臨月の眠気の理由とは

臨月の眠気の理由とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

4108

臨月に眠い理由のひとつはお腹が大きくなることで体力消耗をしてしまうことです。


  • 眠気の原因は

  • 眠気の原因は
  • 出典: instagram.com

  • 臨月でお腹が大きくなると、心臓や肺にも負担がかかってしまいます。それにより、母体は体力消耗しやすくなってしまい、体力を回復させるために眠いといわれております。
    また、臨月に眠い原因として、眠りを抑制する働きがあるエストロゲンというホルモンの分泌が盛んになることで、その影響により寝つきが悪くなり、寝るときにうまく睡眠をとることができず、日中でも眠いということになります。
  • なぜ眠くなるのか

  • なぜ眠くなるのか

    出典: instagram.com

  • だるくて眠い症状は、胎児に対して血流を運ぶために心臓が大きくなり、呼吸が上がりやすく、体温が高くなるので、身体が疲れやすくなり、さらに、栄養をいきわたらせるために、鉄分などが不足して、貧血状態になっている場合にもだるくて眠いといった症状になります。
    臨月ではお腹が大きくなることで、腹圧がかかり、夜中のトイレが増えて眠りが浅くなるので、うまく眠ることができなくなってしまいます。そういった症状は出産後に自然となおります。
    眠いときの対処法は、おもいきって外出してみたり、家事をしてみたり、軽いストレッチなどで体を動かすことがとても効果的です。身体を動かすことで、血行がよくなると同時に、だるさも軽減されて、眠気を感じにくくする効果があります。
  • 身体の変化

  • 身体の変化

    出典: instagram.com

  • また、臨月に入って、赤ちゃんが下がることで、胃への圧迫感が軽減されます。そうすると、食欲が湧くようになり、食べ過ぎてしまうことも多くなります。満腹状態には、消化をするために胃を中心とした内臓へ集中し、脳への血液供給も少なくなるなど、睡眠を促してしまう原因となってしまうので、間食などをせずに、適度な空腹感でいることも大切です。
    食べてから寝てしまうと肥満の原因にもなってしまい、肥満になると難産になることも多いので、太り過ぎないように気をつけることも臨月には大切です。
    眠い、だるいといった症状が続くと、ついつい身体を動かすことが嫌になり、なにもしたくないという状態になってしまうので、いつまでも質の悪い浅い眠りで、身体のだるさはどんどん悪化していってしまいます。だるさを克服するためには、まず質がよい眠りをすることが大切です。
  • リラックスを心がけましょう

  • 先にも述べたように少し身体を動かしたり、寝る前にはブルーライトを発するパソコンやスマートフォンなどの操作をしないで、リラックスをすることを心がけ、深い眠りをとることができるように心掛けることが、眠い症状を回復させるのには必要なことです。

臨月の眠気の理由とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事