臨月の浮腫や腰痛について

臨月の浮腫や腰痛について

Thumb?1414295452 muah♪さん

2956

妊娠すると様々な体の変化が起こります。妊娠初期のつわりから始まり、安定期に入っても何が起こるかわからないと思っておくことが大切です。特に臨月になりますと出産が近づいてきているので、体調にも色々なトラブルが出てきてしまします。臨月になるとおなかの中の赤ちゃんも三キロ近くになっていますので腰への負担が大きくなってきます。


  • 出典: instagram.com

  • おなかが重たいので、体を反らしたような体勢で歩いてしまったりしますので腰痛にもなりやすいです。安定期をこえたくらいから骨盤を支えるベルトみたいなものを利用していると腰への負担も軽くなる場合もあります。腰痛がひどくなって歩けなくなってしまうと体重が増加しすぎて出産に影響が出てしまうかもしれません。もともと腰痛がある人は妊娠後期から臨月にかけては特に気をつける方が良いでしょう。あまり無理しすぎないことが大切です。また浮腫やすくなります。妊娠後期は何もしていなくても足が浮腫んでぱんぱんになってしまいます。あまりにひどくなると痛みで歩けなくなってしまったり、妊娠高血圧症候群の疑いもありますので医師の診察を受けましょう。
  • 出典: instagram.com

  • おなかが重たいので、体を反らしたような体勢で歩いてしまったりしますので腰痛にもなりやすいです。安定期をこえたくらいから骨盤を支えるベルトみたいなものを利用していると腰への負担も軽くなる場合もあります。腰痛がひどくなって歩けなくなってしまうと体重が増加しすぎて出産に影響が出てしまうかもしれません。もともと腰痛がある人は妊娠後期から臨月にかけては特に気をつける方が良いでしょう。あまり無理しすぎないことが大切です。また浮腫やすくなります。妊娠後期は何もしていなくても足が浮腫んでぱんぱんになってしまいます。あまりにひどくなると痛みで歩けなくなってしまったり、妊娠高血圧症候群の疑いもありますので医師の診察を受けましょう。
  • 出典: instagram.com

  • 特に夜足のむくみが気になって眠れない場合は一度足枕を試してみると良いでしょう。足湯なども効果的ですのでリラックスする目的と併用してやってみると良いでしょう。赤ちゃんを出産すると今まで悩んでいたのが嘘のように症状はなくなりますので、一定期間だけの辛抱だと思って予防や対策をとると良いでしょう。

臨月の浮腫や腰痛について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事