臨月期、睡眠不足の方必見!不眠によるストレスを上手に解消する方法

臨月期、睡眠不足の方必見!不眠によるストレスを上手に解消する方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

1327

臨月になると胎動の動きも活発になるため、胎動が気になって夜眠れなくなってしまう妊婦さんというのは多いものです。ストレス解消と適度な癒しで夜でも寝やすくすることができるので、臨月でもストレス解消できることと適度な癒しを得ることができるものを探していくといいでしょう。ここでは不眠によるストレス解消法をご紹介致します。


  • 夜眠れない時の対処法

  • 夜眠れない時の対処法
  • 臨月になると胎動の動きも活発になるため、胎動が気になって夜眠れなくなってしまう妊婦さんというのは多いものです。特に胎児の動きは夜活発になりますから、夜は疲れていても寝不足になってしまうこともあります。夜上向きになって寝ているとお腹が重くて苦しいですし、かといって斜めに体を傾けても胎児の動きは収まりませんから、夜眠れないことで昼間眠いと感じることもあるでしょう。あまりにも胎児が活発で動きが気になるような時は夜無理して眠ろうとせず、胎児の活動がおさまっている昼間に眠るようにしてもいいでしょう。ですが、昼間にたくさん寝てしまう習慣になってしまうと産後もずっとその生活をひきずってしまうことにもなりかねないので、メリハリのある生活を心がけるようにしましょう。眠れなくても夜は夜更かしせずに、必ず布団に入る習慣を身に着けましょう。
  • 不眠でのストレスを上手に解消するには

  • 不眠でのストレスを上手に解消するには
  • また、臨月はお腹が重くなり体重も増えることで行動範囲も狭くなってしまいます。ですからそういった行動範囲が狭くなることで暇を感じ、眠いと感じる時間も増えてしまうことが多いです。
    それは仕方のないことですし、出産と同時に解消されることがほとんどですが、そういった思い切り行動できず眠い状態が続くことでストレスも溜めやすくなってしまうでしょう。ストレス解消と適度な癒しで夜でも寝やすくすることができるので、臨月でもストレス解消できることと適度な癒しを得ることができるものを探していくといいでしょう。
  • 五感を働かせてストレスを解消

  • 五感を働かせてストレスを解消
  • そしてストレス解消と癒しを得るには、体の中の五感を働かせることが大事です。五感を働かせることは体を激しく動かさなくてもできることですし、神経も鈍らせることがないので良いです。そして何よりも臨月で思い切り体を動かせない時の楽しみにもなるのでいいです。神経を働かせることで脳も活発になりますし、眠いと感じる時間も少なくすることができるでしょう。臨月は油断してたくさん食べてしまうことが多いので、暴飲暴食を避けるために好きな食べ物を好きなだけ食べるということはできませんが、毎日少しだけ大好きなものを食べられる時間を決めて味覚を働かせてみてもいいでしょう。また、ちょっと散歩に出るだけで風や緑の香りを感じることができ臭覚を働かせることができますし、空き時間は好きな音楽を聴いて聴覚を働かせてもいいでしょう。
    臨月中、眠い時は思いっきりお昼寝をすることも大事ですが、メリハリのある生活でだらけないようにもしましょう。
臨月期、睡眠不足の方必見!不眠によるストレスを上手に解消する方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事