臨月の妊婦さんが感じる胎動

臨月の妊婦さんが感じる胎動

Thumb?1414295452 muah♪さん

1582

臨月の妊婦さんが感じる胎動について紹介します。


  • 臨月の胎動とは?

  • 臨月の胎動とは?
  • 出典: instagram.com

  • 臨月のころには、おなかの赤ちゃんはいつ生まれても良い状態に成長しています。
    そのため、おなかの赤ちゃんの体重は3000キロ、赤ちゃんを守る羊水も数キロの重みがあります。
    まさに、命の重みと言えるでしょう。
    そのような大きくなったおなかの赤ちゃんからは、どのような胎動を感じることが出来るのでしょうか。

    臨月のことに感じる胎動の特徴は、大きくゆっくりとした動きです。
    妊娠中期のころと比べても、おなかの赤ちゃんはかなり大きくなっています。
    狭くなったおなかの中で動きづらいため、大きくゆっくりとした動きになるのでしょう。
    胎動を感じるときにおなかの表面を見てみると、大きく波打つように動きます。
    これは、おなかの赤ちゃんが寝返りをするように、おなかの中での位置を変えているために起こります。
  • 赤ちゃんとのコミュニケーション

  • 赤ちゃんとのコミュニケーション

    出典: instagram.com

  • また、おなかの表面の一部が急に出っ張り、ボコッボコッと動くこともよくあります。
    よく観察すると、出っ張る部分がおなかの赤ちゃんの肘であったり、膝であったりとわかることがあります。
    その肘や膝に触れると、嬉しいのか恥ずかしいのか、おなかの赤ちゃんは位置を変えてしまいます。
    このようにして我が子とコミュニケーションが取れるのも、この時期だけのことです。
    なお、妊娠中期のころと比べると、臨月のころの胎動は少なく感じる妊婦さんも多くいます。
    これは、先に述べたとおり、赤ちゃんにとってはおなかの中が狭くなっていますので、前のように活発に動くスペースがないためです。
    あまり動かなくなったからと言って、心配する必要はありません。
    ただし、一日を通して全く動かないということはほとんどないので、不安な点がある場合にはかかりつけの医師に相談してください。
  • 胎動は赤ちゃんのサイン

  • 胎動は赤ちゃんのサイン

    出典: instagram.com

  • 加えて、多くの妊婦さんが経験する不思議な胎動についても紹介します。
    臨月のころにもよく感じる胎動で、おなかがけいれんするようにピクッピクッと動くことがあります。
    一日のうちに何度も感じたり、毎日のように感じたりして不安になる妊婦さんも多いです。
    知らないととても心配になる動きですが、この胎動の正体はおなかの赤ちゃんのしゃっくりです。
    しゃっくりは胎児や新生児に多く見られる現象ですので、心配はいりません。
    臨月のころにはおなかの赤ちゃんがお母さんの言葉を理解するという研究もありますので、しゃっくりを感じたときには優しくおなかを撫で、声をかけてあげてください。

臨月の妊婦さんが感じる胎動
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事