臨月にひたすら眠いのはナゼ?その理由とは

臨月にひたすら眠いのはナゼ?その理由とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

1068

もうすぐ出産なのに、日中がひたすら眠い…。夜は寝つきが悪いのに、昼間は眠くてずっと寝てしまう…なんてことありませんか?臨月になると、何故やたらと眠くなるのでしょうか。その理由と、臨月のときの昼間の眠気対策をご紹介します。


  • 臨月に眠くなる理由

  • 臨月に眠くなる理由
  • 出典: www.photo-ac.com

  • 臨月に眠くなる理由の一つ目は、お腹が大きくなり体力を消耗しやすくなるからです。
    お腹が大きくなることで内臓にも負担がかかり、身体は疲れやすくなります。
    また、お腹が張って夜中に寝付きづらくなることもあり、余計に昼間は眠くなりやすいのです。

    二つ目の理由は、臨月に入るとエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が活発になり、夜の睡眠が浅くなってしまうことにあります。
    エストロゲン自体は眠気を抑える働きのあるホルモンですが、このホルモンが夜の睡眠を妨害するので、昼間に眠くなる原因になるのです。
    お腹に圧力がかかるせいで、夜中に起きてやたらとトイレに行きたくなるのも、夜に充分に睡眠をとれなくなる原因と言えますね。
  • 臨月の眠気対策

  • 臨月の眠気対策

    出典: www.photo-ac.com

  • 臨月の眠気対策には、日中の軽い運動がおススメです。
    運動をして血行が良くなることで、眠気を軽減してストレスも解消できるので、一石二鳥といえます。
    臨月のときの運動は、安産にも効果的なスクワットが○。
    スクワットをすることで骨盤底筋が鍛えられるので、赤ちゃんがスムーズに出やすくなるとも言われています。
    20〜30分程度の軽い散歩もおススメです。
    外に出かけることで気分転換にもなりますし、出産時に必要な体力をつけることもできます。
    ただし、あまり遠出しすぎるのはNG。
    もしも散歩中に産気づきでもしたら大変なので、すぐに病院に行ける程度の距離にとどめておきましょう。

    またコーヒーなどカフェインを含んだ飲み物は、覚醒効果があり昼間の眠気対策にはなりますが、妊娠中に摂取するのはあまり良くありません。
    コーヒーにはミネラルの吸収を阻害し、カルシウムを排出しやすくなる効果があるので、貧血などに陥る可能性があるからです。
    日中に眠いからといって、妊娠中はコーヒーの飲み過ぎは控えるようにしましょう。
  • 出産に備えて、体調を万全に

  • 出産に備えて、体調を万全に

    出典: instagram.com

  • あまりに眠気が強いときは、無理をせずに昼寝をしてしまうのも一つの手です。出産にはかなりの体力を使いますし、赤ちゃんが生まれれば十分な睡眠をとるのは難しくなります。臨月に入れば、赤ちゃんと会えるのももう間近です。臨月に眠くなるのは、もうすぐ出産になる合図と考えて、リラックスして日々を過ごしましょう。
臨月にひたすら眠いのはナゼ?その理由とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事