臨月の眠気に癒し空間を

臨月の眠気に癒し空間を

Thumb?1414295452 muah♪さん

530

女性が妊娠すると、体に様々な変化が起こります。
つわりは個人差があり、症状が軽い人、重い人、全くないという人もいます。


  • 臨月のつわり

  • 臨月のつわり
  • 出典: instagram.com

  • つわりの種類にも、何も食べられなく吐いてばかりという吐きづわりと、空腹になると吐き気が起こる食べづわりがあり、匂いにも敏感になります。
    食べ物を見るだけで吐き気が起こり、料理が全くできなくなる人もいます。
    妊娠初期の症状としては、他に、とにかく眠いと言う人が多いですが、それには女性ホルモンが関係しています。
    妊娠初期にはプロゲステロンが多く分泌されますが、このプロゲステロンが眠気を引き起こしているのです。
    妊娠後期に入り臨月になるとプロゲステロンは減少するので、一見眠気が治まるのではと思われますが、臨月になるとお腹が大きくなり体重も増えるので、体に大きな負担がかかり体力の消耗が激しくなります。
    そのため少し動くだけでも疲れやすくなるので、臨月に入ってからも眠気が治まらない人が多いようです。
  • リラックスしよう

  • リラックスしよう

    出典: instagram.com

  • また、大きくなったお腹により胃や肺が圧迫されたり、腰痛に悩まされる人も少なくなく、夜なかなかグッスリ眠ることができないために、日中に眠気に襲われるという場合もあるようです。
    眠気がひどく、横になってばかりで大丈夫なのだろうかと心配になるかもしれませんが、出産という大仕事を控えていますから、無理せずゆっくりとリラックスした気持ちで休みましょう。
    家で好きな音楽を聴いたり、好みの香りのアロマを焚いたりしながら、いやしの空間を作りましょう。
    また、外に出て軽く体を動かすのも気分転換になります。
    お腹が張りやすいようでしたら無理はせず、外の空気を感じるだけでもリフレッシュできます。
    パートナーの方にも、妊婦の大きな負担を十分理解していただき、労ってあげていただきたいものです。
  • ストレスをため込まない為にも

  • ストレスをため込まない為にも

    出典: instagram.com

  • 妊娠中は肉体的にも精神的にも大きな変化があり、ナーバスになることもよくあります。
    赤ちゃんに会える期待と喜びとともに、無事に出産まで辿り着けるかどうかと不安になったり、自分の体が変化していくことへのとまどいや不安も感じることでしょう。
    急に泣き出したり、ヒステリックに怒り出すこともよくあります。
    妊娠中は情緒不安定になったり、ときかくイライラするという人はとても多いのです。
    こんな状態ではお腹の赤ちゃんのために良くないのではないかと悩むこともあるかも知れませんが、今は仕方がないのだと現状を受け止め、できるだけリラックスできるような空間作りや気分転換の方法を考えましょう。

臨月の眠気に癒し空間を
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事