれてくる時期でもあります。そもそも臨月と呼ばれるのはいつからなのかということですが、妊娠36週目から妊娠39週と6日目までの期間を指します。この時期になればもう赤ちゃんがいつ生まれてきても良い時期に来ており、赤ちゃんの体重は2700gから3400グラム前後にまで成長しています。臨月に入った妊婦さんにとって大切なのは適度な運動をすることです。人によっては切迫早産の心配などがあり、臨月までの間ほとんど運動することができなかったという人は、医師に相談して可能な範囲で積極的に運動するようにします。
  • 決して無理をしてはいけません

  • 決して無理をしてはいけません

    出典: instagram.com

  • 運動といっても激しい運動を避けることはもちろんですが、あくまでも無理のない範囲で行うようにするのが鉄則です。臨月の妊婦の運動としておススメなのは平地を歩くよりも階段の上り下りが効果的です。手すりにつかまりながらでもいいのでゆっくりと階段の昇降をすることで脚腰を強化することができます。ただ、臨月になっていればかなりお腹も大きくなりバランスを崩しやすくなる危険性もあるので、もしも転んでしまうようなことがあっては大変なので、あまり人目につかないような階段ではやらないようにします。臨月に限らず、妊婦さんには筋肉が落ちてかわりに贅肉がついてしまうような生活を続けると出産が重くなる確率が上がることが考えられます。安産になるかどうかというのは筋肉の量や柔軟性、そして産道付近のぜい肉の付き具合などによって決まると言われています。
  • 万が一の事を考えて

  • 万が一の事を考えて

    出典: instagram.com

  • 体力も筋力も衰えている状態で出産をするのはお産がとても重くなってしまう可能性があります。特に臨月にもなればお産まではもうかなり時間が迫っている時期でもあるので、この時期に積極的に運動することは結果的に安産につながります。臨月に積極的に運動を行うことは、陣痛を呼ぶためにも効果があります。なかなか陣痛が来ないという人は、臨月の妊婦さんに適した運動を積極的に行うようにしてみるのがおすすめです。医師から安静を支持されている人以外は、積極的に運動することは推奨されるのですが、たとえばスクワットなどの安産体操を行って万一破水してしまった時に備えて、すぐに医師の診察を受けられるように体制を整えておくようにすることが大切です。

臨月と呼ばれる期間はいつからか
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事