臨月期に起こる体の変化とその対策法

臨月期に起こる体の変化とその対策法

Thumb?1414295452 muah♪さん

6868

子供を授かることはとても幸せなことですが、女性は長い妊娠期間がありますし、その後の育児もありますので、嬉しい反面大変なことも多いものです。


  • 臨月に起こる体の変化

  • 臨月に起こる体の変化
  • 出典: instagram.com

  • 臨月になるとかなりお腹が大きくなり、動くのもつらくなってきますが、夜になると眠れないという悩みを持つ人は少なくありません。

    まず臨月になるとなぜ眠れないのかということとなりますが、まずお腹がかなり大きくなっていることもあり、ベッドに入ると苦しいこともあり、あまり眠れなくなることもあります。

    それから臨月になると体力が消耗しやすくなりますし、貧血の症状も出やすくなりますので、昼間に眠気が差してしまい、昼間眠ってしまうことで、夜に目が冴えて眠れなくなってしまうことも考えられます。

    そして子宮が膀胱を圧迫しやすくなりますので、夜中にトイレに起きて眠れなくなることもありますし、胎動も激しくなってきますので、それも不眠につながりやすくなります。
  • 辛いときはお医者さんへ相談しましょう

  • 辛いときはお医者さんへ相談しましょう

    出典: instagram.com

  • 妊娠中はエストロゲンがいつもより多く出ていることもあり、眠りが浅くなる傾向にありますし、出産後は夜中も起きて授乳しなくてはいけませんので、体がその準備をしているということもあげられます。

    妊娠中に眠れなくなる症状は珍しいことではありませんので、過剰に心配しなくて良いとも言えますが、あまりにつらい症状がある場合は担当の医師に相談してみましょう。

    そして昼間は眠くなりやすいので休息を取るのは良いですが、このときに寝すぎてしまうと夜眠りにくくなりますので、短時間の昼寝程度にとどめておくなども夜の睡眠の改善に役立ちます。
  • ストレッチやマッサージなどでリラックスすることを心掛けよう

  • ストレッチやマッサージなどでリラックスすることを心掛けよう

    出典: instagram.com

  • 夜眠れなくなる原因としてはノイローゼも考えられます。出産は嬉しいことですが、やはり初めての出産の場合は出産や育児には不安が出てくることもあります。
    そしてお腹が大きくなってくると思うように動けなくなりますし体調も崩れやすいので、やはりストレスは溜まりやすいといえます。

    考えすぎることは精神的にも健康面でも良くありませんので、できるだけリラックスしたり、ストレスを解消できる工夫もしておきましょう。
    軽いストレッチやマッサージなどもリラックスに役立ちます。
    不安な気持ちが強いときには、ひとりで我慢しすぎずに周りの人に相談したり、医師のアドバイスも参考に、つらい時期を乗り切っていきましょう。

    出産後は産後うつの症状が出る人もありますが、そうした症状が出ることを防ぐためにも気になる症状がある場合は早めに対策をしておきましょう。
臨月期に起こる体の変化とその対策法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事