臨月の期間と身体の変化

臨月の期間と身体の変化

Thumb?1414295452 muah♪さん

743

いつからを臨月と言うのかというと、妊娠36週から39週目になります。出産予定日と言われるのは、40週目です。


  • 身体への変化

  • 身体への変化
  • 出典: instagram.com

  • 臨月にも入ると、様々な体の変化が現れてきます。妊娠したら、赤ちゃんの分まで食べるという考え方で、妊娠前よりモリモリ食べてしまうこともあります。体重は増えすぎないようにしないとなりませんが、食欲は増す傾向にあります。臨月に入ると、さらに食欲が増してしまうことがあります。これには理由があって、赤ちゃんがお腹の中で下がることにより、胃の圧迫が減るためです。このため、食欲が増しがちになります。しかし、逆に少しでお腹がいっぱいになるというタイプもいます。
  • 時には痛みを伴う場合も

  • 時には痛みを伴う場合も

    出典: instagram.com

  • 臨月に入ると、おなかの張りも気になるようになってきます。これは子宮が大きくなった圧迫によるものです。股関節や腰の痛みが出てきて、これにより、おなかも張りやすくなります。また、体に痛みを感じることも出てきます。胎児の頭が圧迫するため、太ももの付け根にも感じやすくなってきます。赤ちゃんが下がりますから、骨盤や腰も痛くなるのも特徴的です。恥骨の結合部が開くのは、赤ちゃんが出産で通りやすくなるためのことですが、恥骨の痛みを感じるようになります。腸が圧迫される状態となりますから、便秘になりやすいのもこの時期です。トイレが今までよりも、近くなるという現象も起きてきます。
  • 不眠の原因にもなります

  • 不眠の原因にもなります

    出典: instagram.com

  • これは膀胱の近くまで、赤ちゃんの頭が下がってきて、膀胱が圧迫されるためです。トイレに行きたいと思うのは、10分おきくらいに感じることもあります。脚や腰が痛くなるので、座ったりたったりも、少し大変かもしれません。くしゃみなどをすると、尿漏れもしやすいので、対策をしておくと良いです。臨月になると、胎動の激しさを感じやすくなります。嬉しい半面、激しいので眠りを妨げられることもあります。臨月にある、不眠の理由も知っておくと良いでしょう。眠りが浅くなるのには、様々な理由があります。おなかが1番大きくなる時ですから、大勢で苦しいと感じることもあります。
  • なによりもリラックスすることが大切です。

  • 睡眠に入っても、胎児の動きが元気すぎて、目が覚めることもあります。トイレも近くなるので、夜中でも目が覚めてトイレに行く回数も増えます。妊婦さんの不眠解消法を、上手に取り入れると良いです。睡眠前には、携帯やパソコンの光を浴びないで、ゆったりとした時間をつくると良いです。寝心地が快適な環境をつくることも、良い方法です。クッションを足にさむことで、おなかの押さえをなくすのも良い方法です。リラックスして、心地よい睡眠を取りましょう。

臨月の期間と身体の変化
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事