臨月に眠いと感じるのは何故?眠気と上手に付き合う3つの方法

臨月に眠いと感じるのは何故?眠気と上手に付き合う3つの方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

18098

妊娠し始めてからなかなか寝付くことが出来なかった妊婦さんも、臨月になってくると眠気が酷く起きていられない程の眠気に襲われることが多々あります。眠気を感じる理由を知り、体調を整えることで出産に備えましょう。


  • 臨月期、眠いのはなぜ?

  • 臨月期、眠いのはなぜ?
  • 妊娠し始めてからなかなか寝付くことが出来なかった妊婦さんも、臨月になってくると眠気が酷く起きていられない程の眠気に襲われることが多々あります。
    眠い理由としては、お腹が大きくなり全ての動きでいつもより体力が消耗しやすいからです。体重もグッと増え家事などもしにくく余計に疲れやすくなっています。心臓や肺にも負担がかかっている状態なので、体が睡眠をとり回復しようとしているのです。
    また、眠気を感じさせるエストロゲンの分泌が増えることも原因のひとつです。エストロゲンの分泌により、寝付きが悪くなった体は日中に眠気を起こします。腹圧などにより、トイレの回数が増えることなども寝付きが悪くなる原因となります。つまり普段眠たくなる夜ではなく、お昼に眠いと感じてしまうのです。
  • 軽めの運動で眠気対策

  • 軽めの運動で眠気対策

    出典: instagram.com

  • 元々冷え症で血液が悪い方は、臨月でいきなり血流が増えることで血管が広がり頭痛などに悩む方もいます。妊娠中はなるべく安静にしていることが大切ですが、全く運動をせずにいると体からだるさや眠気が抜けないままになってしまったり、頭痛や関節などのコリを生じさせてしまいます。
    だるさや眠気の対策として、軽めの運動をすすめる医師が多いですが、これは出産に必要な体力や股関節を柔軟にして子宮口を広げやすくするなど出産時のことを考えてすすめています。日中の眠気を我慢することは、とても大変ですが家事や近所への買い物でも良いので少しずつ運動を取り入れることをおすすめします。体が動くことによって、血行は良くなりだるさも軽減されるだけでなく眠いと感じることも少なくなります。軽いストレッチなど、家の中で出来ることから始めましょう。ただし、飛んだり転倒の恐れのある動きや激しい運動は、母体にとってとても危険なので避けましょう。
  • 眠気の対策にカフェインはNGです!

  • 眠気の対策にカフェインはNGです!

    出典: instagram.com

  • コーヒーやお茶に含まれるカフェインには、眠気を軽減する効果がありますが、生まれてくる赤ちゃんへの影響が心配されますので、摂取は控えましょう。ノンカフェインのハーブティーがすっきりしておすすめです。最近妊婦さんの間で人気ですよ。

  • 短時間のお昼寝でリフレッシュ♪

  • 短時間のお昼寝でリフレッシュ♪
  • 本来であれば、夜に睡眠をとり日中は起きて活動が出来るよう生活サイクルを整えたいところです。どうしても昼間の眠気がとれない時は、それだけ体が疲れているサインでもありますのでお昼寝をして体力をもどすことを優先させましょう。その際には「シムス位」で横になると子宮の血流が多くなり赤ちゃんにも良いのでおすすめです。
  • さいごに

  • さいごに
  • 臨月の眠気はほとんどのママ達が経験していること。絶対に昼間に眠ってはいけないということはありません。無理をしてストレスを溜め込んでは体にも悪いので、眠い時は少し横になり、ゆったりした気持ちで出産に備えましょう。臨月はお腹の中の赤ちゃんと過ごす最後の期間です。赤ちゃんと出会えるその日まで、充実したマタニティライフを過ごしてくださいね。
臨月に眠いと感じるのは何故?眠気と上手に付き合う3つの方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事