臨月に眠れないのはお腹の重み、圧迫のせい

臨月に眠れないのはお腹の重み、圧迫のせい

Thumb?1414295452 muah♪さん

525

女性は妊娠して10か月もの時間をかけて、お腹の中で赤ちゃんを育てていきます。10か月という長い時間のなかで、女性の体の中も大きく変化していきます。


  • 妊娠は女性の体に様々な変化をもたらします

  • 妊娠は女性の体に様々な変化をもたらします
  • 出典: instagram.com

  • 考えて見ると、この世に新しい命を産み落とすわけですから、とても貴重な体験をしているといえます。妊娠初期には、つわりに苦しめられる妊婦さんもいます。つわりというのは、たとえるなら、二日酔いがその時期ずっと続いている状態ともいえます。どんな匂いを嗅いでも吐き気がしたり、体が熱っぽく感じたり、ねむくてたまらないなど人によってさまざまな症状が起こるのですが、この妊娠初期の時期も、かなり大変なことも多いです。
  • 妊娠初期〜中期にかけて

  • 妊娠初期〜中期にかけて

    出典: instagram.com

  • 妊娠五か月くらいになってくるとようやく、つわりが治まり胎動を感じることもあるので、ようやく少し安心できる時期ともいえますが、妊娠はちょっと油断しても体調が崩れやすいので、無理をしないほうがいいのです。そして、9か月から10か月という臨月を迎えるようになると、多くの妊婦さんが、腰の痛みとか、胃もたれ、眠れないなどの不調を訴えるようになります。おなかの赤ちゃんは3キロくらいになっていますし、羊水もありますからお腹に重みというのは、かなり妊婦さんの負担になっています。おなかを支えている腰や足というのも、負担があったりして足首もむくみやすくなっているのです。なにをやっていても、疲れやすくなっているので横になろうとするのですが大きなお腹が邪魔をして、なかなか眠れないこともあります。さらに胃もたれとか便秘を訴える妊婦さんも増えてくる時期です。
  • 妊娠中はまわりの支えも必要です

  • 妊娠中はまわりの支えも必要です

    出典: instagram.com

  • 胎児が大きくなってくることで、胃とか腸を圧迫することで、便秘になりやすい時期ですし、食事をしてもすぐにおなかがいっぱいになっているような状態なのです。臨月というのは、もうすぐ赤ちゃんに会えるから幸せを感じる一方で、自分の体に照らし合わせてみると、おなかが重いとか苦しいということを頻繁に感じる時期といえるのです。また、初産の妊婦さんですとそれでも自分で時間のコントロールができるので、比較的休むことができるのですが、2人目、3人目となると、ほかの自分の子もの面倒もみる必要があるので、なかなかゆっくりとした時間をすごすことができないのです。ですから余計に、体にかかる負担というのは増していってしまうのです。ですから、経産婦さんのご家族はなるべく母体を休ませるように、皆で協力をしてあげるということが必要になってくるのです。

臨月に眠れないのはお腹の重み、圧迫のせい
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
  • 【授乳後のハリがなくなる前に】垂れ胸を予防したいなら断然ナイトブラ!

    muah AD
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事