臨月に眠い理由と対処方法

臨月に眠い理由と対処方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1212

妊婦さんの時期もラストスパートの臨月に入ってから、なぜだか急に眠いと感じやすくなる妊婦さんは、けっこう多いです。


  • 妊娠は生活に様々な変化をもたらします

  • 妊娠は生活に様々な変化をもたらします
  • 出典: instagram.com

  • おなかに大切な赤ちゃんを宿した妊娠生活は、気も使いますし体をいつも以上にいたわる耐え、その疲れが現れてきたこともあるでしょう。しかし、それだけではなく理由があります。臨月は妊婦さんのおなかが、1番大きくなるときです。おなかが大きくなってわかることは、体力をとても消耗しやすくなることです。おなかが大きくなるので、肺や心臓にも負担がかかります。それまでよりも体力を使いますし、疲れ易くもなります。そのため、疲労回復のためにも、睡眠を取りたいとカラダ自体が欲求してくるのです。エストロゲンというのは卵胞ホルモンで、眠りを抑制する作用を持ちます。臨月になると、エストロゲン分泌が活発になります。エストロゲンの影響を受けるので、眠るときにも寝つきが良くなくなります。睡眠自体も深くはなく、浅い眠りになってしまうので、夜間もぐっすり眠るというのがスムーズにはいかなくなります。本来眠るべき夜間に眠れませんから、日中眠さがやってくるわけです。臨月は大きなおなかになりますから、今までよりも圧迫感も感じますし、夜間にトイレに行く回数も増えてきます。
  • 眠いのは病気ではありません

  • 眠いのは病気ではありません

    出典: instagram.com

  • 臨月はこういった理由もあって、日中には眠いと感じることが多くなるわけです。出産が近くなっているということですから、無事に出産を終えれば、時間の経過とともに自然に治まっていくので大丈夫です。そうは言っても、お日様が高く上がっている時間帯に、うとうと眠いのは辛いものです。臨月のねむさ対策としては、思い切って適度にカラダを動かすのが良い方法となります。無理はしないでいいので、自分が心地よいと思える、楽しめる行動がよいでしょう。妊婦さんでもできる軽いストレッチをしてもいいです。外出で、少しお散歩をしてみるのも良いでしょう。カラダを動かすと、体内の血の巡りが良くなります。そのためだるい感じも軽減されることになります。だるさも少なくなれば、眠気もあまり感じにくくなります。
  • リラックスが大切

  • リラックスが大切

    出典: instagram.com

  • 眠気を覚ますためには、コーヒーやお茶などを思い浮かべるかもしれませんが、おなかに赤ちゃんがいるときには控えましょう。カフェインが入っていますから、赤ちゃんへの影響も考慮して、控えるのが無難です。適度にカラダを動かして、カラダも心もリラックスさせることです。ママが安心して良い眠りをとって、赤ちゃんにも栄養と酸素を十分に運んであげましょう。

臨月に眠い理由と対処方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事