臨月の眠れない夜の対策

臨月の眠れない夜の対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

468

臨月になると、なかなかぐっすりと眠れないと悩む方は少なくありません。


  • 安心して出産をむかえる為に

  • 安心して出産をむかえる為に
  • 出典: instagram.com

  • 臨月の対策ですが、マイペースに睡眠をとっていれば大丈夫です。臨月の夜は眠れないものだと割り切ることが大切なのです。そうしなければ、寝なければ!という気持ちが逆にプレッシャーになってしまって、逆に眠ることができなくなってしまうこともあるからです。臨月の不眠は仕方がないことだと思っていれば、心の負担も取り除かれるものです。あまり思いつめてしまうと、赤ちゃんにも悪影響なのです。むしろ、今はお腹の赤ちゃんと穏やかに過ごせる時間だと考えて、産まれるまでの時間を穏やかに楽しみに過ごすことが大切なのです。赤ちゃんが産まれるのを楽しみにして、前向きに楽しく生活をすることが大切です。また適度な運動も必要です。臨月になると、外出が怖くなってしまって、家にこもってばかりになってしまう人もいるものです。
  • 適度な運動も必要

  • 適度な運動も必要

    出典: instagram.com

  • あまりにも身体を動かさないのも眠れない原因の一つとなってしまう場合があります。近所に散歩したり、近場に外出したりして適度に身体を動かすことは大切なのです。身体を動かすことで、出産に備えて体力もつきます。身体を動かせば、自然と疲れて眠れるようにもなり一石二鳥なのです。しかし、人によっては切迫早産といわれている場合もあります。そのような人は無理をするのは禁物です。そのため、状況に合わせて体を動かすことが大切です。中には絶対安静といわれる場合もあるため、産婦人科の医師にきちんと確認をすることが大切になってきます。また、少しだけでも外出をするだけで気分もリフレッシュされるものです。そのほかには、眠りやすい体勢を見つけることも大切になってきます。中には、抱き枕を使うようになってから腰痛も楽になってゆっくりと眠れるようになったといわれる方もおられます。ほかには、シムスの体位をするようになってからぐっすりと眠れるようになったといわれる方もおられます。ひざを立てた足の上にもう片方の足を乗せて寝ていたという人や、子供用の枕を丸めてお腹にのせて寝ていたという人もいます。
  • ストレスをためないように

  • ストレスをためないように

    出典: instagram.com

  • お腹が大きくなると、重くてなかなかゆっくりと眠ることができませんが、どの体勢だとゆっくりと眠ることができるのかを自分で見つけることも大切なのです。眠れないときこそ、ストレスをためない工夫をすることが大切です。ストレスは赤ちゃんに伝わってしまいます。赤ちゃんが産まれる楽しみを考えながら、前向きに過ごすことです。

臨月の眠れない夜の対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事