臨月に入って眠れない人へ

臨月に入って眠れない人へ

Thumb?1414295452 muah♪さん

1236

臨月によく起きる症状の一つとして、不眠が上げられます。


  • 考えられる原因

  • 考えられる原因
  • 出典: instagram.com

  • 臨月に入ると、これまで昼も夜も朝起きてすぐでもあれだけ眠くて仕方なかった眠気がなくなって眠れなくなります。妊娠後期によくある症状で、特に臨月に入ってから症状が悪化する人も多いのですが、夜眠れないことから睡眠不足になって昼間寝るという昼夜逆転の状態になる人もいるでしょう。ホルモンのバランスが崩れていること、出産に対しての不安や疲れなどが溜まっていることが原因になっていることが考えられます。
  • 改善するために

  • 改善するために

    出典: instagram.com

  • こうした不眠の症状は出産するまで続きますが、どうすれば臨月の眠れない症状を改善できるか考えてみましょう。眠れないことの原因はなんでしょうか。例えばお腹が大きいことで寝るときの体勢が思うように取れず、寝返りできないことで熟睡できないかもしれません。そして頻尿で何度も夜中に目が覚めることで眠れない人もいます。赤ちゃんがだんだん大きくなるにつれて子宮がどんどん大きくなって膀胱を刺激します。

    圧迫された膀胱によって臨月に入るとトイレが近くなりますので、夜中も熟睡できなくなることが多いのです。また、胎動があまりに激しくて目を覚ましてしまう人もいるでしょう。激しすぎる胎動で起こされることもよくあることです。
  • ストレスに感じない考えも大切

  • ストレスに感じない考えも大切

    出典: instagram.com

  • そしてホルモンのバランスの影響により不眠になることもあります。女性ホルモンであるエストロゲン、そしてプロゲステロンは妊娠後期にエストロゲンの分泌がだんだん増えて眠れなくなります。エストロゲンというのは眠りを浅くする効果があると言われているのでホルモンのバランスによって不眠になっていることが考えられるのです。

    これは根拠はないのですが一節によると、赤ちゃんが生まれると24時間体制でお母さんは赤ちゃんのお世話をしなければいけなくなりますので、子供のミルクや夜泣きに備えて起きて対処出来るように今から練習させているという説もあります。女性の体は謎に包まれていますし、とても神秘的なのですが、臨月に入ると出産してからの3時間に1回の授乳の予行練習をさせるために眠りを故意に浅くしているのだと言われているのです。これからの生活に備えて体が練習させていると思えば、不眠も考えすぎることではないのかもしれません。
  • リラックスを心がけましょう

  • 赤ちゃんがお腹にいると疲れやすいですし、出産はとても体力を使います。生まれたあとも眠れないことが多いですので、なんとか解消させたいものですね。その場合は眠れるタイミングでこまめに休息をとり昼寝をするなどして対処するといいでしょう。

臨月に入って眠れない人へ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事