臨月に眠れない原因と解決法

臨月に眠れない原因と解決法

Thumb?1414295452 muah♪さん

340

妊娠後期、特に臨月に入ると多くの妊婦さんが不眠に悩まされます。


  • 不安にならないで

  • 不安にならないで
  • 出典: instagram.com

  • 臨月の不眠症状はごく自然の生理現象であることを知っておくと気持ちが楽になります。
    不眠の一番の原因はホルモンの働きによるものです。出産が近くなると、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が多くなります。母親になると、眠っていても赤ちゃんの泣き声で目を覚まし、おっぱいやミルクを与えたり、おむつを替えてあげる必要が出てきます。分娩が近づくと体内で女性ホルモンの分泌が自然に変化し、夜中に目を覚ましやすい体に変わってきます。同時に短い睡眠時間でも体に必要な睡眠が確保しやすい体質に変化しているので、あまり眠れないことに神経質になる必要はありません。
    またお腹が大きくなってくると赤ちゃんに膀胱が強く圧迫され、眠りについてからも尿意を感じやすくなり眠りが浅くなります。睡眠前数時間はできるだけ水分を控えるようにすると、尿意で目が覚めにくくなります。
  • 気楽に考えて

  • 気楽に考えて

    出典: instagram.com

  • 赤ちゃんの成長に伴って胎動が激しくなったり、大きなお腹で寝返りがうちにくくなり、眠りが浅くなっていることもあります。抱き枕やクッションを使って大きいお腹でもくつろげる体勢を研究してみましょう。睡眠不足で体がつらくなるようでしたら、起きる時間を少し遅くしたり、日中に少し横になったりして乗り切りましょう。赤ちゃんがうまれてからもしばらくは今までの睡眠時間にこだわらず、「休めるときに休む」というスタンスでいるほうが気が楽になります。
  • リラックスして出産をむかえよう

  • リラックスして出産をむかえよう

    出典: instagram.com

  • また出産にたいする漠然とした不安がストレスとなり、安眠を妨げている可能性があります。自分が陣痛に耐えられるか、出産後よい母親になれるだろうかなど眠る前に答えがみつからないことを考えて続けてしまうと、目がさえてしまいます。不安に思うことがあるなら日中、紙に具体的に書きだしてみると問題に前向きに取り組むことができます。準備できることは事前に準備し、それでも心配がおさまらない場合は、信頼できる家族や友人に相談して見ることが必要です。解決できなければ、カウンセラーにかかることをおすすめします。責任感が強い人ほどストレスを抱えやすく、産後うつなどのリスクが高くなるからです。寝不足からくるイライラだけにとどまらず、慢性的な気持ちの落ち込みや食欲の低下などが見られる場合は、一人で抱え込まずに検診の時に症状を産科医や自治体の保健士に相談することで深刻な産後うつを予防することができます。


臨月に眠れない原因と解決法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事